Suigara-yama_OoazaHyo(Kyoko_Umino)

2019-03-20

穏やかな田んぼと木琴バード

 ユキヤナギが咲いている。ハナズオウ、エリカ、猫の毛みたいな蕾のハクモクレンも厚みをおびた花を咲かせた。
 梅はおわり、ヒカンザクラがさき、ソメイヨシノも蕾をほころばせている。
 大好きな春だというのに、また少し体調がおもわしくない。仕方ない、ほとんど持病になりつつある、この身体に巣くったものと、付き合っていかなければ。

 三月十六日の土曜日、國學院大學博物館にいってきた。企画展として「神に捧げた刀─神と刀の二千年」(二〇一九年一月二十二日─三月十六日)が開催されていて、その最終日だった。わたしは刀剣にはあまり興味がないので、連れのお供で。けれど、あの常設展示の考古部門が観たかった。この博物館は、縄文土器や土偶、石器類がかなり充実している。
 最後に行ったのはいつだっただろうか。
 二年ぐらい前だったかもしれない。「特別展 火焔型土器のデザインと機能」(國學院大學博物館 二〇一六年十二月十日─二〇一七年二月五日)。それから少しリニューアルしたようだ。若干レイアウトが変わっていて、前回なかったミュージアムショップが出来ていた。それと、テレビなどで紹介された影響なのか、ものすごく混んでいた。観覧料が基本無料という点に変わりはないので、理由はやはりテレビで取り上げられたからなのだろうか。前回も、その前も、ものすごく空いていたので、今回の混雑にびっくりした。
 わたしたちがあらかた見終わったあとで、企画展の、刀剣を間近にみるルートというのが、長蛇の列になったのは、さらに驚きだった。団体がきたようだった。バスツアーとか何かなのだろうか。
 空きすぎていたときは、こんなに空いていていいのだろうかと不安になったけれど、勝手なもので、ここまで混んでしまうと、困ってしまう。ただ、企画展のコーナーだけが混雑していて、常設はそうでもなかったので、わたしとしては落ち着いてみることができたのだが。

null

null

 常設は縄文前期、中期、後期、そして弥生時代、古墳時代と続く。縄文時代の展示は土器、石器、土偶、石棒など。わたしの好きな縄文中期の装飾的な土器たちと再会する。
 石棒(石神)の展示は、石棒を真ん中にして、土偶や土版などをそのまわりに囲むように置いてある。棚がガラスで、下に鏡がはりめぐらされていて、裏面も見ることができるようになっていることも手伝って、万華鏡的に、石棒を中心とした、祈りの宇宙が拡がってみえるのに、心ひかれた。ストーンサークル。
 ミュージアムショップで、土偶と縄文土器の絵ハガキを一枚ずつ購入した。

null

 國學院大學博物館、最寄り駅は渋谷だが、地下鉄の表参道駅からも行ける。行きは表参道から、帰りは少し寄り道したので、隣の明治神宮前駅に出た。このあたりは前も書いたが、以前近くに住んでいたこともあって、なじみの場所のはずなのに、ちっとも土地勘が働かない。六本木通り、外苑西通り、表参道、自転車で通っていたというのに、どこも同じように思えてしまい、方角もわからなくなってしまう。かつてよく買い物をしたスーパーマーケットもなくなってしまっていたから、なおさらよそよそしい感じがする。
 明治神宮前駅、というか、原宿に近い表参道のあたりまできて、ようやく知った場所といった感覚がもどってきた。
 葛飾北斎が《富嶽三十六景 穏田の水車》で描いたのが、この付近だったという案内板がこのあたりにあったなあと思ったら、すぐに遭遇した。この道のしたに渋谷川が流れ、田んぼが拡がり、水車があって。だが、ここ表参道には、見事なまでにあとかたもない。息が詰まりそうだ。明治神宮の森まで行けば、一息つけるのかもしれないが、そこにゆくまでもなく、地下にもぐって、電車に乗った。

null 

 先日、「モッキン・バード・ヒル」という曲を聴いた。曲名だけはなんとなく知っていた。モッキンバードというのは、鳥の鳴き声だけでなく、ピアノや犬の声までもまねる鳥のことで、和名がマネシツグミ。
 アメリカのスタンダード曲で、日本語版でも、みんなの歌などで紹介されているらしい。
 わたしは今まで、「モッキンバード」というのは、「木琴バード」と書いて、木琴のような声で鳴く鳥のことだと思っていた。なら、「木琴鳥」じゃないか、木琴のあとにバードと続くのはおかしいじゃないかというツッコミを自分にすることなく、ずっと。
 今までの自分の思い違いも、なんだか、おかしかったが、まねするのなら、きっと木琴のような声でも鳴くのかもしれないなあとも思った。
 「モッキン・バード・ヒル」は、でも、とてもいい曲だ。今まで聴いたことがなかったけれど、すぐにメロディーを憶えてしまった。
 シジュウカラが遠く、高い空で鳴いている。まもなくウグイスの声も聞こえるだろう。


posted at 18:25:01 on 2019-03-20 by umikyon - Category: General

Comments

No comments yet

Add Comments

:

:
: