Suigara-yama_OoazaHyo(Kyoko_Umino)

2018-08-26

連続ということ─縄文展のことなど

 台風の前の朝、バイトに出かけようと外にでたら、あざやかな朝焼けを目にした。鮮やかというよりも、すこし怖いぐらいだった。ああ、朝焼けは天気がくずれるという、天気に関することわざがあったなあ、「朝焼けは雨、夕焼けは晴れ」。その言葉を体感しているようでもあった。

null

null

null

 縄文展(二〇一八年七月三日─九月二日、東京国立博物館)。実はちょっと前…もう一ヶ月近く前になるかしら、出かけていたのだが、ここで書かないできていた。
 なぜなのか。自分でもなんとなくはわかるのだけれど、明確にはわからない。行ってよかったと思う。図録も買ってきた(よっぽど気に入った展覧会でなければ買わない)。
 なのに、なぜか書けないでいる。たぶん、縄文を美という観点からだけ見ていいのかしらというすこしの罪悪感のようなものを感じてしまっているからだと思う。だったら、どうみればいいのか、それも明確にはわからない。むろん、展覧会自体のコンセプトを批判するのではない。ただわたしの見方に、ぶれがあるというだけなのだ。
 一同にあつまった縄文土器や土偶、その他の出土品というか展示品というか。すごいなあと感じたし、感動したけれど、こんなふうに場所から切り離されて、それを見て、感動するだけでいいのかしらと、どこかで思ってしまう自分が、都度いたのだ。たとえば、縄文展の後に行った練馬区立石神井公園ふるさと文化館「石神井川流域の縄文文化」では、出土品に、縄文展のような華やかさはなかったけれど、まだ何かが切り離されている感じがしなく、心地よかった。おそらく、石神井という土地と、ということなのだろう。
 つまり縄文的なものたちを、美としてだけ観ることに、自分のなかで抵抗が兆してきたのだ。
 だったらどう見ればいいのか。いや、見て、それに感動していることはいい。その感動の原因を掘り下げるには、縄文の人たちの世界観を知らなければ…ということを感じているのだとも思う。
 煮炊きする土器が、なぜあんなにも装飾的なのか。土偶は、なぜあんなにもデフォルメされているのか。
 
 けれども「縄文展」で、縄文土器の違いを年代的に知ることができたのはよかった。約一万年のあいだに作られてきた土器には、時期、場所によって形や文様に違いがある。草創期〜前期(紀元前一一〇〇〇年〜紀元前三〇〇〇年)までは、概ねが、縄やへら、紐そのほかで、文様が施されていて、中期(紀元前三〇〇〇年〜二〇〇〇年)は粘土を貼り付け、鶏冠に見えたり、王冠に見えたり、様々な飾りを加えている、後期・晩期(紀元前二〇〇〇年〜前四〇〇年)は、描線で描いたり、いったん描いた縄文をすり消したりする技法が用いられている…。
 その一万年の違いが、展覧会の会場で、一同にみれたことは収穫だった。わたしは今まで、中期のもの、粘土で装飾を加えたものが好きだったし、今もそうだけれど、こうした違いを知ることで、前期のものたちも、別の視点から見ることができたことによって、土器につけられたあまたの文様たちに、なにか、惹かれるものが芽生えたのだった。
 また、《木製編籠 縄文ポシェット》(三内丸山遺跡、縄文時代中期)も、心に残った。これは小さくて(高さ約十三センチ)、ほんとうにポシェットとしかいいようがない、小さな網籠だ。針葉樹の樹皮で編んだものらしい。これに惹かれたのは、使い方などに多分、今と通じるものを感じたからだ。中にクルミの殻が入っていた。もちはこぶためという、このわかりやすさがよかった。縄文の人々が感じられるような気がしたのだ。
 わたしは美的にみることと、そうでないものの間で揺れ動いている。《顔面取手付釣手土器》(長野県伊那市、御殿場遺跡出土、縄文時代中期(前三〇〇〇年〜前二〇〇〇年))。底が平坦で、釣手があり、中央は穴が開いているので、灯火具として使われたという節が有力だけれど、よくわかっていないようだ。前面は釣手部分に柔和な顔が施され、真ん中に大きな穴がひとつあいていて、そこが身体のようで、土偶にも見える。だが、裏は釣手から装飾のない底部に至るまで、荒々しいような装飾、表で胴体のように見えた真ん中部分に今度は二つの穴があり、それが目のようで、中央にうねうねと走る装飾が鼻、仮面のようにも見える。また両側面は、メドウサのように蛇が何匹も生えるよう。つまり、表と裏で見え方がまったく違う。優しいもの、怖いもの。生と死、美しさと真逆なもの、これらが連続して、表裏一体で…。

null
顔面取手付釣手土器

 『縄文聖地巡礼』(坂本龍一・中沢新一、(株)木楽社、二〇一〇年)に、かなり《顔面取手付釣手土器》に似た《人面香炉形土器》(曽利遺跡出土、縄文時代中期、井戸尻考古館蔵)について書かれていた。そう、別のものなのだが、「縄文展」で見たときは違いがわからなかった。てっきり同じものだとばかり思って、後で図録と『縄文聖地巡礼』を見比べて、はじめて違いに気づいたのだった。見比べると、井戸尻考古館蔵の《人面香炉形土器》のほうが、裏のほうの髪の毛のような装飾がもっと蛇らしさが増している。
 「表は火を産む女神、裏は冥界の蛇の女神(キャプション)」、「縄文の人たちは、美人を見ても、同時にその後ろに蛇を見る感覚をもっていた(中沢)」。
 それは、生と死が連続していた、という世界観にも通じるのかもしれない。同じ本から。
 「縄文中期の遺跡群を見てみると、死者と生者が入り交じる状態をつくっていますよね。村の中央には墓地があって、空間的にも死者と生者が共存しているし、一日の時間のなかでも、昼間は生者の世界だけど、夜は死者が入り込んでくる(中沢)」。
 このあと、縄文後期から、死者と生者の分離が始まり、今に至ることが、述べられている。
 「不均質だった生者の世界は均質空間になり、死者の世界も観念的になって記号化されていく(中沢)」、人間世界と自然が分離されて、その上、一部の特権的な人間が自然の力を象徴し、その力を行使するようになっていくわけです(坂本)」。
 「縄文展」にいってから時間が経っているので、脱線しつつあるが、仕方がない。今『縄文の神秘』(梅原猛、学研M文庫)を読んでいる途中。こちらにも生と死の連関についての記述がある。「縄文時代の住居にはサークル状の遺跡が多い」。そのサークルの中心には石神というか、男根のような棒が立っていて、取り囲む放射状の石の部分には、遺骸が埋められていることが多いのだとか。「少なくとも一部のストーンサークルは墓場であったと思われる。直立した性器は墓場とあまり似合わしくないが、それはおそらく現代人の感想にすぎないのであろう。原始人の世界観において、生と死は深く結びついていたのであろう。人は死ぬ。しかしそれは再び生き返る。男性性器が再生のシンボルでもあったに違いない」。
 こうした記述を書き写すうち、土偶に女性が多いこと、妊娠をあらわす正中線や、性器の穴が見えること、そして土偶が壊された状態で出土されることが多いことなど、ふっと頭によぎった。たぶん、土偶にも、再生と死が深く関わっている。出産と埋葬。
 また「縄文展」では、数々の石棒、ストーンサークルや、ウッドサークルの木柱などの展示も見ていた。ごく簡単に。そのすぐ後に、たとえば石神井公園で石棒(石神)を見たことや、こうして本のなかで、それらに触れられていることで、関心が高くなったものたち…。もっとちゃんと見ておけばよかったと思った。けれども、気づかないよりはましなのかもしれない。これから、あの石の神たちを、感じるようにできますように。
 「縄文展」には、国宝になった縄文土器、土偶六点、すべてが集結するということも、見所の一つだった。ただし《仮面の女神》と《縄文のビーナス》は七月三一日─九月二日までの展示。そうだ、わたしはおそらく夏休みに入るし、六点すべてが集結したあとは、ずいぶんと混むだろうと、わざと二つの展示がないうちに出かけたのだった。ずいぶん前に出かけた「国宝 土偶展」(東京国立博物館、二〇〇九年十二月一五日〜二〇一〇年二月二一日)はかなり混んでいたという記憶もあったから。
 展示のない国宝たちには、出会ったことがあったから。二つとも長野県の茅野市尖石縄文考古館で、見たことがあったのだ。大切な展示として、異彩を放っていた。あの思い出があるから、連れてこられての展示は、別に見なくてもいいと思ったのだった。
 とはいえ、国宝二体、見られるものなら、見たいという気持ちもあった。ただ、「縄文展」は、会期初めということもあってか、思ったよりもすいていた。そのことが《縄文のビーナス》を見なかったことへの、すこしだけ、なぐさめのようなものになっていた。
 けれども展示もないのに、素焼きの《縄文のビーナス》の貯金箱、なぜか買って帰ってしまった。本物の雲母のキラキラとした感じもなく、均等な質感に、ちがう、まがいもんだと思ったのに。わたしは、どっしりとした、妊婦を表しているのであろう、あの体型、そしておだやかな表情が、ずっと心に残っているのだ。しかも貨幣交換という概念がなかった縄文(貨幣という記号ではなく、贈与的な意味合いが多い、不均衡な交換が行われていたらしい)の土偶に、お金を入れるなんて…。すこし後ろめたいような気もしたが、お金を入れることで、ほんのすこし、力をもらいたかったのかもしれない。今、少しづつ、お金を入れている。ちゃりん。

null

 生と死が連続している。いや、おそらく、さまざまなものたちが連続しているのだ。花たちが、鳥たちが、このごろ、とみに愛おしい。
 バイト先から帰る途中に、よく橋を渡る。橋の向こうは国分寺崖線がつくる崖で、湧き水が流れていたり、不動の滝があったりする。
 橋の上で、カラスの死骸を見た。ああしたものは、このごろは、すぐに片付けられてしまうものだが、なぜか、そのままになっていた。車などで轢かれつづけてしまううち、死骸と認められなくなったのかもしれない。数日、姿がわかった。潰れ具合が増して、押し花みたいになって、最後は黒い影のようになっていった。
 同じ橋の上から、数日前、カルガモの子供たちが、群れをなして泳いでゆくのを見た。親よりも、すこし小さい、だいぶ成長している。
 『縄文の神秘』に、「柱と橋はこの世とあの世の通い路か」という見出しがあった。『丹後風土記』に、天橋立は、かつては柱としてあったが、神様が眠っているうちに倒れてしまって、橋になったという記述があるそうだ。「まさに柱こそは天と地の架け橋であり、そこを通って、かつては神々と人間たちは自由に行き来していたのである」。そして、死者と生者たちも。ここでは古典芸能の能の「橋懸り」についても触れられている。「楽屋と舞台がつながれているが、あの橋懸りこそ、この世とあの世をつなぐものに他ならない」。
 この夏は暑かった。セミの声もいつもより、少なかった。わたしが住んでいるマンションの渡り廊下に、力尽きて横たわる数々の虫たち、こがねむし、セミ、たまにカブトムシたちに出会うのだが、今年はそれも例年よりも少なかったような気がする。絶対数が少なかったのだろうか。
 昨日、すきなヒグラシが、横たわっているのを見た。ほかのセミに比べて小さい。カナカナという声もあまり聞けなかったなとぼんやりと思った。

null


posted at 16:22:37 on 2018-08-26 by umikyon - Category: General

Comments

No comments yet

Add Comments

:

:
: