投稿の詳細: 引用文ー23・あきらめ

2010/06/30

Permalink 21:31:29, カテゴリ: 引用文, views: 924 Japanese (JP)

引用文ー23・あきらめ

「あきらめ」ということほど言い易くして行い難いことはない。それは自棄ではない、盲従ではない、事物の情理を尽くして後に初めて許される「魂のおちつき」である。(種田山頭火)

「自棄」でも「盲従」でもないという言葉に救われました。
自分に最も似つかわしくない1つの結論を出したばかりでしたので・・・・・・。

コメント:

コメント: かきつばた [訪問者]
かきつばたの画像から、初コメントです。
「あきらめ」の定義、種田山頭火の言葉とも思えないだけに、説得力があります。
永続的リンク 2010/07/02 @ 09:38
コメント: Aki [メンバー]
かきつばたさん、ようこそ。

たしかに、この定義にはちょっと意外な思いがしましたが、「魂のおちつき」である。というところに落ち着いたので、なるほどと思いました。

えーと。
この花の画像は八重咲きの「くちなし」です(^^)。
永続的リンク 2010/07/02 @ 11:02
コメント: かきつばた [訪問者]
くちなし でした。
先ほど、帰宅の途中で群生を見ました。

永続的リンク 2010/07/02 @ 12:23
コメント: Aki [メンバー]
は~い。お帰りなさい。
永続的リンク 2010/07/02 @ 16:38
コメント: リベル [訪問者]
実は書かないでおこうと思っていたのですが、かきつばたさんの書き込みに便乗して、書きます。

「自分に最も似つかわしくない1つの結論を出す」というのは苦しいことだと思います。まして「「自棄」でも「盲従」でもないという言葉に救われました」とあれば余程お辛かったのだろうと拝察して・・・。

本当はかきつばたさんのようにそれとなく慰労してさしあげるのが、大人の方法なのかも知れないと、躊躇いながら、でした・・・
永続的リンク 2010/07/03 @ 14:06
コメント: Aki [メンバー]
リベルさん。
いつもお心にかけていただきまして、ありがとうございます。本当はこのようなことは書くべきではありませんね。今回限りといたします。

しかし、こうして書いてしまえば何かが吹っ切れると思いまして・・・・・・ごめんなさい。
永続的リンク 2010/07/03 @ 20:16

この投稿へのコメントは締め切られています。

こくりこ日記

高田昭子のb2evolution blogです。
吸殻山383番地の家に戻る。
中央1番地に戻る。

  • 最新 (キャッシュ)
  • 最新 (キャッシュされない)
2019年7月
<<  <   >  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索

カテゴリ


いろいろ

このブログの配信 XML

What is RSS?

powered by
b2evolution