Suigara-yama_OoazaHyo(Kyoko_Umino)

2018-07-30

知らなかったことたちの場所─「石神井川流域の縄文文化」展

 この夏は暑い。セミの声が今年はやはり少ないような気がする。ちょっとにぎやかすぎるアブラゼミ、夏らしく感じるミンミンゼミ、そして大好きなかなしげなヒグラシ…。ヒグラシだけは、もともと声を聞くことが少ないからか、前と同じように鳴き声を聞くような気がするのだけれど、ほかのセミは…。暑さと関係があるのかしら。

null

 前に江戸東京博物館「発掘された日本列島2018─新発見考古速報」展に出かけたとき、気になるチラシを何枚か見つけたので、もらって帰った。縄文展もそうだ。こちらは実はもう行ってきたのだけれど、そのことは後日。もう一枚、練馬区立石神井公園ふるさと文化館での企画展「石神井川流域の縄文文化」。会期が平成30年6月23日から8月12日までということで、終了まであまり間がないので、今回はこちらについて、すこし書いてみようと思う。

null

null

 わたしは、数年前…と思っていたけれど、多分もう十年前になってしまう、ともかく練馬区のお隣の板橋区に住んでいた。それも練馬区の境に近いところ。石神井公園も割と近くにあったので、何回か行ったことがあった。ボート池であそんだり。その他に子供の頃から、なんとなく愛着を持っていた場所でもあった。
 そんなところに博物館があったなんて知らなかった。調べてみると、できたのが2010年だそうだから、わたしが引っ越した後だ。けれども、知っていてもその頃だと、興味が持てたかどうか、微妙だ。それに、石神井公園駅から行くと、ちょうどボート遊びなどをする石神井池を挟んで向こう、三宝寺池と石神井池の境目にあるところなので、気づかなかったかもしれない。
 行く前に、こんなふうに少し調べてみると、知らなかったか、忘れていたこと、当時あまり興味をもっていなかったことが多くて、そのことに少し驚く。わたしはたしか石神井公園が、あの池が好きだったのではなかったか。なのになぜ…。
 たとえば、公園内には石神井池と三宝寺池の二つがあるが、後者が元々ある池で、石神井池は、三宝寺池とその景観を守るために1933年に作られた人工の池だったこと。そういえば、三宝寺池のほうは、実は行ったことがない。そのほか三宝寺池端に、室町時代以前、豊島氏の居城の石神井城があったこと、そして、これが一番驚いたのだが、ふるさと文化館は、池淵史跡公園に面しているのだが、ここは旧石器時代・縄文時代・中世の遺跡があることだった。竪穴式住居跡があり、発掘された縄文土器がふるさと文化館にあり…。
 石神井公園の近くを離れた今となって、それでも知れてよかったが。
 さて、石神井へ。台風の日、車で連れて行ってもらった。朝のうちは雨が降っていたが、日中は小康状態、というか曇り空。公園にはどうも駐車場が少ないようなので、こんな日のほうが、かえって停めやすいかもと思った。
 今まで来たルートである、駅からとはちょうど反対側からのアプローチなので、地名だけは覚えがあるのだけれど、なんだか知らない場所に来たようだ。二つの池のどちらも見えない。池と史跡公園やふるさと文化館のある辺りの間がすこし高くなっている。あの丘を越えればきっと池が見えるのだろう。
 おそらく野球場かなにかの利用者向けの駐車場なのだろう、最寄りの駐車場は夏休みの土曜日なのに、ガラガラだった。やはり来てよかった。すこしだけ雨。
 さて、ふるさと文化館へ。ちなみに入館料は無料。ありがたい。チラシから。
 「東京都・埼玉県・神奈川県にまたがる武蔵野台地は、関東ローム層に覆われた洪積台地で、台地上を流れる河川流域は遺跡の密集地となっています。
 練馬区内を流れる石神井川、白子川、中新井川(江古田川)流域も例外ではなく、河川沿いからは縄文時代の遺跡が数多く発見されています。
 本展では、石神井川流域の遺跡から出土した縄文土器や石器を中心に、未公開の資料も展示しながら、流域の縄文文化について紹介します。」
 展示されている縄文土器は、早期から中期のものが殆ど。後期や晩期は、低地への移住などで遺跡も少なくなっていて、それが原因のようだ。
 勝手なことをいうと縄文中期の、装飾的な土器が好きなので、中期のものたちを見れて、それだけで、なんだかほっとした。それに、土器片に触ることのできるコーナーがあったことも。
 いろんな人が触ったからだろうか。展示されているものよりも、テカテカしている気がした。でも、触る、それだけで、まるでたとえば木に触ったように、草に触れたように、なにかを感じて、うれしくなる。
 出土された遺跡の名前は、やはり覚えがなかったが、チラシなどにあった白子川は、以前住んでいた所のすぐ近くに流れていた川だった。
 丸山東遺跡の石棒。男根の形をしていて、豊穣などの祈り、祭りの道具として使われたのではなかったかと、あった。これを見て、思い出したというか、やはり、最近まで知らなかったことと照らし併せてみたりする。
 縄文時代から人々の信仰を集めてきた石の神を、ミシャグジというそうだ。石棒はその信仰の象徴では、と言われている。
 「石神井」の地名の由来は、「石神」(しゃくじ、いしがみ)に由来すると伝えられていて、関連があるとのこと。むかし、村人が井戸を掘ったときに、石棒が出てきた…それを石神として祭ったのが石神井神社の始まりで、村の名前も石神井になったとか。
 実感としては、まだわかないのだが、この頃、ミシャグジという言葉をよく見るようになっていた。とくに諏訪のあたりのことを読んでいると。シャクジイの名前がミシャグジと重なるなんて。
 なぜ、今まで知らなかったのかしら。わたしは何を知っていると思っていたのか。けれどもおそまきながらでも、知ることができて、それらが重なることができて、よかった。
 常設展示ものぞく。こちらにも縄文土器などがあった。そして練馬大根、昭和のなつかしい暮らしなど。
 そのあと池淵史跡公園へ。隣接していて、ふるさと文化館の裏口が入口になっている感じ。裏から突然、公園が始まる。木々の中、まず藁葺き屋根の古民家(旧内場家住宅)へ。昭和戦前期の姿に復元したものだとか。中をざっと見て、それからお目当ての竪穴式住居跡へ。縄文中期(約5000年前)のものらしいが、復元などはされていなく、柱のあった穴の上に丸太を模したものを5本ならべている。すこし味気ない感じがしたが、事前にこうしたものだと情報を得ていたので、がっかりはしなかった。跡地はほんの少しだけ地面が高くなっていて、古墳のようだなと、時代が違うのに、そんなことを思った。そういえば、確認しなかったけれど、ほかに庚申塔などもあったようだ。縄文、中世、明治が混在している。そう言葉でつぶやくと不思議な場所にいるのだなと、あらためて思う。幾千年もの時は、たとえばこんなふうに感じることができるのだ。台風のせいか、人もほどんどいなく、静かだ。

null

 このあと、三宝寺池のほうに行きたかったのだが、駐車場などの関係で、時間がなくなってしまったので残念ながら帰ることにした。石棒は三宝寺池の畔から掘り出されたとの説もあるとのことで、見てみたかった。第一、石神井公園にきて、水を見ないで帰るなんて。池淵という名前のところにいたのに、そこからも池は見えなかったし。
 車に乗って帰路に向かってすぐに雨脚が強くなった。ほとんど土砂降り。池の水ではなく、雨水に出会ってしまったなあと少しおかしくなる。車で来られてよかった。遺跡公園にいるときは天気とが保ってくれてよかった。
 うちに帰って、栃木県の縄文土器片、以前に購入したものをまた眺めてみる。雲母がすこしばかりキラキラして。場所も時代も違うけれど、展示室にあったものたちを思い出す、こうしてよすがになるのもうれしい。
 翌日は台風一過の晴れ。セミの声はまだ聞かない。いや、わたしが知らないだけで、どこかで鳴いているのかもしれない。


posted at 00:46:27 on 2018-07-30 by umikyon - Category: General

Comments

mySQL error with query SELECT c.citem as itemid, c.cnumber as commentid, c.cbody as body, c.cuser as user, c.cmail as userid, c.cemail as email, c.cmember as memberid, c.ctime, c.chost as host, c.cip as ip, c.cblog as blogid FROM nucleus_comment as c WHERE c.citem=7902 ORDER BY c.ctime: Unknown column 'c.cemail' in 'field list'

No comments yet

Add Comments