カテゴリ: 百人百詩

2008/12/20

Permalink 00:40:01, カテゴリ: 百人百詩, views: 634 Japanese (JP)

百人百詩ー090

見せばやなをじまの蜑の袖だにもぬれにぞぬれし色は変らず    殷富門院大輔

雄島の海
漁夫たちの袖は潮に濡れても
色褪せることはない
わたくしの袖は
涙の色に染まりましたが。

永続的リンク

2008/12/19

Permalink 02:05:24, カテゴリ: 百人百詩, views: 992 Japanese (JP)

百人百詩ー089

玉の緒よ絶えなば絶えね長らへば忍ぶることの弱りもぞする      式子内親王

尻尾のついた魂の
行く末などを案じてはならない。
わたくしはあなたの代わりに
あなたはわたくしの代わりに
ふいに死を受け取る時がくる。

永続的リンク

2008/12/18

Permalink 02:05:19, カテゴリ: 百人百詩, views: 534 Japanese (JP)

百人百詩ー088

難波江のあしのかりねのひと夜ゆえ身をつくしてや恋ひわたるべき  

                                     皇嘉門院別当

蘆の刈根 蘆の一節(ひとよ)
あなたとわたくしの仮寝の一夜
この思い出を
これからの永い日々の
澪標として・・・・・・

永続的リンク

2008/12/17

Permalink 02:30:20, カテゴリ: 百人百詩, views: 712 Japanese (JP)

百人百詩ー087

村雨の露もまだひぬ真木の葉に霧立ちのぼる秋の夕暮       寂蓮法師

通り雨に濡れた真木の葉
その夢の滴がしたたる
根方より這いのぼる霧と夕闇
滴の輝きは淡くかすんで
秋夜のなかにかくされる

2008/12/16

Permalink 02:15:09, カテゴリ: 百人百詩, views: 585 Japanese (JP)

百人百詩ー086

なげけとて月やは物を思はするかこち顔なるわが涙かな       西行法師

繰り返された幾万の夜
まなざしをむければ
月はしずかに輝くだけでした
ひとびとの思ひを
ただ映しながら

永続的リンク

<< 前のページ :: 次のページ >>

こくりこ日記

高田昭子のb2evolution blogです。
吸殻山383番地の家に戻る。
中央1番地に戻る。

< 前 | 次 >

  • 最新 (キャッシュ)
  • 最新 (キャッシュされない)
2019年11月
<<  <   >  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

カテゴリ


いろいろ

このブログの配信 XML

What is RSS?

powered by
b2evolution