投稿の詳細: 詩の歳時記ー340 「木守柿」

2009/11/01

Permalink 22:50:43, カテゴリ: 詩の歳時記, views: 753 Japanese (JP)

詩の歳時記ー340 「木守柿」

木守柿万古へ有機明かりなれ              志賀康

馬は振り返った 二百万年前を
中国の灰色の牛が背伸びをすると
ウルグアイの牛が振り返って見た
万古はほの暗く
もの言わぬ時間に灯りをかざせよ

*「ジュール・シュペルヴィエル」より一部引用。

コメント:

コメント: ゆうこう [訪問者]
シュペルヴィエル、でっかい詩人ですね。
ぼくも青年だったころによく読みました。すべての事象をいちどきにパンパの世界で歌ってしまうスケールの大きさと、確かさ。
 こんなところにもakiさんの詩の水脈があったんですね。
永続的リンク 2009/11/04 @ 11:00
コメント: Aki [メンバー]
ゆうこうさん。
このような僻地までようこそ。
ありがとうございます。
あちらでは「連詩」をやっていますので、「詩の歳時記」はそれが終ってから転記するつもりです。

シュペルヴィエルに詳しいわけではないのですが、なんというか時間というものが抱いている雄大さを感じますね。
永続的リンク 2009/11/04 @ 12:41

この投稿へのコメントは締め切られています。

こくりこ日記

高田昭子のb2evolution blogです。
吸殻山383番地の家に戻る。
中央1番地に戻る。

  • 最新 (キャッシュ)
  • 最新 (キャッシュされない)
2019年7月
<<  <   >  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索

カテゴリ


いろいろ

このブログの配信 XML

What is RSS?

powered by
b2evolution