Suigara-yama_OoazaHyo(Kyoko_Umino)

2018-12-30

植物たちに、思いを寄せる…(ミュシャ展、珪化木)

 すこし前に偶然、新宿で「アルフォンス・ミュシャ展」が開催されると知ったので、めずらしくチケットを購入した。小田急百貨店で十二月二十六日から年明けの一月七日まで。珍しく、といったのは最近は興味がほかに、おもに縄文などに移っているので、美術展の類いはあまり出かけていないから。だから自分でも、なんで買う気になったのか、ちょっとわからなかった。それに、ミュシャなら、もう何度もみたではないか、何度もみた他の画家たちの展覧会は、いかなかったくせにと。
 懐かしくなったのかもしれない。新宿ならほかに出かけたいところもあった。そんなこんなで二十八日に出かけてきた。
 早朝バイトがかなり忙しい時期で、疲れていた。こんなことで頭が切り替わるかしらと思ったが、通勤は自転車で、電車に乗るということが、もはや非日常なので、それだけで案外スイッチが切り替わってくれた。
 小田急百貨店のHPから。
 「アルフォンス・ミュシャ(1860─1939)は、19世紀末のヨーロッパにおいて流行した「アール・ヌーヴォー」の代表的な画家、デザイナーとして知られています。現在のチェコ共和国に生まれ、幼い頃から絵を描き続けたミュシャは、近隣の領主エゴン伯爵に才能を認められ、1887年、伯爵からの援助でパリに美術留学しました。しかし、1889年突如援助を打ち切られ、挿絵などを描いて生計を立てるようになります。
 本展では、代表作〈ジスモンダ〉をはじめ、ポスターや装飾パネル、本の挿絵、ポストカードに加え、アメリカ時代から祖国チェコに戻り、スラヴ独特の象徴的表現で制作した作品、デザイン集、雑誌、はがき、当時販売された商品のパッケージ等、珠玉のミュシャ作品400余点を展示いたします。」

null

null

 会場はちょうどいい混み具合だった。静かに観覧することができた。写真撮影が可ということなので、シャッターを切る音などは響いていたけれど。
 感動した…ということは、やはり思ったとおりになかったが、懐かしかった。彼の絵が好きだった自分を感じるようだった。やはりパリ時代の、大女優サラ・ベルナールに見いだされた頃の絵が、圧倒的に生き生きとしていた。生活に美をという発想が素敵だった。ポスター、挿絵、カレンダーやお菓子の箱、シャンパンに香水。
 展覧会の会場にあった言葉。「アール・ヌーヴォーの基本姿勢は「自然から学ぶ」で、それは多用される植物模様や有機的な曲線モティーフからも明らかでしょう。(中略)リアルに再現しながら、それらをリズミカルに繰り返すことでデザイン的な効果を示しているものもあります。ナイフ、フォーク、食器などは「生活の中に、美の喜びを」というアール・ヌーヴォーの理念の表明とも見えます」
 わたしがミュシャやエミール・ガレが好きだったことが、なんとなくわかったような気がした。ヨーロッパの植物に対する考えとは無論背景が違う。けれども、植物好きなわたしの琴線にひびくところが当時、あったのかもしれない。
 子供の頃から植物は好きだったが、それに対して喜びのようなものは感じなかった。ただ当たり前のようにそばにいてくれるものだった。その植物たちが、こんなに美しく別の姿で現われる…そのことに若いわたしは感動した、という面もあったのではなかったかと。
 それは縄文時代に興味を移していった今につながるわたしだった。植物たちが愛しいし、それ以外にも…、たとえば生活についてなど。
 感動しなかった…といいつつ、会場内を何回か往復した。なんだかんだ気に入った証拠だ。
 
 ミュージアムショップなどもみて楽しんだあと、別の期間限定特設雑貨店へ、こちらも目当てのひとつだったのだが、欲しいものがなかったので、また別の…。新宿西口にある小田急百貨店から、地下通路を通って東口へ、そこから地上へ。新宿は子供の頃からなじみがある所なので、かつてしったる…のような、親近感がある。そのことを思い出して、なんだかわくわくと移動している。年末でけっこう人混みしているというのに。ここをまがれば、あの店へ、あの場所へ。
 お目当ての店は、紀伊國屋書店のビルの中にある。鉱物や化石を売っているお店。
 以前、府中市郷土の森博物館で売っているのを見て、珪化木という木の化石の存在を知った。木の切り株のままつるつるの石になっているような感じ。博物館でみたときに買えばよかったのだが、そのときは買わなかった。それからずっと気になっていたのに。その珪化木を、今日こそ買おうと思って訪れたのだった。
 アンモナイトに三葉虫、鉱物、化石、隕石、この店にも、訪れるたびに、わくわくする。
 ガーネットの原石、アンモナイト、砂漠の薔薇、虎目石なんかを、たしかここで買ったと思う。最初に買ったのは、もう四半世紀も前になるかもしれない。
 で、珪化木。やはり植物がすきなので、たぶん惹かれたのだろう。縄文土器片を手にとって、かれらの時代を感じたいように、珪化木も手元において、木の時間をさわってみたかった、見つめたかったのだ。
 お店には、数種類あった。その中の一つを購入する。直径四センチのちいさな切り株。かろうじて年輪ぽいものがみえる。
 ちょっと調べたら、土砂に埋もれた木が、地下水などに含まれる珪酸によって、長い時間をかけて二酸化珪素に化した木ということで、珪化木なんだとか。二酸化珪素が結晶化すると石英になるから、石英の色も珪化木のなかで見ることができる。
 幹のあたりはざらざらして、石というより土器のよう、そして切った面はつるつる。なめらかすぎて、こわいぐらいだ。買って良かった。
 ナンヨウスギで、二億五千年から一億九千年前のもの、そう書いてあった。

 お店で、ラリマーという、海の波紋をそのまま石にしたような鉱石もうっていた。はじめてみるかもしれない。珪化木の二〇倍ぐらいの値段がしていたので(笑)、手が出なかったけれど、海の結晶のようで、ちょっとひかれた。

 今、珪化木は机の上で、すぐ手元にとれて、見ることができる場所に置いてある。植物の息づかい。今年も終わろうとしている、つるつる。

null
08:46:07 - umikyon - No comments

2018-12-20

冬の花と、ボロ市


null

 我が家の玄関にクリスマスリースが飾ってある。珍しくお手製のもの。
 冬になり、街に花を見ることがなくなってひさしい。たまに見るのは赤い実のピラカンサスなど。それはそれで、いとしい。けれども、だからだろうか、あちこちの家のドアにかかったクリスマスリースについ目がゆくようになった。花をみる代わりなのだろう。
 それで、なんとなく自分で作りたくなってしまったのが十一月終わりだった。参考にしたのが園芸店のリース。松ぼっくりやドライフラワーできれいにアレンジされて、冬の花が満開のようで。
 ちなみに、わたしはこうした作るということ、基本的に大好きなのだが、ながらくそれをしないようにしてきた。子供の頃は、ガラクタばかり作っていた。作ることが楽しかった。けれども、書くことが作ることに変わったので、そちらは殆どしなくなった。自分で書くことだけをするように課していたのだ。
 それを解禁したのは、堕落のような気が、今でもすこしするのだが、数年前、グループ展で作品を出品するということに関わっていた時期があった。絵は描けないので(こちらも実は十代の頃まで大好きだったことなのだが)、オブジェ的なものを作った。自分の文章、書いたものにガラクタたちを貼り付けたりして。楽しかった。熱中した子供の頃を思い出した。だから、ハードルが下がったのかもしれない。また作ってもいいんだと。あるいはガラクタを作ることと、創作活動は、響き合うのだと、思ったのかもしれない。

null

 で、クリスマスリースだ。材料は一〇〇均で購入したものと、拾ってきた松ぼっくり、ポプリの中身など。最後に先日でかけた民家園手作り市でもらった棉がらを貼り付けてみた。購入したもの、拾ったり、もらったもの、ながらくうちにあったもの、思い出たちが、ごちゃまぜになって、それがクリスマスリースとなるのが心地よかった。できあがったもの、自画自賛してしまうが、意外といい出来だ。出勤したり、帰宅の時につい見てしまう。冬の、うちの花だ。

 十二月に入って早朝のバイトが繁忙期に入り、ずっと少し疲れが抜けないでいる。
 まあ、それはしかたない。休みは固定で週一回日曜日。土曜日はだから休日前のすこし非日常な感覚がある。
 その土曜日、世田谷のボロ市に出かけてきた。ここ数年、毎年のように行っている。ボロ市は毎年、十二月十五日、十六日、一月十五日、十六日に日を固定して開催。元は楽市起源で、四〇〇年の歴史をもつ。古着やボロ布が売られていたから「ボロ市」の名が付いたとのこと。露店数は約七〇〇。日用品・書籍・骨董・玩具・食品・アクセサリー・植木など。場所は世田谷一丁目、ボロ市通り付近。
 ここ数年は、開催の四日間のうち、どこかが土曜にかぶさっているので、そこで出かけている。
 去年だったか、おととしだったか、テレビなどで紹介されたからか、ものすごく混んでいたことがあった。人混みのなか、ただ通りを流されるだけ。品物をみることすらできず、買うなんてとても…。どこかで出店している方のコメントをきいたか、読んだのだけれど、あれだけ混んでしまうと、かえって商売あがったりだとのこと。人たちは、立ち止まる余裕がないのだ。川のなかを流されてゆく。今年も土曜日だったから、混むんだろうなと心配していたのだが、意外だった。なるほど混んではいるけれど空間があった。立ち止まってみることができる。ちょうどいい混み具合だ。あまり人が少ないのもさびしいから。ほっとしながら、ゆっくり通りを歩く。
 家紋の判子、スルメイカの干物、針金細工、古い着物、鉱石、戦前の教科書に、古い絵ハガキ、カップ酒、縁日的な食べ物のシシカバブー(でも昔ながらのたこ焼きとか、ジャガバター、焼きそばとかはなかったか、少なかった)、骨董、豆盆栽、木製の鳥の餌代、鳥笛、神棚、あとはなんだったかしら、川の流れのなかで、ほんのすこしたちどまって、それらを眺める。市というのは、どこか心がさわぐ。売り買いするという行為は日常なのだが、非日常の感覚があるからだろうか。
 混んでいた時、それでも通りからすこし外れたところ、川の支流といったところのアクセサリーを売っているところで、石のネックレス、木のブレスレットを買ったと思う。あと、やはり本通りからそれた場所で、縄文土器が売られていたのをみた記憶がある。去年だったかどうか。
 だが今回は、アクセサリー屋さん店はおなじ場所にあったけれど、ほしいものがなかった。縄文土器を売っていたお店は、多分無かったと思う。あったと思われる場所では、アンモナイトや三葉虫の化石、鉱石などを売っているお店になっていた。それはそれで、楽しかったけれど。
 縄文土器といえば、ボロ市通りの真ん中に、代官屋敷と世田谷区立郷土資料館がある。郷土資料館によった。毎年、ボロ市の頃には企画展で、ボロ市のことを採り上げてる。けれどもお目当ては、世田谷の縄文遺跡の紹介、出土品だった。もう何度もみているのにやはり、縄文土器に会いたかったのだ。ほっと息をつく。縄文後期のものだ。
 展示室は二階なのだが、一階の入口に、仙川という川の付近の貝層断面が展示されていて、すこし驚いた。気づかなかったか素通りしてしまっていて、ほぼはじめて見るものだったし、この場所は、けっこううちの近所でもあって、とくに桜の時期は、お花見をしに、毎日どこか、憑かれたように、出かけてしまう場所の近くだった。
 後日のことを書いてしまうが、今日、その川の近くを通った。このあたりは海だったのだなと思う。わたしが住んでいるところも低いところだから海だったのだろう。そう思いながら、坂をくだった。海へむかうように。
 話がそれた。そのほか、企画展では、徳富蘆花、北原白秋などがボロ市のことを書いているのを見た。特に徳冨蘆花の文章はここちよかった。
 郷土資料館は、代官屋敷があった場所で、庭園もある。庭園内を散策して、一角で立ち止まる。夏には、このあたりがホタルドームとなって、ホタルを中で見ることができるホタル祭りが開催されるんだなあと、感慨にふけった。入口近くで世田谷のスイーツなのだろうか、お菓子が売っていたので購入する。
 今回は、出かけたのが二時過ぎと少し遅かった。ほぼ見て回って、そろそろ帰ろうかなと思った頃には、もう暗くなっていた。冬至近いこの時期はほんとうに日が暮れるのが早い。暗くなると、品物たちはちょっと見づらくなるけれど、夜店のようで趣があった。暗がりのなかで骨董をながめる。手にとったものだけがクローズアップされるみたいだ。鉱石がひかっている。

 うちに帰ってきたら、玄関ドアにクリスマスリース。やさしい花の出迎えみたいだ。その日のうちに、ボロ市で買ってきた豆菓子、スイーツなどを頂く(今年は口にするものしか買ってこなかった)。日常と非日常たちの仲よさげな連なりだと思う。疲れはまだ抜けないけれども。
20:13:58 - umikyon - No comments

2018-12-05

好きと苦手、仕事と楽しみと日々、そのはざまで (湧水たち)

null

 秋が長らく苦手だったと、書いただろうか、たぶん書いているだろう。ここ何年かで苦手意識はだいぶなくなってきたけれど、好きな季節といわれれば、やはり春。花が少なくなってくる季節、葉が落ちる季節、秋が苦手だった。そして寒い、陽射しに力がなくなる冬になる。咲いている花はほとんどない。それが心まで寒くなるようで。
 秋の紅葉も、終わりへむかってのお祭りのようで、どこか寂しい。色づいた葉が落ちてゆく。秋も冬も苦手だ。はやく春になればいい、そうずっと、思ってきた。
 ここ何年か、と書いたが、もはや十数年かけて、なのかもしれない。すこしずつ、ゆっくり、紅葉を、うつくしいと思えるようになってきた。夕暮れのような、最後のかがやき。そして太陽がまた昇るように、葉も次の年には、また鮮やかな緑をつけるだろう。

null

 土曜日、早朝バイトがおわってから、仕事をかねて、湧水のある公園、おもに二カ所、回ってきた。取材というか、まあ、そんなこと。そちらは、どこかで書くから、置いておいて。
 二つともはじめてゆく場所。両者はずいぶん近い。間に美術館をはさんで、おなじ道沿いにある。もとは続いた緑だったのかもしれない。
 道にそって川が流れている。かつては田んぼの用水だったとか。出かけた公園とは別に親水公園として整備されている。
 春でも使える写真を撮りたかったので、それが少々気がかりだった。自転車で出かけたら、いきなりの木々の緑というか、紅葉あるいは黄葉。見事だなあと思う反面、心配になった。だが、水辺だけを撮す分にはなんとかなるかもしれない。これらの間で、ゆれうごく自分の心が妙だとおもった。紅葉をみたい気持ちと、紅葉をのけて、春っぽさを仕事のために、もとめている自分と。
 どこかから写真は借りてこられるかもしれないので、そこまで気にしなくともいいのだけれど。

null

null

 最初に訪れた公園は、柿が熟した木、湧水を元にした池、古民家などが、やさしかった。井戸ポンプもあった。飲み水にはできないが、今も現役らしい。そういえば、わたしが子供の頃にも、うちに井戸ポンプがあった。こことは離れているが同じ世田谷区内だ。じつは世田谷というか、今住んでいるうちの近所でも、井戸ポンプがあちこちにある。古くなって使えなさそうなものもあるけれど、実際に新設して使えるものも。ある時、ポンプをうらやましそうに眺めていたら、実際に水を出してくれた方がいた。「飲めないんですけどね〜」と微笑んで。そんなことをふと思い出す。井戸水に出合うたび、心がさわぐのだった。
 美術館の緑地をすぎて…というか、どこからどこまでが美術館のものなのか、実はよくわからなかった。秋の森たちは、狭間を曖昧にしている。親水公園もそうだ。親水公園なのか、別の公園なのか。川沿いに進んで、次の公園へ。どちらも崖というか、高低差があるところに作られているが、こちらのほうが、その差を生かした庭園という感じなので、その視点からは趣があった。山にいるような錯覚。思いがけず湧水地点も見ることができた。この湧水地点の写真だけは使えるかも、とやはり胸算用し、それで安心したのか、秋の景色、色づいたモミジたちに心惹かれる。

null
null

 それと、ここには昭和初期に建てられた家が保存されている。建物の中も見学できるので入ってみた。建物は高台に建っているので、庭の緑が俯瞰できる。こちらの窓から、あちらから…少しずつ趣が変わって、家から見るための庭でもあるのだなと、あらためて気づかされる。

null


 最初に訪れた公園だったか、付近の地図に、もうひとつ小さな湧水がある公園があると書いてあったので、いってみる。だが、簡単にしか地図を見なかったので、道に迷った。スマホで調べても載っていない。見回すと、高台の坂道と坂道の間の小さな三角地帯、ひときわ紅葉が目立つ場所がある。たぶんあそこだろう。やっぱりだった。けれども工事中だった。公園予定地なのだろうか。スマホで検索できなかったのは、そのせいかもしれない。立ち入り禁止の外側から、おおよそのものは見ることができた。紅葉、黄葉している木々の下に、木の散策路、橋があり、そこに流れ、湧水たちが。

 こちらは、もはや記事としては使えないので、かえって存分に秋として、景色を眺めた。小さな水と木の三角地帯。

null

 そうして、通り過ぎてきた美術館の入口近くで、銀杏が色づいていたのを確認したので、そこも立ち寄った。もはや取材は関係ない。プライベートだ。いや、もともとプライベートも仕事もかなり稀薄なのだけれど…。どちらもわたしの好きや、書くことに関係しているから。
 銀杏って、こんなにまぶしかったかしら。みあげる空に、あざやかな黄色がよく似合っていた。あまりに似合いすぎていて、目にしみるほどだった。太陽の色。
 帰り道、また親水公園や、最初にいった公園を通る。行きとは違う風景だと思う。モミジの赤が鮮やかだ。そう、自転車で家からほんの少しの場所なのだ。来たことがなかったけれど。よく通る道から一本入っただけなのに、今通っている道もはじめて通った。その日は土曜だと書いた。次の日の日曜日は、週一回の休み。仕事と遊び。日常と非日常。境目は曖昧なのかもしれない。そういえば、秋と書いているけれど、もう冬なのかしら。十二月。それでも、やはり、秋を味わえてよかったなあと、思うのだった。

null

 そうして、また数日後、日曜を過ぎての平日、早朝バイトが終わってから、もう一カ所、公園をみにいった。こちらは、前出の公園たちと違い、何度か訪れたことがある。
 だが、公園というか、崖下のへりに流れがあって、それだけを公園の外から見る感じで訪れただけだったので、せっかくだから、公園の中も入ってみようと思ったのだった。いや、実は崖下の流れのほうから入れるのかどうか、心配でもあった。別の入り口があるのではなかったかしらと。たとえば崖の上からとか。
 この公園はかなりひろい運動公園でもあって、崖下の流れのある場所だけ、すみっこで親水園として、流れにそって、ひっそりとあるので、そちらのほうから行くのではなかったかと。
 さて、出かけてみたら、崖をのぼる道は、いきなりあった。というか数本あった。わたしは今まで何を見てきたのか。流れしか見ていなかったのだ。
 いちばん端、来たところから一番近い道をのぼった。ちょっとした山道のよう。登ったところは木々に囲まれ、あずまや、古くから祀られてきたらしい小さな神社、フィールドアスレチック用の遊具などがあった。のぼりきってしまうと、奥行きは案外なかった。すぐに道になって。けれども、木々が多いのであまりそれは感じられない。崖の上から、下のいつもの流れを見ることができた。新鮮だった。流れのすぐ向こうに仙川という川が流れている。湧水たちは、おそらくここに注ぐのだろう。

null

 崖を降りて、また流れにそって歩いてみた。初めて訪れたときから、湧水なんだろうなと、調べもしないで、思っていたのだが、それを示す看板があったのを今回はじめて気づいたた。本当に今まで、下の流れしか見てこなかったのだろう。看板には、「この流れは「自然の湧水」です」とあった。うれしくなった。勝手にそうなんだろうなと思っていたことが、裏打ちされたようで。
 わたしは湧水という言葉にどうしてこんなに惹かれるのだろうか。この親水園では、湧水地点はわからなかったが、こちらもまた出かけてみてよかった。崖の上にのぼって、知らない景色に出合った。あたらしい発見があった。こちらは紅葉、黄葉がみごとな木々はなかった。けれども、斜面では、落ち葉たちが足元で踏む度にかさかさと、心地よかった。まだ平日、週もはじまったばかり。仕事と遊びのはざまで。使えないであろう古い井戸ポンプが置いてある家をとおりすぎた。しらない鳥が鳴いた。もはや秋ではない、冬なのだろう。

00:01:00 - umikyon - No comments