Suigara-yama_OoazaHyo(Kyoko_Umino)

2019-07-30

水のある処(コ)たち─古代蓮、水子貝塚公園

null

 ようやく梅雨が開けた。陽射しが恋しかったが、肌に絡みつくような暑さも一緒についてきた。そうなのだ、恋しい陽射しには、きつい照りつける夏という要素が一緒についてくることを忘れていた。ばかだなあと思う。両方そろってこその夏なのだ。
 まだ梅雨明け前の日曜日、埼玉県行田市の古代蓮の里に、蓮を見に出かけてきた。
 蓮の開花期の六月十五日から八月四日までの間、売店や古代蓮会館などの施設が、早朝開花する蓮に合わせて、営業を午前七時からにして、駐車場も有料になる。なんというか、その間中、長い蓮祭りのような感じになるのだった。
 古代蓮は、一四〇〇〜三〇〇〇年ぐらい前の種が、昭和四八年に偶然発芽したものが元になっている。古代蓮は行田蓮と呼ばれ、行田市の天然記念物に指定されている。この蓮は、なんと長生きなのだろう。長い時を経て、眠りから覚めた蓮たちに圧倒される。
 蓮の花の開花期間は、あまり長くない。四日間ぐらいの命だとか。そして午前中には花を閉じてしまう。その花の開花時間、開花期間の短さと、古代蓮というありかたのギャップも興味深い。

null

null

 ここ数年、毎年のように出かけている。水が好きだから、水の中から咲く花が好きなのだろうか。いつも蓮や睡蓮などに惹かれる自分に自問する。さらに時というものを考えさせられ……。いや、蓮はともかく大輪の花を静かに咲かせそこにある。午前中だけ、朝の早い時間だけ。そのはかなさと生命力に……、理由を推測することはむずかしい。そのどれも一因ではあるだろう。ただただ、蓮に惹かれる。だが、たとえば上野の不忍池の蓮とかも好きといえば好きだが、この行田の古代蓮に特別な思い入れがあるのは、やはり長い眠りから覚めた子たちだからだろうか。
 開花期間は六月中旬からだけれど、七月の中旬ぐらいが特に見頃だったらしい。わたしが出かけた七月の下旬は、少し盛りをすぎた感じ。とはいえ、まだ咲いている蓮も多く、つぼみもあり、花びらが散って緑の花托になったものと、三種の様態が見ることができて、そのこともかえって良かった。なにか、ここにもやはり時や一生のようなものを投影させてしまうのだった。
 この日も雨がぱらついたのだが、その雨が、蓮の葉にたまって、いや、朝露といっしょになって、露の珠たちを、あちこちでつくっていて、それが輝いてみえたのもうれしい驚きだった。

null

 先にも書いたが、蓮は午前中にはもう、花をすぼめてしまう。見頃である時間は午前七時から午前九時と早い。だから例年遅くとも九時前には着くようにしていたのだが、この時はすこし遅くなってしまい、午前九時四〇分ぐらいになってしまった。一番美しい開花状態を少し過ぎた……。けれども、雨のおかげだったのだろうか、いつもより開花状態をながく保ってくれていたような気がする。そして朝露。これも朝早くでないと、本来ならほとんど残っていないのだが、雨と混じって、十時を過ぎでも、あちこちに溜まっていてくれたことがありがたかった。つぶつぶ、ころころ、きらめいて。長い梅雨も、いいこともあるのだなと、蓮たちを見ながら思う。
 だが雨もよいの天気のせいか、蓮のまわりに飛び交う虫たちをほどんど見なかった。代わりに蛙を発見。それとオタマジャクシも水の中に。蛙を見るのは久しぶり。

null

 苑内の蓮たちを一通りみた後、十一時前だったか、すこし早い昼食を。ここの売店のうどんはコシがあっておいしい。せっかくだからと蓮根入りのものを頂く。行田市のご当地グルメというのだろうか、ゼリーフライとフライも食した。そして物産などを少しみて、行田を後にする。いつもなら、近くにあるさきたま古墳群に立ち寄るのだが、この日は別に行きたいところがあったので。

 家への帰り道、ルートを変えて、埼玉県富士見市の水子貝塚公園に寄ったのだ。古墳時代よりもさらに昔へ。古代蓮の眠っていた頃にも重なるだろうか。縄文時代としては時代は重なるだろうけれど、水子貝塚自体はもうすこし古いもの。縄文時代前期から中期にかけての遺跡で、国の史跡でもある。公園には、復元した竪穴式住居跡があり、展示館と資料館がある。展示館では貝層や、竪穴式住居跡の発掘当時を再現した展示がおこなわれ、資料館では、縄文時代を中心に、旧石器時代から平安時代までの遺物が展示されている。 わたしは小学校から高校ぐらいまで埼玉に住んでいた。この富士見市はおとなりの市。なのに、今まで行ったことがなかったし、存在も、うろおぼえに聞いたことがある程度だった。その頃は縄文時代に興味がなかったから。わたしが住んでいた市、夏などに避暑におとずれていた川岸の小高い小さな林、そこも貝塚だったということに後年、というか最近気づいた。しらずに中学生、高校生のわたしはそこで憩っていた。夏にはキツネノカミソリが咲いていたっけ。

null

 縄文時代に興味を持つようになって、ぜひ水子貝塚公園には行ってみたいと思っていたので、行田の古代蓮の里から、帰り道をほんのすこしルートを変えることで、寄ることができるとわかって、訪れたのだった。
 復元した竪穴式住居のある公園は芝生もあるので、遺跡というより、ほんとうに公園といった感じで、親子連れ、子どもたちが多く、あちらこちらでボール遊びなどをしている。遺跡という空間と日常的な憩いの場であることの均衡がとれていないようだった。あとで案内してくださったスタッフの方に聞いたのだが、竪穴式住居に、サッカーボールなどが当たることもあり、それを修復するのも大変なのだとか。

null

null


 展示館に水子貝塚を紹介する上映があった。海のない埼玉だが、約六〇〇〇年から五五〇〇年ほど前の縄文時代前期中頃には、水子貝塚の周りは縄文海進で海だったという。
 わたしが小学生の時にも、やはり同じようなことを学校の授業で聞いたことがある。当時わたしが住んでいたところの付近も、同じぐらいの時期には海だったから、今でも海抜が五メートルぐらいしかなく土地が低いと、習った記憶があるのだった。海のない、内陸なのに海辺のような海抜の低さに、不思議な印象をもった。貝塚も近くにあるといっていたが、当時は縄文時代には興味がなかったから、ただ貝が埋まっているんだ、海だったんだなあと、そのことにだけ意識を向けていた。水辺に対する関心は子どもの頃からあったから。
 子どもの頃に縄文時代などに、興味を持っていたならばと少し思う。そういえばクラスの男の子たちなどは、どこかで縄文土器のかけらなどを発掘してきていたっけ。けれども、今、縄文時代のあれこれに惹かれるようになって、遅かったかもしれないが、気づくことができて、それはそれで良かったとも思う。
 今回も水子貝塚公園に来ることができて感慨深かった。ここでも貝塚には、貝や骨のほかに丁寧に埋葬された女性、狩りなどで相棒だったのかもしれない犬などの骨も発見されている。再生の場だったのかもしれないし、生と死が分断されきっていなかったからかもしれない。遺棄するという観念も稀薄だったのかもしれない。連続性を持っていた…。水子貝塚は地点貝塚(住居跡が貝塚になったもの)と竪穴式住居で、ドーナツ型に構成されている。中央は広場として、祭りや共同的な作業などで使われていたのではとのこと。復元された竪穴式住居の一つの中に、縄文人と犬がいるみたいなのだが、わたしが行ったときは、虫の駆除中だったかで入れなかったのが少しばかり残念だったが。
 土器などが展示されている資料館には、水子貝塚だけでなく、富士見市の遺跡から発掘されたものたちが展示されていて、旧石器時代のやじり、縄文前期から中期ぐらいまでの土器が思ったよりも多く展示されていて、それがうれしかった。縄文時代早期の縄で文をつけたもの(まさしく縄文の名前どおり)、幾分装飾的な加曽利式の中期のもの、そして県の指定有形文化財になっている、羽沢遺跡出土の中期(約四五〇〇年前)のもの。これは愛称がムササビ土器という。口縁部のおそらく前面に動物の顔、後ろに尾っぽのようなものが施されている。ムササビと名前が付いているが、おそらく顔は猪で、尾っぽのように見えるところは、人間の眼なのではとのこと。猪と人間が向かい合っている……。なにか山梨あたりの土器と似ているなあと思ったら、キャプションに「この土器と同じ「猪」の装飾の付いた土器は、(中略)甲府盆地から相模原台地、多摩丘陵が分布の中心です。また胎土には甲府盆地の土器の特徴である金色の雲母を含んでいます。これらのことからこの土器は甲府盆地周辺からの搬入品と思われます」とあった。動物と人間が近しく向き合っている。造形的にも印象深かったが、そのことも惹かれる一因だったのだろうか。

null

null

 そういえば、「水子」という地名。水子貝塚を紹介する上映や、小冊子に載っていたのだが、「コ」という音は、場所を表わし、「ミズコ」で、「水があるところ、水がわきでるところ」という意味なのだとか。このあたりは今も湧水があり、小さな川も流れており、当時はもっと水に恵まれた場所だった。近くに住んでいたのにと、このときも思った。水辺が好きで、あちこち探していたのに、知らなかったのだ。水がおおい所という地名だったのに。そして、此処、彼処、何処、この「コ」も、場所だったのだなあと、「コ」という音に思いを寄せる。
 そうして、車で帰路へ、朝早くから出かけていたので、帰ってきたのも比較的早かった。午後五時前。うちの近くの湧水が流れる崖、高くなったあたりを眺める。ここも縄文の頃には人が住んでいたのだ……。雨が上がっていた。


posted at 00:01:00 on 2019-07-30 by umikyon - Category: General

Comments

No comments yet

Add Comments

:

:
: