Suigarayama_OoazaEngland (南川優子 Yuko Minamikawa)

2018-04-03

ポート・サンライト

チェスター訪問の翌日、ポート・サンライト(Port Sunlight)へ。リバプールから電車で十五分ほど。このヴィレッジの存在を知ったのは、昨秋地元レッチワースのギャラリーで鑑賞中、言葉を交わした女性との会話で。このヴィレッジは、ウィリアム・リーバとジェイムズ・リーバが興したリーバ・ブラザーズという石鹸会社の工員のために十九世紀後半に建設された。この家々は社員の住まいなのだそうだ。そこで「社宅」という言葉を思い出した。わたしも幼いころ社宅に住んでいたのだが、元はこういう発想から来ているのかな? (こんな立派な社宅じゃないけれど…。)歴史を知りたくなった。ちなみに町の名前Port Sunlightのサンライトは当社の石鹸の名前だったそうだ。

駅のサイン。
ポート・サンライト

ポート・サンライト

ポート・サンライト

ポート・サンライト

レディー・リーバ・アート・ギャラリ(Lady Lever Art Gallery)。リーバ家の美術コレクションを展示。
ポート・サンライト

クロッカスが咲いていた。
ポート・サンライト

posted at 05:33:38 on 2018-04-03 by yuko - Category: General

Comments

とつか wrote:

長屋ですね。(イギリスではよくあるのでしょうか?)

リーバブラザーズは現存し石けんは日本でも購入できますね。すごいことだと思います。(・o・)

この立派な建築を見るとコレクションの数は相当なものだったのでしょうか?
2018-04-03 08:40:29

yuko wrote:

お返事が遅れてごめんなさい。

こういう長屋はこちらでは terraced house と呼ばれていて、よく見かけます。

そういえば、日本リーバという会社もありましたよね? 正確な数はわかりませんが、展示部屋は30近くあって、かなり充実していましたよ。
2018-04-25 01:03:49

Add Comments

:

:
: