Suigarayama_OoazaEngland (南川優子 Yuko Minamikawa)

2018-03-20

テート・リバプール

到着翌日、アルバート・ドックの一角にあるテート・リバプール(Tate Liverpool)で一日を過ごす。テート・リバプールは、ロンドンにあるテート・ギャラリーのリバプール版。テート・ブリテンやテート・モダンに比べると規模はずっと小さい。訪問は二度目。今回の主な企画展は、イギリスのアーティスト、ジョン・パイパー(John Piper)。アメリカのアーティスト、ロイ・リキテンスタインの作品展示もあった。

ポップな感じの正面入口。

テート・リバプール

リキテンスタイン展のフロア。

テート・リバプール リキテンスタイン

ジョン・パイパー展でとったメモと、美術館カタログからの切抜きで作成したスクラップブックのページ。

ジョン・パイパー スクラップブック

posted at 00:29:28 on 2018-03-20 by yuko - Category: General

Comments

とつか wrote:

明確な目的があってのリバプール旅行だったのですね。(*^_^*)

しかしメモが英語! 英国生活長いですもんね〜
2018-03-20 13:19:22

yuko wrote:

英語の部分は作品名や画材なので、英語で書くしかないのです。なので、日本の美術館では日本語。
2018-03-23 03:07:09

Add Comments

:

:
: