Suigara-yama_OoazaHyo(Kyoko_Umino)

2019-04-20

しらない緑と、水がやさしい──用水路たち

null

null

null

 桜は、ほぼ終わり。季節が過ぎてゆく。新緑がつぶつぶとやさしい。わたしは花をつける草の名前はわりと知っているほうだと思うけれど、残念ながら、木の名前をあまり知らない。この新緑の時期、そのことを痛切に感じる。名前がわからないから、木々の新緑、としかいいようがない。花を眺めて、個々の名前をつぶやく。すると花たちと、なにか交流が持てたような気がいつもする。その交流が、木とは……。いや、木たちがつぶつぶとした葉を生やしはじめているのをみて、幸せな気持ちになる。まわりの色がやさしく輝いている。つつまれたような、緑たちの、生のよそおいを、あわく浴びて。そこにも、たぶん交流といったものはあるのだ。ただそれは景色全体として、そうなっているようで、そこにはほとんど名前がない。たまに柳の枝が揺れているなあと思う。桜がすっかり葉桜に…。カエデたちが緑の手のような葉っぱを……。そのぐらいしかわからない。名前がわからなくても、交流できるといえばいえる。けれども、なにか、大切なことを、知らないでいるのではと、つい思ってしまうのだ。
 そういえば、よく名もなき花とかいうけれど、それはすこし違うといつも思ってしまう。名もなき花というのはないのだ。そう呼ぶ人が知らないだけなのだ。わたしが名をしらない木たちが、つぶつぶと、やさしい。

 数日前、早朝バイトが終わったあとに、とある雑誌に載せる記事のための、取材の下調べということで、ひとりで自転車で散策した。下調べなら、散策という言葉はおかしいかもしれないけれど、感覚的にはまるで旅にでも出たような、少なくとも途中からはほぼ自分のための遊びとなっていたので、散策とした。

 企画は、昔このあたりにあった水田のための用水路をめぐる、というもの。このあたりに関していえば、ルートとしては、上流から順に緑道、現在も流れている一級河川、用水路を復元した公園、用水跡という石碑がたっている小さな道、別の一級河川、用水路が名前を変えて小川のようになっていて、親水公園となっている……、そんな感じだ。
 早朝バイトのある所からすぐのところが、最初の緑道になっているので、まず、そこからスタートした。
 バイト先からすぐのところだし、ふだん、素通りしてしまうところだ。ただ、緑道だといわれるとそんなふうに見えてくるのが不思議。緑道は川の岸辺にむかって終わる。まるで用水路が川にそそぐように。

null


 その川は、おなじみの川だ。けれども、よくわからないが、今、ここにある川は、かつてと流れ方がだいぶ違っていて、別の場所を蛇行しながら流れていたようだ。そして現在の川が流れているあたりは用水路が流れていたらしい。ちなみにこの難しさは、もう少し下流でも生じる。親水公園となっているあたりには、また別の一級河川があって……、その始まりのあたりが水神橋というのだけれど、その川のほうに、「ここはかつて用水路が流れていました」とある。
 つまり、二つの川と用水路、三つの流れがあるのだが、その流れの、かつてと今の違いがよくわからないのだ。
 このわからなさが(もしかして、昔の用水路の川筋を今の川たちに再利用したということなのかもしれないが)、謎として、心をすこしざわつかせた。
 先走ってしまうが、その水神橋のすぐむこうの下流で、ふたつの川たちは合流する。一方の川に、もう一方が注ぐのだ。そうして数キロ先で、注がれた川も多摩川に合流し、さらに十数キロで羽田の海にそそぐ。
 話をもとにもどそう。最初の緑道から、川へ。その川沿いの岸辺の路もまた緑が多い。川の水も澄んでいる。護岸が自然に近い形で行われているのも目に心地よい。今の季節は菜の花の黄色が鮮やかだ。
 この岸をゆくとすぐに用水路を復元した公園に出る。ここは用水路を復元しただけでなく、水田も復元し、毎年稲作も行われている。わたしの大好きな公園で、かなり頻繁に訪れている。一年三六五日のうち三〇〇日以上は、多分。もうすぐ、そろそろ水を張った田んぼの上に鯉のぼりが泳ぐだろう。水を張った田んぼは池のようになるだろう。今はレンゲ畑になっている。

null

null

 ここで川から水を引いて復元した用水路は、およそ六〇〇メートル。またおなじ川に注ぐ。そう、この公園も用水路もおなじみで、季節ごとにわたしに大切ななにかたちを伝えてくれる場所だ。

null


 そこを離れて、また川辺に出て、用水路の跡をめぐる旅へ。ちなみにここから先は、ふだん、家の近くではあるのだけれど、あまり足を踏み入れたことがないので、よけいに旅的な気分を味わったというか、新鮮な驚きが、あちこちにあった。岸辺から、いったん大通りに出たのち、すぐにその通りと平行して走る小道へむかう。ここで用水路跡と書いた石碑を発見した。言われてみれば、下にまだ暗渠となって水が流れているような感じだ。緑道のように流筋がわかるような気がした。

null

 その小道をゆくとお寺がある。いつもバスに乗るとき、その名前だけを停留所名として聞いただけのお寺。桜がきれいらしいが、もうすっかり葉桜だ。そういえば小道沿いにもすこし桜並木だったらしいような後が。しらなかった。来年は来てみよう。
 そして、お寺のさらに奥に緑深い場所があった。行ってみると、神社があった(用水路のことは完全に忘れている)。わたしがお正月などに初詣にゆく神社とおなじ氏神様の神社なのだが、こちらは人の気配もなく、さびしい感じだ。けれども、社は小高くなった頂上にあり、年を経た松なども生えていて、なにか古墳のような神聖さを感じた。だから、つい、登ってしまったのだ。登った先から、何が見えるだろうか。川が見えるのではないかしら。思えばいつもそんな期待を抱いてきたような気がする。小高くなった緑深いところを登ると、きっとその向こうに水辺が拡がっている……。子どもの頃から、よく思ったものだった。久しぶりに体験して、懐かしいというよりも、新鮮だった。ちなみに、登り切ったそこから見えるところには、川がない、それは実はわかっていた。もし見えるとすれば、真逆の方角だ。そこに多摩川などが流れているから。案の定、小高い頂上からは住宅地が拡がっているのが見えるばかりだったが、久しぶりに、あの期待を味わうことができて良かった(後日、地図を開いてみたら、近くをべつの川が流れていたのだが、わからなかった)。

null

 また、小道のほうに戻って、水神橋へ。ここの川から分水しているような感じで用水路の跡、今は名前を変えた用水路が現われ、約九〇〇メートぐらいが、親水公園となる。この区間は、ほぼ初めて通るところ。この小道自体、あまり通ったことがないのと、今は川と名前が付いているので、用水路跡として認識していなかったのだ。知ったことたちで、新鮮な驚きがわき上がる。そして季節は新緑だ。ちょうどこのあたりは緑も多くなってくる。とくに親水公園になっているところは、多摩川が長い年月をかけてつくった崖の連なり、緑と水が豊かな国分寺崖線下に位置し、親水公園とは別の二つの公園と隣接していることもあって、さらに緑が深くなり、小さな渓谷を想起できるところもある。途中、二カ所、その公園たちから、湧水が注ぐのも見ることができた。だから、この用水路はきれいなのかしらと思う。さきほど、通ってきた復元した用水路も水はきれいだったが。あちらはとりいれた川の水を処理して流しているらしい。稲作に利用するのだから、きれいさは必要なのだろう。いや、それ以前に、川自体が、やはり国分寺崖線上の川で、湧水も注ぎ込む、きれいな川なのだけれど。

null

null

null


 ともかく、この用水路をどこまでも、追ってゆきたかった。新緑まみれの、昼下がり。木の名前はわからない、だが用水路のかつての名前はわかる。そしてほとんどはじめての場所だった。新鮮なおどろきと新緑。澄んだ水たちが、向こうへどこまでも向こうへ流れてゆく。けれども、きりがないので、親水公園がおわりになるという橋までで、探索をやめた。ここまででも、実はけっこう時間が経っている。わたしは、どうして、こんなに水が好きなのか。わくわくと、まだ後ろ髪がひかれている。興奮冷め止まない。ちなみに、用水路は、江戸時代初期に作られたものらしい。徳川家康が命じて……、まわった用水路や川たちは、ゴミ捨て場になっていたり、下水が流れ込んだり、一時期とても汚くなったりしていたらしい。
 ゆっくりと親水公園を遡る感じで帰り道。ふと、小さな鳥居のある場所に足を踏み入れる。行きのときに気になったのだが素通りしてしまったところ。鳥居のすぐ奥に小さな祠があり、その奥に、小さな流れがあり、また小高くなっている。さきほどよりもさらに古墳のようだなあと思ってしまう。流れが堀のように見えたのだ。この社の名前などがわからなかったので、家に帰ってから調べたら、水神社とあった。だから近くの橋は水神橋というのだと合点がゆく。ちなみにこの小高い緑深いところは、うねうねと先ほどの神社に続いていた。つながっていると思わなかったので、こちらもすこし驚いた。ここちよい、いとしい発見だった。
 記事にするとなると、今回書いたこととは、だいぶ違ったものになるだろう。ただ、記事とは別に、そのときの体験を、小旅行のことを、書いておきたかった。ことばにすることで、なにかたちが、わたしと近づいてくれそうで。緑がやさしい。水がやさしい。

null
17:38:31 - umikyon - No comments

2019-04-07

今年の桜は。

null

 体調があいかわらず、すこし不調。その間に、風邪もひいたようだ。前回書いてから、今日まで、もう半月になってしまった。三月から四月へ。この期間に、いろいろあった。あたらしい元号が発表になった。桜が三月末から見頃になり、もはやその時期を終えようとしている。
 今年は身体がきついなと思いつつ、例年、桜の頃になると、足を運んでしまう、うちの近く、仙川沿いの桜並木を見に、何回か出かけた。
 何回か書いているけれど、仙川は基本的にコンクリ−トで護岸工事されているので、なんとなく、ものがなしく、桜が咲く頃でないと、ほとんど通らない。もうひとつの近くを流れる川、野川は自然に近いかたちで護岸されているので、こちらはよく通るのだけれど。


null

null

 ともかく、その仙川に毎日のように桜を見に行った。最初は、まだまだだなあと、なかば信じられない面持ちで。なにが信じられなかったのか、毎年、どこか狂想ということば、なのか、狂った、幻想、ということばなのか、どこかがこわれている、日常が平然と非日常になる、そんな違和をも内包した、あたり一面の静かな狂乱に、心がざわめく。その状態にまだなっていないことで、あの得体の知れないような狂の空間になることが、まだ信じられないと思うのだった。だから、憑かれたように桜をみてしまう。そして、一日、一日経つうち、三分咲き、五分咲きと、花が満開に近づいてゆく。そのうちに夢と現実の境にかかる橋として、桜たちは枝をわたす。春が全開でやってきた、その象徴のお祭り、のような。祭りと日々が、共存している、それが春のソメイヨシノといえるかもしれない。信じられなさが、日を追うごとに薄れてゆき、気がつけば、この空間のとりこになっている。

null

null

 場所は仙川沿い、東宝撮影所の近く、成城一丁目付近。この桜に魅せられて、もう十五年ほどになるかもしれない。
 川に桜が映る、護岸された苔むしたあまり綺麗といえない岸辺が、このときばかりは美しくなる。川に映った桜、それに覆い被さるように咲く桜、さらに散り始めてしまうと、桜と川のあいだに花吹雪になって、四方八方、桜だらけになる。この狂をどう表現したらいいのか。
 気がつくと、仙川をぐるぐる回っている。何度も何度も。もういいじゃないかと、どこかで声がする、けれども、同じ場所を、桜たちをみてしまう。みるたびに表情がすこし違うように感じられたのかもしれない。雲の位置が変わる、日差しが翳った、川面に花びらが散った、鳥が着水した、一歩歩いただけで、桜の見え方が変わるというのに、なんと瞬間は永遠なのだろうか。この変幻は、やはり、魔だった。

null

 仙川だけでなく、近くのお寺の桜も見に行った。ふたつのお寺。どちらもライトアップされるらしい。ありがたいことだ。
 わたしは朝早い仕事の関係で、夜出歩くことがなく、なかなかライトアップされた桜を見る機会がない。言い忘れていたけれど、仙川の桜も、東宝撮影所の好意というか、無償で数日間ライトアップされている。ある午前中に、照明機材を設置して回っているのをみて、どこか心が微笑んだ記憶があった。

null

null

 ともかく、ライトアップ。四月六日の土曜日のこと、次の日曜日、早朝バイトが休みだったので、家人と、夜ご飯を食べに出かけた。帰りにライトアップされた桜を見ることが出来た。
 何回も昼間や午前中にみていた、立派な桜の木。一本だけだが、大木で、その桜だけで静かな威圧感が感じられる。昼間とはちがう表情。桜自体が夜の中で白く発光しているようにも見える。この桜は、ほんの少しだけ、開花が遅かったので、六日ぐらいだと、ほかの桜は早いものはそろそろ葉桜になりかけているものもあったけれど、ちょうど満開といっていいぐらいだった。ほんのすこしだけ、花びらが散り始めて。

null

 話は前後してしまうが、仙川の桜を見た帰り、さらに家の近くの公園の桜も見て回る。野川沿いにあり、野川に面した桜も見応えがあるのだけれど、田んぼが復元されていて、いまはそこにレンゲが咲きはじめているが、その田んぼの用水沿いに何本か桜が植えられていて、それがとくに目当てだった。五日の金曜日だったか、用水にカルガモが泳いでいるのを見つけた。めずらしく桜といっしょに写真に撮ることが出来た。菜の花も咲き、タンポポも咲いている。公園の入口にしだれ桜も何本かあって、そちらはすこし開花時期がずれていて、まだ三分咲き、四分咲きぐらいだったが、次の土曜日に通ったら六分咲きぐらいになっていた。

null

 仙川の桜の前や後に、数回、成城学園前の住宅街の桜も見に行った。桜並木となっている場所があるのだ。こちらも綺麗なのだが、下が川ではないからか、それに車も通る道なので、あまり桜に見とれてばかりいられないということなのか、狂というほどではない。だが、せっかくの桜だ。桜がアーチ上になっているところを歩くのは素敵だった。
 そのほか、仙川の桜(ここが標準地点となっているのがおかしい)の後で、世田谷通り沿い、大蔵に向かう坂の桜並木も見に行った。こちらは桜よりも、大蔵三丁目公園の湧水で出来た池が目当てだった。池のまわりに桜はないのだが、花びらが散って澄んだ池面に浮いている。

null

 そのほか、こちらは家人と車で通ったのだが、和泉多摩川、狛江の多摩川沿いの桜も。六郷桜通りというらしい。七日の日曜日も通ったが、盛りをすぎた満開といった感じだった。この日はお祭りも開かれていたので、ぎりぎり、桜の見頃と重なってよかったなあと思う。せっかくのお祭りだもの。
 多摩川の土手下で、レジャーシートを敷いてお花見をしている人たちが目立った。お花見といったけれど、ほとんどの人が花を見ていないようだった。にぎやかに飲んだり食べたりを楽しんでいる。それはそれで、桜を愛でている、春を感じている、ということなのだろう。
 そういえば仙川の桜を見に来ている人たちのほとんどが、わたしをふくめて、ただ桜の花を見に来ている。土曜日はちらほら、レジャーシートを敷いて食事をしつつ花見をしている人たちもあったが、それが例外的といっていいほど、桜に足をとめ、眺め、写真を撮っている人たちばかりなのだ。この花を愛でている人ばかり、というのも、わたしが足繁く通う理由の一つになっているかもしれない。

null

 五日の金曜日、野川(仙川ではない)の橋の上で、花のついた桜の枝をひろった。子どもが折りでもしたのだろうか。桜がくれた贈り物のような気がして、連れて帰る。いつかも、こんなことがあった。やはり野川近く、田んぼのある公園でだったか。桜の枝をもちながら、公園の桜を見に行った。手折ったのがわたしだと思われないかしらと、いらぬ心配をしながら。
 家に帰ってきて、水切りをしてから、コップに花をいけた。家で小さなお花見。日曜日の七日、コップの桜はだいぶ終わりに近づいてきた。七日の今日は仙川に行かなかったけれど、あの桜ももう、見頃を過ぎただろう。六日の土曜、昨日、彼らにお礼をいった。ありがとう、今年も、花をみせてくれて。野川の桜にも。祭りは終わりに近づいている。微熱がさがらない。

null

null

23:58:00 - umikyon - No comments