Suigara-yama_OoazaHyo(Kyoko_Umino)

2019-07-30

水のある処(コ)たち─古代蓮、水子貝塚公園

null

 ようやく梅雨が開けた。陽射しが恋しかったが、肌に絡みつくような暑さも一緒についてきた。そうなのだ、恋しい陽射しには、きつい照りつける夏という要素が一緒についてくることを忘れていた。ばかだなあと思う。両方そろってこその夏なのだ。
 まだ梅雨明け前の日曜日、埼玉県行田市の古代蓮の里に、蓮を見に出かけてきた。
 蓮の開花期の六月十五日から八月四日までの間、売店や古代蓮会館などの施設が、早朝開花する蓮に合わせて、営業を午前七時からにして、駐車場も有料になる。なんというか、その間中、長い蓮祭りのような感じになるのだった。
 古代蓮は、一四〇〇〜三〇〇〇年ぐらい前の種が、昭和四八年に偶然発芽したものが元になっている。古代蓮は行田蓮と呼ばれ、行田市の天然記念物に指定されている。この蓮は、なんと長生きなのだろう。長い時を経て、眠りから覚めた蓮たちに圧倒される。
 蓮の花の開花期間は、あまり長くない。四日間ぐらいの命だとか。そして午前中には花を閉じてしまう。その花の開花時間、開花期間の短さと、古代蓮というありかたのギャップも興味深い。

null

null

 ここ数年、毎年のように出かけている。水が好きだから、水の中から咲く花が好きなのだろうか。いつも蓮や睡蓮などに惹かれる自分に自問する。さらに時というものを考えさせられ……。いや、蓮はともかく大輪の花を静かに咲かせそこにある。午前中だけ、朝の早い時間だけ。そのはかなさと生命力に……、理由を推測することはむずかしい。そのどれも一因ではあるだろう。ただただ、蓮に惹かれる。だが、たとえば上野の不忍池の蓮とかも好きといえば好きだが、この行田の古代蓮に特別な思い入れがあるのは、やはり長い眠りから覚めた子たちだからだろうか。
 開花期間は六月中旬からだけれど、七月の中旬ぐらいが特に見頃だったらしい。わたしが出かけた七月の下旬は、少し盛りをすぎた感じ。とはいえ、まだ咲いている蓮も多く、つぼみもあり、花びらが散って緑の花托になったものと、三種の様態が見ることができて、そのこともかえって良かった。なにか、ここにもやはり時や一生のようなものを投影させてしまうのだった。
 この日も雨がぱらついたのだが、その雨が、蓮の葉にたまって、いや、朝露といっしょになって、露の珠たちを、あちこちでつくっていて、それが輝いてみえたのもうれしい驚きだった。

null

 先にも書いたが、蓮は午前中にはもう、花をすぼめてしまう。見頃である時間は午前七時から午前九時と早い。だから例年遅くとも九時前には着くようにしていたのだが、この時はすこし遅くなってしまい、午前九時四〇分ぐらいになってしまった。一番美しい開花状態を少し過ぎた……。けれども、雨のおかげだったのだろうか、いつもより開花状態をながく保ってくれていたような気がする。そして朝露。これも朝早くでないと、本来ならほとんど残っていないのだが、雨と混じって、十時を過ぎでも、あちこちに溜まっていてくれたことがありがたかった。つぶつぶ、ころころ、きらめいて。長い梅雨も、いいこともあるのだなと、蓮たちを見ながら思う。
 だが雨もよいの天気のせいか、蓮のまわりに飛び交う虫たちをほどんど見なかった。代わりに蛙を発見。それとオタマジャクシも水の中に。蛙を見るのは久しぶり。

null

 苑内の蓮たちを一通りみた後、十一時前だったか、すこし早い昼食を。ここの売店のうどんはコシがあっておいしい。せっかくだからと蓮根入りのものを頂く。行田市のご当地グルメというのだろうか、ゼリーフライとフライも食した。そして物産などを少しみて、行田を後にする。いつもなら、近くにあるさきたま古墳群に立ち寄るのだが、この日は別に行きたいところがあったので。

 家への帰り道、ルートを変えて、埼玉県富士見市の水子貝塚公園に寄ったのだ。古墳時代よりもさらに昔へ。古代蓮の眠っていた頃にも重なるだろうか。縄文時代としては時代は重なるだろうけれど、水子貝塚自体はもうすこし古いもの。縄文時代前期から中期にかけての遺跡で、国の史跡でもある。公園には、復元した竪穴式住居跡があり、展示館と資料館がある。展示館では貝層や、竪穴式住居跡の発掘当時を再現した展示がおこなわれ、資料館では、縄文時代を中心に、旧石器時代から平安時代までの遺物が展示されている。 わたしは小学校から高校ぐらいまで埼玉に住んでいた。この富士見市はおとなりの市。なのに、今まで行ったことがなかったし、存在も、うろおぼえに聞いたことがある程度だった。その頃は縄文時代に興味がなかったから。わたしが住んでいた市、夏などに避暑におとずれていた川岸の小高い小さな林、そこも貝塚だったということに後年、というか最近気づいた。しらずに中学生、高校生のわたしはそこで憩っていた。夏にはキツネノカミソリが咲いていたっけ。

null

 縄文時代に興味を持つようになって、ぜひ水子貝塚公園には行ってみたいと思っていたので、行田の古代蓮の里から、帰り道をほんのすこしルートを変えることで、寄ることができるとわかって、訪れたのだった。
 復元した竪穴式住居のある公園は芝生もあるので、遺跡というより、ほんとうに公園といった感じで、親子連れ、子どもたちが多く、あちらこちらでボール遊びなどをしている。遺跡という空間と日常的な憩いの場であることの均衡がとれていないようだった。あとで案内してくださったスタッフの方に聞いたのだが、竪穴式住居に、サッカーボールなどが当たることもあり、それを修復するのも大変なのだとか。

null

null


 展示館に水子貝塚を紹介する上映があった。海のない埼玉だが、約六〇〇〇年から五五〇〇年ほど前の縄文時代前期中頃には、水子貝塚の周りは縄文海進で海だったという。
 わたしが小学生の時にも、やはり同じようなことを学校の授業で聞いたことがある。当時わたしが住んでいたところの付近も、同じぐらいの時期には海だったから、今でも海抜が五メートルぐらいしかなく土地が低いと、習った記憶があるのだった。海のない、内陸なのに海辺のような海抜の低さに、不思議な印象をもった。貝塚も近くにあるといっていたが、当時は縄文時代には興味がなかったから、ただ貝が埋まっているんだ、海だったんだなあと、そのことにだけ意識を向けていた。水辺に対する関心は子どもの頃からあったから。
 子どもの頃に縄文時代などに、興味を持っていたならばと少し思う。そういえばクラスの男の子たちなどは、どこかで縄文土器のかけらなどを発掘してきていたっけ。けれども、今、縄文時代のあれこれに惹かれるようになって、遅かったかもしれないが、気づくことができて、それはそれで良かったとも思う。
 今回も水子貝塚公園に来ることができて感慨深かった。ここでも貝塚には、貝や骨のほかに丁寧に埋葬された女性、狩りなどで相棒だったのかもしれない犬などの骨も発見されている。再生の場だったのかもしれないし、生と死が分断されきっていなかったからかもしれない。遺棄するという観念も稀薄だったのかもしれない。連続性を持っていた…。水子貝塚は地点貝塚(住居跡が貝塚になったもの)と竪穴式住居で、ドーナツ型に構成されている。中央は広場として、祭りや共同的な作業などで使われていたのではとのこと。復元された竪穴式住居の一つの中に、縄文人と犬がいるみたいなのだが、わたしが行ったときは、虫の駆除中だったかで入れなかったのが少しばかり残念だったが。
 土器などが展示されている資料館には、水子貝塚だけでなく、富士見市の遺跡から発掘されたものたちが展示されていて、旧石器時代のやじり、縄文前期から中期ぐらいまでの土器が思ったよりも多く展示されていて、それがうれしかった。縄文時代早期の縄で文をつけたもの(まさしく縄文の名前どおり)、幾分装飾的な加曽利式の中期のもの、そして県の指定有形文化財になっている、羽沢遺跡出土の中期(約四五〇〇年前)のもの。これは愛称がムササビ土器という。口縁部のおそらく前面に動物の顔、後ろに尾っぽのようなものが施されている。ムササビと名前が付いているが、おそらく顔は猪で、尾っぽのように見えるところは、人間の眼なのではとのこと。猪と人間が向かい合っている……。なにか山梨あたりの土器と似ているなあと思ったら、キャプションに「この土器と同じ「猪」の装飾の付いた土器は、(中略)甲府盆地から相模原台地、多摩丘陵が分布の中心です。また胎土には甲府盆地の土器の特徴である金色の雲母を含んでいます。これらのことからこの土器は甲府盆地周辺からの搬入品と思われます」とあった。動物と人間が近しく向き合っている。造形的にも印象深かったが、そのことも惹かれる一因だったのだろうか。

null

null

 そういえば、「水子」という地名。水子貝塚を紹介する上映や、小冊子に載っていたのだが、「コ」という音は、場所を表わし、「ミズコ」で、「水があるところ、水がわきでるところ」という意味なのだとか。このあたりは今も湧水があり、小さな川も流れており、当時はもっと水に恵まれた場所だった。近くに住んでいたのにと、このときも思った。水辺が好きで、あちこち探していたのに、知らなかったのだ。水がおおい所という地名だったのに。そして、此処、彼処、何処、この「コ」も、場所だったのだなあと、「コ」という音に思いを寄せる。
 そうして、車で帰路へ、朝早くから出かけていたので、帰ってきたのも比較的早かった。午後五時前。うちの近くの湧水が流れる崖、高くなったあたりを眺める。ここも縄文の頃には人が住んでいたのだ……。雨が上がっていた。
00:01:00 - umikyon - No comments

2019-07-20

蛍の光、鷺の花、蝉の声 ─せたがやホタル祭りとサギ草市

null


 今年の梅雨は長い。あまり陽射しを見ていない。先日、雨の中、せたがやホタル祭りとサギ草市にいってきた。七月十三日、十四日で開催、今年で三十九回目だが、行くのは三回目。
 例年、世田谷代官屋敷敷地内にホタルドームをつくってホタルを見るのだが、今年は代官屋敷が改装工事中で、敷地内に入れないので、どうするのかしらと思っていたら、向かいの信用金庫の敷地を借りて行っていた。その信用金庫の反対側のとなりに上町天祖神社があり、そこがサギ草市の会場。昼から縁日、夜には盆踊りも。

null


 代官屋敷は入れないが、代官屋敷に隣接している郷土資料館は入ることができる。
 ホタル鑑賞はチラシなどによると午後五時四〇分から。着いたのが午後四時にもならない位だったので、サギ草市や縁日をざっとみてから、郷土資料館へ。
 郷土資料館もいつもとはちがう出入り口から入る。メインの通りから横道に入ったところにあり、少しわかりにくく、もしかすると休館していると思われてしまうかもしれない。例年よりも人が少なかった。ここでは例年、同じ時期に企画展でサギ草伝説のことなどを採り上げている。今年はそれにプラスして、ホタルの一生を模型やジオラマで紹介していた。サギ草伝説は、いわれなき讒訴により自害する常磐姫が、父の住む城へむけて、サギの足に遺書をくくりつけて飛ばしたが、そのサギがたまたま近くで狩りをしていた夫の手で打ち落とされ、ながしたサギの血がサギ草になった…というもの。夫はその遺書をみてはじめて姫の無実を知る。
 サギ草は、栽培はけっこう難しいと思う。サギ草市でも、だからだろうか、咲いている花を見かけることがほとんどない。でも好きな花だ。ここで何回か書いているけれど。ほんとうにサギがとびたつような、繊細な白さが心にしみる。実行委員会のテントの中に咲いているサギ草が一鉢あった。見ることができて良かった。

null

 話が前後してしまった。郷土資料館に入ったのは縄文土器の展示があるから。解説パネルによると世田谷には縄文遺跡が一三〇以上あるらしい。その多くが縄文中期(五五〇〇年から四五〇〇年前)のもの。もう何回か観に来ているのだが、実際の土器たちにまた会えるのが、なんとなくうれしいのだった。
 それにうちの近くを流れる川から剥ぎ取った貝層も見たかった。縄文時代よりももっと前、約十二万年前のものだとある。この辺りも海だったのだ。ちなみに縄文時代前期の六〇〇〇年ぐらい前の貝塚の貝層の展示もあった。家から数キロ離れてはいるが、多摩川最奥部のもの。
 前回も書いたが、水に関わることが、ここでも好きなのかと、我ながらおかしくなる。
 うちの近くにも遺跡があったらしいが、遺跡として整備されているわけではないので、よくわからない。今も湧水の流れる崖の上あたりに、あちこち。湧水と、スダジイやクリ、コナラなどの植わった緑深い林にそのよすがをしのぶ。そして、あのあたりかしら…と、崖の上の緑をながめ、いにしえに思いをはせるのだった。
 郷土資料館を出たあと、まだホタル鑑賞までだいぶ間があった。縁日でなにかちょっと飲食をしてみたかったが雨なので、商店街などを散策することにした。ちなみにこの通りは毎年十二月と一月に行われるノミの市、ボロ市のメイン通り。ボロ市にもよく来ているのだが、その折は立ち並ぶ店と大渋滞の道行く人たちでごった返しているので、ちがうところを歩いているみたいだ。さらに進んで世田谷通りへ。
 時間をつぶしてホタル展示会場まで戻ってくると、長蛇の列。五時四〇分よりも前に始まっていたらしい。三十分ほど並んで、ようやくドームへ。
 真っ暗な中へ、列をなして入るのは、なんだか、お化け屋敷にいるような感覚だった。自然の環境ではないので、よけいにそう思ったのだろう。だが、中では蛍たちがひっそりと光っていた。暗がりだったからしくみがよくわからないが、通路の中央に水があり、笹があり、蚊帳のようなもので覆われていて、そのなかに蛍が飛んでいたようだ。足元や天井で、緑がかった淡い光がゆっくりと動いている。
 わたしは自然の環境で蛍をみたことが一回しかない。大人になってから、秩父の長瀞あたりの宿で予期せずにみた…。それは旅先での体験だったから、わたしのなかでは蛍は非日常の範疇に属する。
 そのあと、当時近くに住んでいた有栖川宮記念公園で、何度かみた。以前は蛍の養殖地があって、七月頃だったか、一日か二日、展示していたことがあったのだ。今はそうしたことをしていないらしい。もうずいぶん前だ。
 どちらにしても、蛍はわたしには非日常だ。だからこそ、よけい、あの淡い光に惹かれるのだろう。
 この文章と前回のうちの近くの川についての文章、近接した時期に書いている。あの小さな川のことを調べていたら、かつてはホタルが飛んでいたとあった。今でも流れているときは清流なのだから、当然と言えば当然なのだろう。ちなみにその川の水源である池のあたりは、弁財天池というのだが、旧石器時代、縄文時代の遺跡や住居跡が見つかっているらしい。
 つながっているなあと、勝手に結びつけて、心地よくなっている。
 今朝も雨。早朝バイトから帰る途中、少しだけ遠回りして、国分寺崖線上のみつ池という湧水由来の池を見に行く。たしかここもホタルを見ることができたとか……。ただ、ホタルが出没するのは六月で、もう時期的には終わっているから、今でも見ることができるのか、よくわからない。
 けれども、この池も春にみたよりも水量がだいぶ増えていて、どこかほっとした。この崖の上でも、去年、遺跡調査が行われていたなあと、ぼんやりと思う。蝉の抜け殻が落ちていた。雨がようやく止んだ。そろそろ、蝉の声が聞こえるのかしら。明日も雨の予報。
00:01:00 - umikyon - No comments

2019-07-15

空と地を水が──見えない、いなくなり、見えにくいものたちへ

null

null

 以前にも書いたけれど、うちの近くに、雨などで地下水位があがったときだけ現われる小さな川がある。一年の大半は、川の筋だけが残っていることが多い。直線距離にしてどのくらいだろうか。グーグルマップで見てみると200メートルぐらい。ただそこに川としては載っていない。流れ自体はとなり町の池から始まっている。ほとんどが暗渠になっていたりしているが、全長は二キロ弱だろうか。お寺の敷地にあるはじまりの池も、昔は湧水池だったのだが、今は井戸を掘削して復元している。だから今の川はどうなっているのか、実はよくわからない。池からしばらくゆくと大通り(ここも以前は野川が流れていたらしい、一の橋、二の橋、名前だけが残っている。こちらは流路を変えたのだ)があり、それを渡ると川の名前を冠した緑道の公園がある。その下に川が流れているのかどうかも不明。一度緑道から、川の跡を下ってみようかと思ったが、緑道が終わってから、すぐにわからなくなって断念した。そして一キロとちょっと行くと、うちの近く。ほとんど突然に川は現われる。ちなみにそこからさらに100メートルほど上流にあたる部分に、ほんのすこしだけ、こちらはもっと短く50メートルにも満たない川が現われ、すぐに暗渠になってゆく。最初、これが同じ川かどうかわからなかったが、区で出している公園マップみたいなものをもらってきて見てみると、そちらには流れが載っており、うちの近くの川も、その短い流れも、おそらく同じものなのだろうと推測できた。道が入り組んでいるから、わかりにくかったのだが、マップで見ると、すっきりと暗渠がつながってみえたのだ。
 ともかく、うちの近くの川。近所の湧水も流れ込んでいるからか、それに地下水由来だからか、水が流れているときは、とても澄んだ流れとなっている。近所の湧水といったが、こちらも今はほとんど湧き出ていない。やはり地下水位があがったときだけ。
 昔、十年ぐらい前だろうか、インターネットで検索したら、その湧水が、名水として記事になり載っていたことがあった。その当時でさえ、さらに遡って十年以上前の記事のようだったので、もはや今ではネットでは記事自体を探すことができない。
 十年ぐらい前に、その記事を頼りに家の近所を探してみたことがあった。湧水…名水…、庭に細長いくぼみがあるお宅があって、多分そこなのだろうと思ったが、見たときは流れていなかったし、わからないままだった。うちの近くに名水と呼ばれるものがあったなんて……、探検する気分だったのを憶えている。わくわくとした気持ちが最初にあり、見つからなかったことで、それをすこしさびしく思ったものだった。そのときも、小さな川は涸れたままだった。うちの近くといっても、道を一本挟んでいて、普段はほとんど通らない。なので、川はもはや涸れたままそこにあるのだろうとずっと、何年も思っていた。流れが復活することがあると知ったのは、何年前だったか。数年前に過ぎないのではなかったか。
 そして、去年だったか、名水として載った湧水ではなく、その数十メートル先で、別の湧水が流れ込んでいるのを発見した。小さな流れが小さな川に合流するような感じだ。これもうれしかった。なぜ水に関することが、こんなにわたしをゆさぶるのだろうか。

null

 この頃、梅雨ということもあって、雨水が多いから、多分……と当たりをつけて、流れを見に行くと、結構水量が復活していた。それに雨だというのに水が澄んでいる。そしてつい最近まで、川のほとりには古く、読めなくなった立て札があったのだが、それが新しくなっていた。
「 かつては、狛江市の泉竜寺を水源とする清水川が府中崖線に沿って、この場所を流れていました。この場所は府中崖線の崖下にあたり、湧水がしみ出る場所でした。近年の都市化に伴い、水量は少なくなってきましたが、今でも地下水位が高くなると湧水を見ることができます。」
 崖線とは、河川や海などの浸食作用でできた崖地の連なりで、崖線には、連続した緑が存在する場合が多く、崖下には、雨水や地下水からなる湧水が流れ出ることも多い。うちの近くにはこのほかに国分寺崖線もある。
 ここも崖下だったのかと思う。周りは平坦で、高低差もないし、あまり崖下という感じもしない。けれども、たしかにもうすこしはなれると登り坂があるので(それが国分寺崖線だ)、土地は低い、いわゆるハケ下ということなのか……。
 水が好きなので、実感がないけれど、やはり立て札はうれしかった。わたしはなぜ、こんなに水が好きなのだろうか。その川は、今日も、梅雨のせいだろう、きれいな水が流れていた。水が流れているだけで、じんとする。冬などはとくに涸れていることが多いのだが。雨のふる空と水の流れる台地はつながっている……。

 実はこの文章を書いている途中でパソコンの外付けHDDが壊れた。この文章も含めてすべてHDDに保存する癖を付けていたので、いろいろ少し困った。途中の原稿、メモ、写真、一切合切、保存していたデータがある日突然読めなくなった。
 データ復旧サービスに頼んで、復旧したデータを新しい外付けHDDに入れてもらった。その期間約一週間。今回のことで少なからずショックを受けた。過信を反省していた、というべきか。突然に終わりはやってくる。終わりに対して、たいていは、受け入れつつある自分がいたつもりだったが、書いたものたちなどに対してだけ、過信していたことや、よりどころにしていた保存場所が、安全ではないと思い知らされたことに対して、心を暗くしていたのかもしれない。
 新しい外付けHDDにフォルダーがあり、その名前が「復旧データ」とあったのが戒める証拠のようで、もの悲しかった。そこを開くと、今までのデータが入っている。
 もう過信してはいけないのだと、とりあえず外付けのSSDという記憶媒体を新たに購入した。予備というかクローンというか。それと、クラウドサービスを使うことにした。書きかけのものなどはクラウドで保存して、書き上げたものだけHDDとSSDに保存すればいい。SSDはHDDに比べて壊れにくいらしいが、壊れたとなるとデータを読み出すのが難しいらしい。けれども両方一度に壊れることはないだろう……。
 
 壊れてからの一週間、通ることは通っていたのだが、あの小さな川のことを考えることもおろそかになっていた。
 また少しづつ。知らないお宅の庭のくぼみ、名水と紹介されていたであろうそこの水もどうやら復活していた。ただくぼみの先に土管があり、そこに水が流れ、地下に潜ってゆくようだったので、あの川に注いでいる姿はわからなかったが。
 空と大地はつながっている。今日も雨。
 うちの近くで、この頃、猫の親子を目にするのが、密かな楽しみになっているのだが、あの親子たちは雨の時はどうしているのだろうか。

null
00:01:00 - umikyon - No comments