[HOME]

雑記録


2021年2月

2021/2/27(sat)
倉庫整理

 猫の寝床などを移動して、床板などを引っ張り出して。整理しきれなかったが、まあまあ。猫の通路が少なくなったので、追加しないといけない。単管の高さが揃っていないので、床をつくるのが大変。単管の追加が必要になる。
 
 
 

2021/2/26(fri)
床板張り準備

 材料を引っ張り出して来て、ざっと汚れを落とす。枚数はなんとか足りそうだが、修正に時間がかなりかかりそうだ。
 トナカイさんの引っ越し先を見学に行く。いい場所だった。家賃が3500円ほど。ちょっと古いが、手直しして、一生住むつもりになってもいいと思う。
 青木君から電話。刻みのことで質問。図面を見ながらの方が分かりやすいので、また来るように言う。

2021/2/25(thu)
根太張り

 端から床板張りを開始しようかなと思う。一部、断熱材が終わっていないのだけれども。
 午後、高野さんたちが来て、暗くなるまで話し込む。ストーブを焚いていたが、工事中の主屋はまだ寒い。
 

2021/2/24(wed)
根太張り

 生協へ。
 午後、根太張り。もう少しで床板張りが開始できるが、その前に、猫の寝床の移動をして、使いたい床板を引っ張り出さないといけない。ちょっとした仕事になりそう。他のいろんなものも動かさないといけないので。
 

2021/2/23(tue)
断熱材張り

 雪が降ったが、それほど積もらず。除雪車も来なかった。
 今日はたっぷり眠ったせいか、作業が進んだ。しかし、調子にのってやり過ぎないようにする。
 

2021/2/22(mon)
溶接

 警察から電話がある。新しい免許を受け取りに行くのをすっかり忘れていた。
 ストーブのロストルを作ろうと思って、溶接にチャレンジ。しかし、まったくうまくいかない。前回はもっとうまくできたはずなのだが、なにしろ仕組みをよく分かっていないので、修正できない。練習を積み重ねないといけない。それで、溶接棒の新しいのを買ってきた。ロストルは、一旦ギブアップ。
 今日は、雑仕事で終わる。
 

2021/2/21(sun)
根太張り

 荷物がごたごたしているので、やりにくいが、少しずつ埋まっていく。
 まみさんのパンの日。板垣さんの奥さんも一緒で、釣りの話から薄荷栽培の話まで、あれこれ話し込む。せっかく和薄荷の原種があるのだから、株分けして育ててもらって増やしたい。
 夜勤をしていると、膝が限界に達する。無理をしない方がいいようだ。

2021/2/20(sat)
断熱材張り

 根太も少し。
 暖かくて曇り空だったせいか、なんだか動きがもたもたしていた。
 モルタルを吹き付けた断熱材を試しに使ってみた。丸ノコで切らねばならないが、作業は早い。残りはこの断熱材を主力にするつもり。
 夕方、中標津まで買いもの。ケイカル板を買うつもりだったが、なかったので、ウォークマンの充電できる線を買った。

2021/2/19(fri)
断熱材張り

 紙を剥がしても、スタイロフォームがなかなか乾かず、作業が思うように進まない。ほかの作業を間に挟みながら、少しずつ。
 最初に張った分が、よく乾かさないままだったので、やり直すかどうか、悩む。最後まで終わってから、考えることにする。
 

2021/2/18(thu)
一部、根太を張る

 区切りのいいところで、また紙剥がしに戻る。
 明日は次の区切りの根太張りの予定。根太が何本か足りなくなりそうだ。
 だんだん床板張りに近づいていくが、まだまだ。

2021/2/17(wed)
断熱材張り

 生協へ。
 断熱材張り。今日も、紙剥がしを延々と。田村さんが散歩の途中に顔を出して、進捗具合を視察。
 今日は、森田童子を聴きながら。若い頃はほとんど聴いたことがなかった。

2021/2/16(tue)
断熱材張り

 今日も紙剥がし、剥がした紙と、スタイロフォームの切れっ端の片付など。明日の作業のために材の移動をする。
 柱が濡れていた。外壁の隙間から雨が吹き込んだらしい。ちゃんと塞いでいないところが何か所のあるので、雪が融けたらなるべく早く処置をしたい。
 ボス猫が倉庫に戻ってきた。ふたばは今夜は、わたしの部屋か。

2021/2/15(mon)
断熱材張り

 今日はひたすら、紙剥がしに精を出す。
 夕方、CDコンポを現場に持ち込んで、CDを聴いた。単調な作業が続いていて、非生産的な思いに沈みがちだったので。音の響きも試してみたくなって。埃に気をつけて、聴き続けることにしよう。
 アメリカでは半数以上の若者が社会主義を志向しているようだ。資本主義が気候異常に対処できないことを、世界のZ世代の若者たちは理解している。年寄りも地球のことを考えないといけないのだが。

2021/2/14(sun)
断熱材張り

 まだ半分しか進んでいない。
 このところ映画の見過ぎで、視力が落ちている。目をつぶる時間をもっと多くしないといけない。ときどき涙が流れるのは、目にいいとは思うのだが。
 暖かい一日。 

2021/2/13(sat)
断熱材張り

 伊藤さんが突然、岩見沢からひとりでやってきた。車で来て、電車で帰るというので、標茶駅まで送って行った。コロナであまり動き回れないらしい。収まったらまた、キャンピングカーで走り回るそうだ。
 断熱材張り、まだまだかかる。スピードをあげると疲れるので、速度は変えない。もらったものを生かし切りたいので。
 

2021/2/12(fri)
まみさんのパン工房視察

 まだちゃんと見たことがなかったので。ちゃんとパン屋さんの風情になっていて、これからが楽しみ。岡西さんの喫茶店工事の打ち合わせもする。やらねばならないことがいっぱいあって大変そうだけど。河村さんも来ていて、みんなでしばし雑談。まみさんはせっせとパン作り。よく働く人だ。
 夕方になってしまったが、中標津まで買い物に出かける。

2021/2/11(thu)
断熱材張り

 スタイロフォームの中まで水が浸みているみたいで、乾燥が遅い。そのまま使ってしまったところもあるので心配だが、夏になって乾いてくれるのを期待する。
 谷本さんが来て、いろいろ話す。完成がいつになるか気になるみたいだが、いつになるか分からない。早くオーディオを設置したいのだが。
 
 

2021/2/10(wed)
断熱材張り

 生協へ。
 溶接機のバッテリーを外して、ひと晩部屋の中に入れて暖かくしておいたので、復活してくれるかもしれないと思い、作業小屋のストーブも焚いて、組立てなおして電源を入れて見た。
 断熱材張りの続き。不安なところに受けも追加。
 しばらくして作業小屋に行ってみたら、充電完了ランプがちゃんと点いていた。復活してくれたと思う。溶接してみないとまだ分からないが。ついでに、ジスクサンダーのタイミングベルトを、ネットで買った新しいのと取り替える。これもうまく行った。
 このところいらいらしがちだったのは、気分が沈む本を読んでいるせいかも知れない。機械の復活は、気分が少し上向く。
 
 

2021/2/9(tue)
断熱材張り開始

 3枚重ねにするので、思ったよりたくさん使いそうだ。足りるか。汚れた紙を剥がすのに時間がかかる。傷んでいる部分が多い。凹みや小さな穴はそのままにする。
 夕方、薪運び。
 今朝は冷えた。24度。

2021/2/8(mon)
断熱材受け取り付け

 最後の列。あと少し。
 邪魔になる材の片付をする。床張りに向けて、だいぶ進んできた。
 青木君から電話。材木屋のアドバイスなど。青木君も前に進んでいるようなので楽しみ。
 
 

2021/2/7(sun)
大引き終了

 午後、まみさんがパンの配達に来て、工房の話などをする。近い内に視察に行くつもり。冬のあいだは動き出せないが。
 田村さんも散歩の途中に立ち寄って、しばし立ち話をする。
 暗くなって、大引き、最後の列が終了。あとは細かい処理。明日から束、断熱材受けの取り付けなど。少しずつ進んで行く。
  

2021/2/6(sat)
昼まで眠る

 午後、最後の列の大引き作業開始。
 夕方、鋸の刃を買いに中標津まで。雪になってしまったが、中標津牛乳も買いたかったので、出かけることにした。
 帰り、鹿の群れが道路の真ん中にいて、危なかった。逃げ遅れた小鹿二頭が、車の前をしばらく走って、転んだりしていた。

2021/2/5(fri)
テーブルを貰いに

 午前中、原稿で手こずる。
 午後、小川さんのところへ、一枚板の立派なローテーブルをもらいに。ついでに、いろいろ話をしてくる。
 帰ってきて、薪運び。薪小屋がだんだん寂しくなってきた。少しでも多く来シーズンまで残したいが、節約し過ぎるのもよくないし。春になったら、薪割りをたっぷりしないといけない。

 

2021/2/4(thu)
根太を張る

 とりあえず一部だけ張って、上にコンパネを仮置きする。
 床板が間に合うかどうかチェックをしようと思ったが、時間がかかりそうなので、後回しにして、残り一列の大引きを先に仕上げることにした。床板が足りなくなったら、そのときまた考えることにする。
 夕方、昨日持ち帰るのを忘れた品物を取りに、佐藤さんのところへ。
 

2021/2/3(wed)
断熱材作業

 生協へ。帰り、弟子屈の道の駅でハスカップを買う。
 断熱材の続きを。明日は一部だけ根太を張る予定。
 夕方、佐藤さんから電話。生協の品物を一個、持ってくるのを忘れた。忘れないはずが、ときどき忘れる。どこかが抜けているのだろう。
  

2021/2/2(tue)
断熱材作業

 冬樹さんが来て、立ち話。だいぶ元気になった。
 午後、青木君が来て、家つくりの話をあれこれ。やる気に満ちているので楽しみ。
 夕方、高野君から電話。板金に手こずっているようだ。
 断熱材作業は少しずつ進む。

2021/2/1(mon)
断熱材を入れる

 黴だらけで、ほとんど捨てることになりそうだなと思っていたが、傷んだ紙を剥がしてみると、きれいだった。剥がしにくいことと、ところどころ穴が開いているのを我慢すれば、十分に使える。まだあるよと言われているので、春になったらまた貰ってこよう。
 それにしても、時間がかかりそうだ。床なので、とくに丁寧にやらねば。
 
 



BACK


エース