ページ名

DokuWiki におけるページ名は、自動的に小文字に変換されます。利用できる文字は、英字、数字と、名前の途中に含まれる1) “特殊文字” ., -, _2) です。それ以外の特殊文字(つまり英字と数字以外)はアンダースコア3)に変換されます。コロン(:)は、名前空間の識別に(あるいは必要ならば作成に)使用されます。4)

設定オプション deaccent が有効な場合(デフォルトは有効)、現地のアクセント付き文字は記述的に等価な文字(üue)か、アクセントを除去した文字(áa)に変換されます。

ページ名の長さと最初の文字は バックリンク によって暗黙に制約されています(最初の3文字は英字でなければなりません)。

デフォルトを含めた多くのテンプレートで、ページの左上隅にページのフルネームとそのパスにおける名前空間を表示します。例えば、このページの場合、wiki:ja:pagename になります。5)

InterWiki を使った他のWikiへのリンク時は、そのWikiの名前の制限が適用されます。

キャメルケースやWiki単語が設定で有効になっていても、ページ名は小文字になります。

ページ名と名前空間

名前空間はディレクトリ、ページ名はディレクトリ内のファイルと考えることもできます。

従って、a:b:cというページ名は次のように解釈できます:

   ルートの名前空間(常に存在する)
     |
     +-- 'a' 名前空間
           |
           +-- 'b' 名前空間
                 |
                 +-- 'c' ページ名

名前空間の中に同時に同じ名前のページ名と名前空間がありうるということに注意してください。上記の例に戻って、a:bを見てみると次のように解釈できます:

   ルートの名前空間(常に存在する)
     |
     +-- 'a' 名前空間
           |
           +-- 'b' ページ名(上記の'b'という名前空間と混乱しないように)

DokuWiki は、最後のトークン(最後のコロンの後)をページそのものの名前として扱い、それ以外を名前空間として扱うので、これは矛盾はしません。

  • a:b:c では、 ab が名前空間で、c はページ。
  • a:b では、 a は名前空間、b はページと解釈される。

詳細は namespaces を参照してください。

1) つまり、名前の先頭や末尾に使うと削除されるので使えない
2) “_” は次に示すようにユーザとシステムのどちらが使ったのか区別できないので、事実上使えるのは “.” と “-” です
3) あるいは、sepchar設定を変更している場合は “-”
4) 予定しているページ名が “:” を含んでいる場合には、意図せず権限のない名前空間やページを作成しようとしてしまうために、 “Permission Denied” エラーが発生するかもしれません。これは、例えば、ドイツのユーザが “Geheim: DokuWiki bereitet Übernahme von MediaWiki vor” (秘密: DokuWikiはMediaWikiの肩代わりを準備している)というタイトルをもつページをこのサーバ上に作ろうとした場合です。“Geheim – DokuWiki bereitet Übernahme von MediaWiki vor” というページを作ろうとした場合と比べてみてください
5) これは変更可能です。例えば useheading 設定を参照