投稿の詳細: 次元大介つき金庫

2009/05/24

Permalink 15:58:11, カテゴリ: その他, views: 2061 Japanese (JP)

次元大介つき金庫

ホビーオフでみつけた、
ルパン三世にでてくる「五ェ門付きの金庫」。
あらため、「次元大介付き金庫」(^^;。。

サイズが1/6スケールに使えそうなのでゲットした。
一応貯金箱になっている。
裏側にコインの投入口があって、
扉のダイヤルを右にまわすとフックがはずれて扉がひらく。
鍵はかからない(^^;

コメント:

コメント: うみきょん [訪問者] · http://www.haizara.net/^kirita/umino/
ホビーオフ^^ 私も久しぶりに行きたい。
ところで、彼は五右衛門ではなく、次元大介では?
今はすっかり見ていないのですが、子どもの頃、「ルパン三世」すきで見ていたので^^
五右衛門は、侍のようなかっこをしておりまする。
永続的リンク 2009/05/25 @ 01:23
コメント: kirita [メンバー]
あ 
ご指摘ありがとうございます。
早速訂正いたします。
いいかげんに覚えていて書いてしまいました(^^;
永続的リンク 2009/05/25 @ 02:07
コメント: うみきょん [訪問者] · http://www.haizara.net/^kirita/umino/
一番最初の「ルパン三世」、再放送だったと思うのですが、見ていました。一番最初のが、一番大人むけ。それ以後作られたのは、だんだん低年齢層にもみれるように、毒がうすまってゆくのですが(で、みなくなっていった^^;)。
峰不二子が、いろっぽくて、子どもの私はなんだかいけないものを覗いてしまったような、後ろめたいドキドキ感をおぼえたものでした。
永続的リンク 2009/05/26 @ 01:15
コメント: kirita [メンバー]
モンキーパンチの「ルパン三世」は、「漫画アクション」でとびとびにみていた記憶があります。ウィキで調べると、雑誌には67年から69年にかけて連載されていたようで、テレビアニメになったのは71年から。アニメの記憶が薄いのは、そのときもう18歳くらいだったからでしょうね。67年に創刊された「漫画アクション」や「ヤングコミック」などは、当時青年むけ週刊漫画雑誌とよばれていて、青年の世界への窓口みたいなところがありました。
永続的リンク 2009/05/26 @ 13:11

この投稿へのコメントは締め切られています。

吸殻山99番地

吸殻山99番地の家に戻る
中央1番地に戻る

  • 最新 (キャッシュ)
  • 最新 (キャッシュされない)
2019年9月
<<  <   >  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

検索

いろいろ

このブログの配信 XML

What is RSS?

powered by
b2evolution