カテゴリ: lenny

2007/04/23

Permalink 21:48:40, カテゴリ: lenny, views: 2730 Japanese (JP)

lennyのKDE

lennyのKDEのバージョンは現在、3.5.5である。
最初のネットインストでデスクトップのマークをつけたら、GNOMEがインストールされた。
そのあと、
apt-get install kde kde-i18n-ja
とすると、簡単にKDE環境もインストールできた。
日本語変換の設定も、GNOME、KDEともに適切になっている。
日本語まわりでいろいろ手動設定をいまのところする必要がない。gdmも素直にデフォルトセッションに指定すれば、問題は起きない。audioグループには初めから入っていた。

総じて、etch、lennyのDebianインストーラは飛躍的に日本語について洗練したものとなったようだ。

永続的リンク
Permalink 21:40:08, カテゴリ: lenny, views: 117785 Japanese (JP)

glxinfo

testingの段階のetchのインストールCDを作ってネットインストした。
testingの段階のものだったせいか、apt-lineはlennyのものになっているが、ぼくには好都合だったのでこのまま使うことにした。

先に書いてしまうが、glxinfoはmesa-utilsにある。
apt-get install mesa-utils
を行う。

nVidiaのビデオボードをDebian GNU/Linux lennyで使うには、まず、module-assistantをインストールする。せっかくなのでダイレクトレンダリングを有効にして、3Dのssytemやスクリーンセーバを使いたい。
ただし、kernel-imageの更新のときにkernelのバージョンが上るとき、モジュールは再ビルドする必要がある。
apt-get install module-assistant
次にnon-freeコンポーネントのnvidia-kernel-sourceをインストールする。
apt-get install nvidia-kernel-source
すると必要なパッケージが同時にインストールされる。
さらにnvidia-glxをインストールする。
apt-get install nvidia-glx
次にモジュールパッケージをビルドする。
m-a a-i nvidia-kernel-source
このとき、さらに複数のパッケージがインストールされるかもしれない。

次に/etc/X11/xorg.confをviで編集する。
とはいっても、
Section "Device"のところの"Generic Video Card"の下の行を、
Driver "nvidia"
とし、
Option "UseFBDev" "false"
して、あとはFreeBSDのxorg.confの書き換えのようにしてみた。
これで、glxinfoでdriがyesになっていればいい。
ただし最初に書いたように、glxinfoを含むソフトがetchから変わった。
mesa-utilsをインストールしておかないとcommand not foundになる。

永続的リンク

富士見3番地

清水鱗造のb2evolution blogです。
とりあえずb2evolutin blogのカスタマイズや使い方などのカテゴリb2evolutionを作ってあります。いろいろなカテゴリを作ろうと思っています。
なお灰皿町b2evolutionはどなたでも登録できます。ただし、登録した場合灰皿町住人になっていただきます。なぜかというと、ひとつのところに集約したページがないと収拾がつかなくなるから(^^)。灰皿町については公民館のページをご覧ください。
灰皿町b2evolution案内
灰皿町blosxom blog案内
灰皿町富士見3番地に戻る。
灰皿町中央1番地に戻る。

  • 最新 (キャッシュ)
  • 最新 (キャッシュされない)
2019年8月
<<  <   >  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ


リンクブログ

Rinzo_s_other_blog

いろいろ

このブログの配信 XML

What is RSS?

powered by
b2evolution