Fujimi_3_Haizara-Cho(Rinzo_Shimizu)

2005-08-31

SPAM入りチャーハン

昨日は、ユニテで飲んでいて、味噌汁などの話になった。
桐田さんの言うところによると、だし入り味噌というのがあって使っているらしい。
今日、ウチで確かめると京懐石という名前の味噌に「だし入り」と書いてある。今度機会があったら作ってみよう。

SPAMは塩味がきついので、昨日はチャーハンに入れて、味付けの塩を少なめにしたらうまくいった!
SPAMはチャーハンに向いているようである。

ツクツクホウシが鳴いている。夏の終わりの蝉だ。
12:34:26 - belle - No comments

2005-08-29

SPAMの缶詰

昨日二子玉川に行ったついでに、余興的にSPAMの缶詰を買ってきた。
おいしいのだが、どうも辛い。
でも今時、この缶詰は飾りになるような気もする。

05_8_29a

ラベルのようにパンにはさめば多少、辛さが緩和されるかもしれない。
後ろは『プログラミングPerl』の上巻。
21:16:35 - belle - 4 comments

2005-08-28

ようやく涼しい風

蜂は、デンドロビュームなんかに巣を懸けて大丈夫なのだろうか。
モッコウバラのほうがましのような気もする。しかし、幼虫は順調に育っているように想像できるので、蜂の巣にも役目を終える時間単位があるのだろうかと思う。

パームトップコンピュータが回ってきた(^^;;。
Windowsとだけやりとりできるので困るけど、ROMになっている部分があるのかもしれない。
データがデスクトップとシンクロするのは、rsyncみたいなのを使っているのかな。
14:12:31 - belle - No comments

2005-08-26

台風通過

05_8_26b

台風の風雨は夜中がピークだったようだ。
朝、流れる雨雲が地平に平行に見える。

05_8_26c

蜂の巣は大丈夫。モッコウバラではなくデンドロビュームに懸けられた巣だった。
数匹の蜂たちはおとなしく巣に張り付いている。
08:05:43 - belle - No comments

2005-08-25

封筒プリント

白い角5形の封筒に、カラーの絵をインクジェットプリンタでプリントしてみた。
古いイラストを入れて、うまくレイアウトできたときには、楽しい。
差出人の住所を書くのは面倒だし、そこにメールアドレスなんかも入れておける。

05_8_26a

プリンタを使うときは、モノクロですんでしまう。たいてい「読む」ものだからだ。
Linuxだと、ワープロ、OpenOfficeOrgのWriterでもプリントしてみた。
一歩進んで、「読む」ものから見栄えをよく多少「見る」ものにするというときには、Linuxではほとんど使っていなくていろいろと融通がきかないので、MacやWindowsのアプリケーションソフトからになる。
Windowsではミニ6穴手帳の用紙として使えるフリーのデータベース兼用ソフトがある。これを作っている方は、ものすごく手帳を愛しているのがよく伝わってくる。
ぼくはこれの住所録をプリントする機能を使って年に1回ぐらい作っている。紙のサイズは小さすぎて定型でプリントとはいかないが、うまく裏表刷れてあとで鋏で切る。それに、穴開けで6つ穴を開け、手帳に収める。小さい字で住所・電話などがプリントできるし、ほかにいろいろ便利なものを刷れるのでこれに凝っている方もいると思う。

封筒は町の印刷屋さんで、プリントしたものを納品するようなのもあるが、ずっと同じデザインになるし、郵便番号が形式が変わったりするので、そういうときに個人では不便だ。
カラーのイラストを入れると、なかなかきれいになる。ぼくの場合は、とりあえず、作っておいて満足(^^;;)ということなのだが。
封筒のプリントでは、頭からプリンタに入れるとひっかかるので、全体を逆さに作った。プリンタの方向替えは縦横しかない。定規を使って調べておいて、印刷位置がかっちり決まると嬉しい。
22:28:56 - belle - 2 comments

2005-08-24

蜂の巣

昨日よりはきれいに撮れているかな。
蜂が張りついている。

05_8_24a

デュランタ。

05_8_24b
20:04:13 - belle - No comments

2005-08-23

蜂が巣を作った

幼いころ、たまに足長蜂の巣を見た。軒先などによくあった。
1カ月ぐらい前に気づいたのだが、ちょっと足長蜂より小ぶりの蜂がベランダで巣を作っている。
だんだん大きくなってきて、蜂の数も多くなってきた。
よく見ていると、蜂の幼虫が頭を出したりしている。
この蜂の巣はモッコウバラの鉢植えの枝にできている。

05_8_23a

ピントがずれているかな。

23:39:00 - belle - No comments

2005-08-22

蔓巻き自転車

普通、自転車は1台を使っているが、珍しく昨日は2台出動した。
片方にヤマイモの蔓が巻きついていて、そのまま、街路に出た。
ちょっと異様だったかもしれない。

05_8_22a
20:26:45 - belle - No comments

2005-08-21

オベリスク

05_8_21a

定型の最大の封筒を10年ぐらいで使いきった。
郵便番号が3桁のみの時代に作ったので、ゴム印もそうだが、いつも書き足していた。
今度は角5形の封筒1000枚で印刷なしで1枚約8円というのを注文した。クラフト紙ではなく、ケント紙でできているというので、見るのが楽しみ。差出人住所は、ウチのプリンタで印刷してしまおう。
手紙は別だが、メール便というのがこのごろはあるので、文書の場合、大きさは定型に収まらなくても50gまで80円で送れる。それにコンビニに持っていってもいいし、取りに来てもくれる。
22:32:08 - belle - No comments

2005-08-20

式根・新島の旅--(20)

式根・新島の旅--(20)

十三神社の見事な山百合の花。

05_8_20a

ちょうど、先月南島の旅行記の本を読んでいて、ソテツのでんぷんを保存して食べるというような内容があった。
今年の旅は、とくに新島に着くと見慣れた家並みが続き、風景のなかに人間模様があってもいい、という感じになった。
でも実際には山に登ってないし、若郷のほうにも歩いていない。

05_8_20b
22:13:01 - belle - No comments

2005-08-19

自作ノートパソコンなど

ニューヨークの会社へドメインネームの管理料を払ってから気づいた。どうももう少し待てば、8ドルぐらい安くなるダイレクトメールが来たかもしれない。まあ、いいや。
構えてやれば、たぶんshimirin.netも自宅に移動できないことはない。いずれ自宅とはいわずとも、容量がいくらでもある領域にshimirin.netのほうも移動する機会があるかもしれない。

自作ノートパソコンの部品などについての相場を調べているうちに、いろいろ迷いが出てくる。
むしろいい椅子を買ったほうがいいかな、というのも長くゲームをやると疲れる椅子でゲームをやっているから。椅子を移動するのは面倒だし。と言いつつ、やはり今年も1台作りたい。
21:55:04 - belle - No comments

2005-08-18

ローマ

05_8_18b

立原道造の「あひみてののちの」などの短い小説が懐かしい感じがするのはなぜか、と考えているうちにこれは「夏休み小説」だから懐かしいのだと思った。
23:25:39 - belle - No comments

2005-08-17

凱旋門 隣接する多角形

凱旋門

05_8_17a

ポエムカードのことを考えていたら、正方形とか128角形とかさまざまなことが浮かんでしょうがない(^^;;)。
宮沢賢治六角形に隣接する辺に、山村暮鳥三角形というのはちょっとね。宮沢賢治に隣接する詩人はあまりない。宮沢賢治128角形なら、山村暮鳥三角形を隣接させてもバランスがとれるような。
23:03:32 - belle - 2 comments

2005-08-16

コロッセオ 数字の上の空間

05_8_16a

なんか突然新島がヨーロッパの写真に変わっちゃったようですが、新島も続けますので(^^)。
コロッセオ。

ポエムカードを考えているうちに、たとえば2000番台に、「宮沢賢治六角形」を作ろうと思った。つまり2100から2106までを賢治のカードとする。
また、淵上毛銭、小川芋銭、とあとひとりで1枚ずつの小さな三角形を作る(小川芋銭は著作権が切れていないかな?)。
なんとなく数字の上の空間、数字の上の星座に興奮してくる。
22:21:21 - belle - No comments

2005-08-15

ノートルダム寺院 旅の土産

05_8_15a

妻と息子夫婦は、デジカメでだいぶ写真やビデオを撮ってきた。ノートルダム寺院。

05_8_15b

Mちゃんが買ってくれたチョコレート。ビターなのが好きなので、おいしい。

05_8_15c

ペンケースはぼくには消耗品に近いが、もらったのは頑丈そう。ワニ革だろうか。

05_8_15d

ミケランジェロのダビデのパンツ。ふだんははけません。
21:46:55 - belle - No comments

2005-08-14

封蝋 ベネチアングラス

妻たちがイタリアなどヨーロッパに行っていて、明後日帰ると思っていたら今日帰ってきた。
詳細な旅程表があったのに、よくチェックしていなかった(^^)。

というわけで夕食作りは、とりあえずは終わりだろうか。食事作りってのは年季が必要ですね。
イタリア土産として、息子が封蝋を買ってきた。フィレンツェの古いものを扱う文房具屋さんで、売っていたとのこと。ポエムカードの封印に使ってみよう。

05_8_14c

ゴム印みたいなので、下の蝋を溶かして落とした上に押すと、格好いい封蝋になる。左はベネチアングラスにグレープフルーツジュースを入れたところ。ゴム印みたいのは金属の押し型。

05_8_14d

アルベロベッロ産の灰皿。灰皿にはよく町並みが描かれるのがあると思う。
21:19:39 - belle - No comments

2005-08-13

スーパーで雷 ポエムカード

今日はスーパーに入っている時間に、雷が鳴り、にわか雨が降った。
滝のように降る雨に、買い物客は出られずに入口あたりで携帯で電話したりしている。
ぼくは里芋の煮っころがしを作っている最中だったので(火は止めてある)、急いで帰るためにスーパーで380円の傘を買った。

今日、ポエムカードが3種類印刷所から届いた。ポエムカードというのはぼくが考案したもので、ナンバーを振ってある。できてきたのは1番から3番まで。20番までとりあえずいきたいが、できたら100番以上いきたい。これはまったくぼくの趣味で作っていく。
これはグリーティングカードみたいなのも兼ねるが、詩人本人の好きな短い詩、というものを番号の下に印刷してある。1番が桐田真輔さん、2番が田中宏輔さん、3番がぼく。
NTラシャの厚い紙に印刷して、横175mm、縦180mm、ほぼ正方形である。ただ、4番以降は3枚ぐらいずつ紙も色も変わる。フルカラーが多くなると思う。1番から3番までは2色を使っているが、藍色の紙に白を塗りその上に若草色みたいのをのせてある。
サインは白色のペンでしたが、サイン入りのカードをぼくも作りつつ集めたいという寸法だ。

05_8_13b

初め好きな数字のとびとび番号でやろうと思ったが、いつか頓座したら連番ではなくなるので、初めから埋めていくことにした。早くいえば、番号は大きなサイズのページ数ということになる。
デザインはデザイナーに任せると思っていたが、自分でテスト的にやることにした。
数字だけがLinuxから出力してある。少し数字をぼやかせるためにLinuxのスケーラブルフォントをPostScirpt type2に保存してMacに移動させた。

05_8_13c

なんとなくまたサーロインステーキ。とはいっても、540円の半額売りなので安い。里芋が昨日使ったのが余っていたので煮っころがし。
煮っころがしはなんとなく、醤油、砂糖、みりん、日本酒を入れて煮た。
22:24:33 - belle - No comments

2005-08-12

惨澹たるオムライス 式根・新島の旅--(19)

今日は、オムライスを夕食にすることにした。というのも、昨日3合の米を炊き、今日のお昼にチャーハンかオムライスにしようと思っていたのだが、お昼ごろ所用があり出かけた。
たぶん、ごはんは3日が賞味期限だと思っていた。
昨日、錦糸卵がうまくいったので、フライパンの上に平らに卵を敷くことはできるはずだ。
じつはたまにオムライスはつくっている。テレビでよくやるたいめい軒のオムライスのようなのができないだろうか、ということだ。
それにまた豚汁。これは豚コマを128円ぐらいのを買ったら、一昨日は半分使えば十分だったから、これを消費する料理を思い付かない。豆乳を買いに行くついでに、里芋も買ってくる。
里芋を拍子木に切り、豚コマをさらに細かくして、葱を刻み、昆布でだしをとりつつ入れていく。豆腐は今日使い切ると思って取り出すと、なんと凍っている。凍った豆腐って困ります。
凍ったまま切ってほうり込む。ひょっとしてこれは真冬に食うもの?
オムライスは、玉葱を切り、人参を切って、ケチャップライスをまず作る予定だったが、ケチャップが冷蔵庫にない! すぐ方針転換、中華だしがあったので、これはチャーハンのときに使うので、これでよしとしよう。
卵を別のフライパンで平らにして、その上にチャーハンをのせてさらにポンとのせると、うまくいかなくて写真のようになった。味はとてもいい!

05_8_13a

今日は、午後秋葉原にも行った。駅前でメイドの格好をした女のコが何か配っている。なんか可愛いね。それで思い出したのが、昨日テレビで「電車男」を見たけど、伊東美咲ってあのエルメスの役をやってからきれいになったように思ったこと。
目的はノートパソコンのベアボーンとノート用のCPUの相場など見ることだったが、ぼくがよく行くところは店頭になく、ちょっと中途半端。

式根・新島の旅--(19)

十三神社。毎年行く。そして人がほとんどいない。今年は珍しくビキニ姿のおじょうさんが2人いた。

05_8_14a

これも恒例の亀の写真。

05_8_14b
20:15:32 - belle - 6 comments

2005-08-11

マグロ切り落としごはん 式根・新島の旅--(18)

錦糸卵というのは、作ろうとするとすぐぐちゃぐちゃになってしまう。
というのも、昨日と今日お昼ごはんで、なぜか酸っぱいものを食べたくなったので、冷やし中華にしたときのことだ。1個の卵を溶いて、フライパンに平たくするともうくっついて取り出せない。それで、もういいや、ということでぐちゃぐちゃにしてしまう。
今日はインターネットで学び、2個の卵を3回に分けて平らにして、写真のとおり摘んでなんとか平らなままで皿に移すことに成功。きゅうりは一昨日買ったのは5本あるので、少なくとも1食に1本使わないと鮮度が落ちる。結局2日続けて大盛り冷やし中華を食べて、夜おなかがすかない。

というわけで、8時過ぎにスーパーに行くと西瓜が半額になっている! そういえば、毎年この時期、半額西瓜を食べるような気もする。128円で3切れなので、買いやすい。
マグロの切り落としが100円引きなので、これをおかずにすることにした。

05_8_11a

あと1品つくれば、という感じ。
朝食のパンをパン屋さんで買ってきた。小さいフランスパン1つと、チョコレートなんとか。
このパン屋さんの店名はドイツ語だ。なんとかベッカライ。ベッカライとくるとライ麦も思い出すし、いい名前だ。カオスと散歩の途中、お嬢さん奥さま(お嬢さんがそのまま奥さんになったような感じ)に何度か道を聞かれたこともあるぐらい遠方から客が来る。
先日スーパーで買ったパンの味がもうひとつだったために、一度試してみようと思った。

式根・新島の旅--(18)

民宿・吉田屋の玄関の前にはブーゲンビレアの大株がある。
一昨年もこの宿に泊まって、この花を撮ったはずだ。

05_8_11b

近所のブルーベリー(?)が実をつけつつある。

05_8_11c
20:46:59 - belle - No comments

2005-08-10

夕食 式根・新島の旅--(17)

今日はまた夕食を作った。
サバの塩焼きと、豚汁。
サバの塩焼きは前にインターネットで学習ずみ。厚い部分に切り込みを入れ両面塩を振って10分ぐらい置く。
サバを焼きながら、豚汁を作った。というのもネギと豆腐があって、まあ魚と肉ということで。
本当はサトイモなど入れたいので、冷蔵庫を漁ったら、8月6日が賞味期限の白滝の小さく結んだのがあった。こんなの、入れるか? と思ったが余興だという感じで入れてしまったら、けっこう違和感がなかった。
米だけはウチは、なんとか産コシヒカリとかいうので高いのを備蓄している。おいしく炊けた。左は、豆乳。飲むのがくせになったようだ、1日1リットル飲んでいる。こんなに飲んでいいのだろうか。

05_8_10a

Windowsマシンを起動したら、息子たちの南米の旅の写真があって、氷山があった。涼しげなので載せてみる。

05_8_10b

式根・新島の旅--(17)

05_8_10c

むんむんと湿気の多い空気にある夏の木。
ホルトノキの種類かもしれない。

05_8_10d

さっそく前浜で海水浴。
20:59:00 - belle - No comments

2005-08-09

式根・新島の旅--(16)

式根島のおみやげでは、エボダイなどを練りものの材料にしたような、ぐちゃぐちゃのものが冷凍して売られていて(名前失念)、これにしようと思ったが、持って帰るときに宿の冷凍庫を借りたりしなければならないので、海藻の乾物にした。帰ってサラダにして食べるとおいしかった。
新島の宿・吉田屋で撮ったもの。

05_8_9a

抗火石の町並みは、毎年行っていると親しいものになってくる。渋谷駅のモアイ像が新島の抗火石でできているようだ。
式根・新島の玄武岩は黒っぽい。抗火石も年月の作用によってだんだん黒っぽくなってくるようである。火に抗う、という名前からすればまた重さからいえば優れた材料なのだろうが、花崗岩のような変色の仕方をしない。建築材料としては、そこに工夫が必要なのだろう。しかし独特の趣きがある。

05_8_9b
22:07:34 - belle - No comments

2005-08-08

今日のレシピ

今日もまるで昨日のコピーのような三食。
いつものカメラを貸しているので、古い機種で撮ったけど、品質は変わりないですね。
朝食は、ライ麦なんとか、というパン(6つ一袋)を買ってきて、賞味期限が10日のウインナソーセージがあったので、真ん中を切ってマーガリンをつけて、挟む。
グレープフルーツは5個380円ぐらいの。半分置いといてもしょうがないので、1個食う。グレープフルーツはあたりはずれがあるというけど、やはりジューシーなのは1個100円ぐらいするのかな。
朝食は昨日よりちゃんとしている。

05_8_8a

昨日ひとつ使った皿うどんを昨日と同じ方式で作る。今日はキャベツとともに昨日のあまりのもやしを入れてみた。
たぶん、これに薩摩揚げを細かく刻んだのと、かまぼこを細かく刻んだのを入れれば、さらによいと思う。

05_8_8b

夕食は、ちょっと失敗したのは、昨日の残りの1枚の牛肉を冷凍してしまったこと。チルド室に入れないと味が落ちることがわかる。
ごはんは3日前から保温してあるもの。
みそ汁は、豆腐を入れて、もやしも入れたが、豆腐の入れすぎ。
左は豆乳。この青くささはたまらない。くせになりそう。

05_8_8c
20:18:48 - belle - 2 comments

2005-08-07

三食

ちょっと必要があって、三食つくった。

朝食は、コーヒーとマンゴープリン、手抜き。

お昼は皿うどんの、具にキャベツだけ入れてひと煮立ちさせるやつ。2食分で360円ぐらいなので、けっこう高いが2回の昼食なので、外食よりはだいぶ安い。

夕食は、こう暑いのでスタミナつける意味で牛フィレステーキ。
2枚で980円ぐらいのが200円引きになっていたのを買って、インターネットでつくり方を学んだ。
付け合わせはもやし炒め。この夕食には1枚を使う。
片面に塩こしょうしておく。脂身の部分をこまかく刻み、にんにくを5片ぐらいスライスしておく。
サラダオイルをフライパンに入れ熱し、脂身とにんにくを入れ肉を入れるといいにおい。
みそ汁はこの間ダシをとらなかったので、チョーまずかった経験から、だしになるものを台所で探すと、昆布を細切れにしたような乾物があった。鍋にお椀1杯分の水を入れ、沸かしておく。
みそが冷蔵庫にあったので、適当に入れ、もやしを入れて煮る。
ステーキが焼けたので、皿にとり、残った油でもやしを炒める。
栄養のバランスからいって、サラダが欲しいが、どうもめんどうくさい。
スーパーに行ったら豆乳が売っていたので、それをコップ1杯分飲んだ。

すごくうまくいった。おいしい。
18:36:01 - belle - 2 comments

2005-08-06

夜中でも暑い

ちょっと忙しかったので、新島に移動する前にひと呼吸です。
03:02:04 - belle - No comments

2005-08-03

式根・新島の旅--(15)

翌日は9時ごろ宿を出て野伏港へ。

05_8_3a

05_8_3b

05_8_3c

港の待合所に猫がいた。
23:27:46 - belle - 2 comments

2005-08-02

式根・新島の旅--(14)

憩の家で温泉に入り、とうべいに帰るころには夕暮れつつあった。
食事をしてまた散歩に出る。日没まぢかの空。

05_8_2a

1日目の夜。

05_8_2b
22:07:13 - belle - 4 comments