Fujimi_3_Haizara-Cho(Rinzo_Shimizu)

2019-05-23

今日は植樹記念日

昨日、オリーブの木のポット植えを買ってきたので、1本ずつで2鉢を植えようと思った。
ところがベランダのスペースの関係上、どうも具合が悪い。
置けるところはあるが風に倒れやすいので、まずそうだった。
そこで1鉢に2本を植えることにした。
さて、実がなるかどうか楽しみ。

19_05_23a

19:48:47 - belle - No comments

2019-05-22

夏の緑

今日はオリーブの苗を1本買ってきた。
これはウチにあるルッカという種類と違うので、2つ並べておけば実が成るはずである。
オリーブはけっこう丈夫だということはルッカでわかっている。
土はアルカリ性がいいので、苦土石灰を入れるといいと店の人が言っていた。
すっかり若葉は夏らしくなった。

19_05_22b

19_05_22a

園芸店ではリトープスのコーナーがあった。

20:47:16 - belle - 2 comments

2019-05-21

もう一枚を下塗り

この間下塗りしたものは、どうもしっくりこないのでもう一枚下塗りした。
塗り直さないでもう一枚にしたのは、前のアイデアで遊んでいればおもしろくなるかもしれないと思ったから。
新しいイメージは、絵的なアイデアなのでうまくいくかもしれない。

19_05_21a

今日はお昼ごろかなりの風雨だった。

20:36:16 - belle - No comments

2019-05-20

釣鐘草/絵筆を買う

花は、今は茉莉花[G]が強い匂いをあたりに発している時季で、写真の釣鐘草[G]も近所で見られる。
今年の園芸作業としてはオリーブ[G]ルッカ[G]というのを数年前にポット植えのものを買ってあって、実が成るにはほかの種類のが近くにないと駄目というのを聞いたので、2つの鉢に植えて並べておくというのをやろうと思っている。
通販サイトを見ているうちに、つい絵筆の購入ボタンをポチっとしてしまった。
細い穂先の筆が欲しいのだが、100円ショップで売っていたかもしれない。

19_05_20a

19_05_20b

20:23:25 - belle - 2 comments

2019-05-19

下塗りが乾いたのでラフな構図を描く

油絵の下塗りが乾いた。
モノクロの絵なので、ペインティングオイルに白を溶かして、イメージしていたものを描いてみた。
ここから細かく塗っていくが、また5日間乾かす。
プロの画家はたくさん並行して下塗りをしたキャンバスを乾かしているのかもしれない。

19_05_19a

17:59:18 - belle - 2 comments

2019-05-18

控えるパソコンケース

丈夫なパソコンケースだと、5年ぐらいして中身が劣化しても、中身だけ入れ替えて使いたくなる。
とくに気に入っているのがLian li[G]のアルミニウムケースだ。
あと数年は写真のケースは使わないかもしれないが、いずれ使うときがくるだろう。
現在の灰皿町のサーバもLian liのもので、USBインターフェースを2.0から3.0のものへ付け替えたりしてメンテナンスして10年以上は使っている。20年使えるかもしれない。

19_05_18a

22:33:30 - belle - No comments

2019-05-17

パソコン用マイク

このごろはデスクトップパソコンのマイクでは、USBカメラとセットでつなげるものが多いので、写真のような単独マイクはあまり使わないかもしれない。
というかずっとマイク自体ほとんど使っていない。でも掃除していたら出てきたので捨てるまでにはいかない。
ノートパソコンを録音機代わりの用途にするようなときがあるなら、ちょうどよさそう。
いちおう保存しておこう。

19_05_17a

20:57:55 - belle - No comments

2019-05-16

微妙な書類

断捨離していると、捨てるか捨てないか迷う書類など出てくる。
BBSのCGIのperlのソースや、Webページをプリントしたものなど。
とりあえず袋に入れて本棚に入れておくことにする。
下のものはブラインドの構造が書いてある紙である。プラインドは、手作業で取り替えるときなど、その構造を知らなければならない。
いざ必要なときに見つけるのに手間がかかる。

19_05_16a

16_05_16b

21:41:55 - belle - No comments

2019-05-15

下塗り遊び

F0サイズ[G]のキャンバスに絵を描いていこうと、まず下塗りをした。
これで5日ぐらいで乾かす。
塗るという作業もめったにやらないので、ちょっと新鮮。

19_05_15a

20:49:36 - belle - No comments

2019-05-14

画材

油絵はたいていの人がチャレンジした経験があるかもしれない。
僕の場合は白と黒を使ったもの。
絵を描く人は常々、構図などを想像しているのかもしれないが、僕はたまに絵にしたくなる構図・題材が浮かんだときに描いてみようと思うぐらいの感じ。
筆洗い液がほかの用途で使ってなくなっていたのと、ペインティングオイルもなくなっていたので近所で買ってきた。
アクリル絵の具はいただきものがあるので、これもそのうちやってみることにする。

19_05_14a

21:30:16 - belle - 2 comments

2019-05-13

読みやすい本の字組み

『カーライルの家』を見つけて、あっという間に半分読めた。
左は九鬼周造の『粋の構造』で、同じぐらいの字数を1ページに収めている。
これぐらいだと読みやすい。文庫判の折口信夫全集の一部を持っているが、註などが字が小さすぎて読みにくい。
しかし、かなり劣化したのでブックスキャナで電子本にしたら甦った。
はじめから下写真ぐらいの版面にしていれば読みやすいだろう。あるいは、自分の文章などを適宜プリントしたり少部数印刷したりする場合、これぐらいの版面でPDFにするといいかもしれない。
折から、文庫をオンデマンドで大きな字でプリントするサービスもいくつかの版元が始めたようだ。

19_05_13a

21:10:48 - belle - No comments

2019-05-12

覚えていない本が出てくる

書棚を整理していると、たまに覚えていない本が出てくる。
文庫本などより、四六判の単行本が多い。
写真の安岡章太郎の本も覚えていなかった。
2006年の本だが劣化していなくて、美品だった。
1ページ400字もない大きな字。読み出したらおもしろい。小林秀雄と丸山真男とカーライルに関するエッセイらしい。

19_05_12a

20:54:12 - belle - 2 comments

2019-05-11

F0サイズのキャンバスを買う

断捨離は進んで周りにちょっとスペースができてきた。
めったに絵を描きたくなることはないが、自分の書いているものに関連して描きたくなる題材があった。
通販でF0サイズという小さいキャンバスを買って、油絵を描いてみようと思う。

19_05_11a

22:42:14 - belle - No comments

2019-05-10

掃除用の刷毛を通販で買う

掃除の刷毛が見当たらないし、複数あってもいいなということで通販で買った。
長く本棚に置いて読まない状態だと、本に埃が溜まる。
おもに「天」の部分だが、たまに全体的に埃を落としたほうがいいようだ。
デスクトップパソコンも中に少し埃が溜まる。ただし、パソコンの場合、ケースファンなどの劣化も関係してくる。

19_05_10a

20:40:29 - belle - No comments

2019-05-09

日が長くなってきた

日が長くなってきて、夜も暖かい。
夏が近くのようだ。歳時記は晩春に差しかかった。
断捨離で、単行本などを書棚から出すと本の「天」の部分に埃が溜まっている。
箱も上部に埃が溜まるので、小さい刷毛で落とす。
ところが最近使っているものが見当たらない。写真は100均のものだがこれで十分。
とはいえ、なんとなく通販で刷毛を注文しておいた。

19_05_09a

19_05_09b

20:28:43 - belle - No comments