Fujimi_3_Haizara-Cho(Rinzo_Shimizu)

2007-10-31

秋葉原視察

秋葉原駅前は、以前よりすっかり様変わりして、しゃれた感じになった。
でもこれらのビルには入ったことがない。別の口のヨドバシカメラのビルには入ったが、マザーボードの展示レイアウトなど余裕があっておもしろかった。

07_10_31a

今日は玄関の蛍光灯やホットカーペットなどでのポイントがたまっていたので、行くついでにプリンタのインクを入手。6色セット、けっこう高い。
あとは末広町に向かって、喫煙所(?)までひやかしながら歩く。
目についたのは1GのUSBスティックが1000円しない。これは、TSUKUMOのポイントで支払いなく入手できそうだったがあまり使いそうもないので、やめておいた。
あとは、webcameraが500円くらいで売っている、使っているチップによっては欲しいのがあるのだが外側からはわからないので買わない。
64ビットCPUはぼくがDebian GNU/Linux lennyをインストールしたものより速いものが主流になっているようだ。それに合わせてマザーボードもすっかり展示が変わっている。
裏通りはワゴンセールなど多く、末広町に近づくにしたがって、中古の音源ボードなどが無造作に箱に入れられて売られたりしている店が多くなる。

07_10_31b
21:35:50 - belle - No comments

2007-10-30

携帯電話のカメラ

今度の5.1M画素の携帯電話のカメラだと、構えなくていいので日常の光景を写しやすくなった。

07_10_30a

上は、速度を上げつつ駅から離れていく電車の様子。
街にあふれている文字も、たまに面白いものがある。たとえば電信柱の看板で縦書きのものや、横書きを縦にしたものがある。
トラックの側面の文字が日本語の場合、進む方向から書かれている(左から)ものがある。
文字そのものも「第」という字の略字体が使われている公共施設のドアがある。
「麹町」駅でのパネルでは、たしか正字体と俗字体が交じっている。
etc.
こういうのを写真に撮るには携帯のカメラが向いている。
23:40:00 - belle - No comments

2007-10-29

柘榴をいただいた

柘榴は懐かしい植物である。
花柘榴と実柘榴の2本の木が住んでいた家の庭にあった。

07_10_29a

07_10_29b

種が多くて食べにくいが、1つ食べてしまった。
23:51:00 - belle - 8 comments

2007-10-28

台風一過

今日は息子たちが来て、一緒に昼食。
孫におもちゃとして、使っていないとても小さなキーボードで遊ばせる。というのも、時計とかそういう機械類に興味があるのだ。

07_10_28a

一昨日ダウンロードしてインストールした、携帯電話とWindows Vistaをつなぐツールで携帯電話内の画像を一括してパソコンに保存した。上の写真もそのうちの一枚から。
音楽もCDから数曲入れてイヤホンで聴くとなかなかいい音が出る。
22:02:30 - belle - 2 comments

2007-10-27

台風通過

かなり激しい雨が降り、カオスにゴミ袋でつくったレインコートをかぶせて散歩する。
読書や仕事でよく参照するWikipedia[G]が、かなり細かい用語まで網羅しつつある。
すでに普通のカテゴリ分けした事典よりも進んでいるような感じのものもある。
Poemwikiもだんだん拡張しようと思っていたが、どうもWikiの管理は広がってくると手間がかかりそう。Wikipediaの管理はかなり大変だと想像される。それにしてもうまく使えばWikiは便利だ。ほんとうはPoemwikiクラスのものを発展させようとすると、この規模でも数人の管理者が要りそう。
23:54:00 - belle - 2 comments

2007-10-26

携帯電話とWindowsをつなぐソフトをダウンロード

携帯電話にいちおう音楽も入れておこうかと、ソフトウエアをダウンロードした。
これを入れると電話帳もバックアップできるらしい。
付いてきたCD-ROMに入っていたソフトはXP専用なので、Vista対応のはサイトからダウンロードする必要があった。
音楽はこの専用ソフトがないと、ACCコーデックから携帯電話用に変換できないと、サポートの人が言っていた。

今日は秋晴れ続きも終わり、しとしと雨。
23:50:00 - belle - No comments

2007-10-25

渋谷の夜景

十三夜のほうが空気が澄んでいて、月はきれいだという。たしか昨日が十三夜?

07_10_25a
22:57:24 - belle - 3 comments

2007-10-24

今日も快晴

07_10_24a

明日から曇りがちになるという予報だが、晴天が続いている。
23:58:00 - belle - No comments

2007-10-23

秋晴れ

ここ数日、秋晴れが続いた。
日常の行動範囲はそれほど広くないが、携帯電話のカメラが使えるので、デジカメをかばんに入れておかなくてもいいようになった。

07_10_23a

デジカメのほうのSDカードは、512メガバイトのと128メガバイトのを持っている。携帯のほうの1ギガのカードをデジカメに流用できるのでもう記録媒体の心配は要らない感じ。
パソコンに入れるメモリもずいぶん安いので、今年作ったパソコンには2Gを入れているがまだ安くなっているようで150Gぐらいになれば起動ドライブに普通に使われるようになるだろう。
23:29:57 - belle - No comments

2007-10-22

東京ミッドタウン、2度目

芝生に寝ながら撮った空。

07_10_22a

ミッドタウンのカレーバイキングで昼食をとる。見下ろすと、オープンカフェ(レストラン?)のテーブルが並んでいる。

07_10_22b

両方とも携帯のカメラで撮ったもの。microSDカードをアダプタに差し込んで、プリンタについているカードリーダで読み込んだ。この手順は完全に携帯電話をカメラとしての単独機能として使えるということだ。次は音声、ビデオ、音楽を聴く機能を試していくわけだが、いつになることやら(^^)。
2560*1920=4,915,200の解像度だが、調べてみたらXactiは3264*2448=7,990,272の解像度がある。なにか、解像度についてぼくはよく知らないのかもしれない。

後日記:「解像度と画素数のお話」というサイトに説明があったが上のは画素数で、印刷するときとwebで見るときなど考えるときに解像度というのを理解する必要があるようだ。そういえば実際前にDTPソフトに画像を入れるときに調整したことを思いだした。
23:01:35 - belle - 2 comments

2007-10-21

「REC YOU.」で生成された3Dの歌う動画

「REC YOU.」で写真を送るのがうまくいくと、それを表示するサイトのURLとmp4ファイルをダウンロードできるURLが送られてくる。下のは、mp4をflvに加工してみたもの。

実物は、こんなに怖くないです(^^;;)。でもアニメ的でおもしろい。

「REC YOU.」で生成された3Dの歌う動画(07年10月21日flv作成)

上のサイトにも保存しておきました。

eyeVio: REC YOU. - mVxsjOOo

上がメールで送られてきた、保存された動画のURL。
REC YOU.にアクセスして顔写真を送ればできます。
その際、背景は単色がいいです。あとは、サイトに要領が書いてあります。
顔を出すので検査にセキュリティ上ちょっと時間があって、しばらくするとメールが送られてきます。テレビの広告などに出す場合など、事前に知らせがくるようです。規約がいろいろ書いてありますので、これは読んだほうがよさそう。
17:46:56 - belle - 4 comments

2007-10-20

携帯端末とLinux

新しい携帯電話は、英和辞典がついていたり、コンピュータ機能が急速に採り入れられている。
Linux Journalの10月号ではノルウェーのTrolltech社によるLinuxの携帯電話Greenphone[G]が紹介されていた。
ITmedia エンタープライズ:開発者用のLinux携帯電話「Greenphone」発表
Linuxファンとしては、デスクトップで使っているLinuxとつなげていろいろ中身に触れる携帯電話があったらおもしろいな、というところである。
Nokia N800[G]というのもよさそう。
23:52:00 - belle - No comments

2007-10-19

新しい携帯電話のカメラを試す

今度のカメラは2560x1920ピクセルまでの大きさを写せるようだ。

07_10_19a

これは、640x480ピクセルで撮影したのを縮小したもの。
2560x1920ピクセルといえば、今持っているSANYO Xactiより解像度がいい。
音楽も聴けるし、ICレコーダーで録音できる。
さっきmicroSDカードをSDカードの大きさにするアダプタをつけてパソコンに写真を取り込もうと思ったら、カードリーダーが見当たらない。
明日にでもやってみよう。



先日、宣伝のビデオを紹介した息子がかかわっているREC YOU.のサイトが発足したようです。
REC YOU.
ウェブカメラで自分を写せれば、自分が合唱の一員になって歌いだします。ぼくはまだやっていませんが(^^;;)。

07_10_19b
23:51:00 - belle - 2 comments

2007-10-18

夜中の回線メンテナンス、その他

9:46記
今日午前2:00ごろから9:00少し前まで、灰皿町にアクセスできませんでした。
起きてから気づいたので、調整が遅れてしまいました。
うろこシティうなぎ12番地に簡易なものですが障害情報を載せています。事後報告が多くなってしまいますが、すみません。

23:45記
携帯電話を新機種にする

07_10_18a

床屋さんに行った帰りに、携帯電話を買い換えた。
500万画素のデジタルカメラが付いている。さらにICレコーダーも付いているようだ。
記録媒体はmicroSDカード。1G byteの容量がある。ご丁寧にUSBでパソコンにつなげられてパソコンのデータの取り込み・バックアップは簡単。さらに液晶が大きくgoogle検索などもやりやすい。
通常、このごろどこでもパソコンがあるので、webサイトは電話では見ていなかったがたまに灰皿町もこれで見るかもしれない。
09:51:35 - belle - 2 comments

2007-10-17

また柿をいただいた

今度は野趣のある感じ。

07_10_17a

小ぶりなのでさっそく3個食べる。



今日は三軒茶屋で広島ふうお好み焼きを食べる。
PHPの本を物色しているのだが、やはりオライリー・ジャパンの翻訳ものがいいのかなという感じ。
23:22:04 - belle - No comments

2007-10-16

このマシンで暇なとき遊ぶ

今年作ったこのcore2duoマシン。
せっかくcompizをインストールして、ぐりぐりデスクトップに成功したのだから遊ばないと……。

07_10_16a



今日は小雨、写真をだいぶプリントする。
写真だとプリンタインクがなくなりやすい。
Postscriptプリンタの値段はこのごろどうなのだろうか。必要はないが、あるとおもしろそう。
23:53:49 - belle - No comments

2007-10-15

柿の季節

そろそろ柿の季節で台所に3つあったので、さっそく食べる。

07_10_15a

この種類の柿はむいてかじると黒いところがあって、それが多いほうがおいしく感じる。ぼくはりんごでも梨でも固いほうが好きだが、人によって固さの好みが違うようだ。よく熟して柔らかくなった柿が好きな人もいる。
23:41:37 - belle - 2 comments

2007-10-14

お茶づけ

久しぶりに飲んで帰ってきた。

07_10_14a

ビール、ジョッキ2杯と、芋焼酎のお湯割り1杯。
帰るとおなかがすいたので、お茶づけを食べる。



朝、テレビをつけると、たまたま養老孟司ほか2人の昆虫談議をやっていた。
養老孟司はおもしろいことを言う人ですね。

23:59:00 - belle - 2 comments

2007-10-13

ボールペンのインクがなくなる

手帳やメモに使うのは青だが、これは赤。
中身だけ売っているのかもしれないが、インクを使いきったら捨ててしまう。
ボールペンのインクの品質は以前に比べるとだいぶよくなった。長期間使わないと固まってしまうことはあるかもしれないが。

07_10_13a

インクを使いきり、捨てる瞬間がなにか気持ちいい(^^)。
23:42:45 - belle - No comments

2007-10-12

カポックの実

カポックの花がいまだに咲きつづけ、実がたわわに成っている。
しかし、カラスや鳥は食べないようだ。

07_10_12a

今まで見たこともなかったカポックの実だが、亜熱帯(?)の植物がこんなに実をつけつづけていいのだろうか。
23:42:45 - belle - No comments

2007-10-11

金木犀

土用芽というのに、金木犀は花をつけるそうだ。
土用芽の出た後に、刈り込んだりすると花が少しになってしまう。金木犀は2月以前に刈り込むのがいいらしい。

07_10_11a
23:03:33 - belle - No comments

2007-10-10

これは何の花

金木犀が満開なので写真を撮ろうと思ううちに仕事に出かけ、夜に帰ってきた。
ドアを開けるといい匂いに包まれる。
これは何の花だろう。

07_10_10a



夜、SQLの本を読んでいると、じつに単純である。基本的には使いやすいデータベースソフトなのだ。言語の問題で不具合が出にくくなっているようなので、さらにWebでも使いやすくなってくるだろう。
もっとも問題だったのは日本語のデータを収めて、さらにSQLソフトが進化したときにトラブルが起きるというものだった。永続的にデータを進化するソフトに追従させなければならない。utf-8の文字コードがデファクトスタンダードになっていき、その心配もなくなればさらに使われていくだろう。というか(^^)灰皿町でも使いやすくなってくる。
23:30:46 - belle - No comments

2007-10-09

コリウスの花

紫蘇科なので、紫蘇の花とほぼ同じ。

07_10_09a



筋子をほぐすとイクラと呼ぶのだろうか。筋子をいただいたので、醤油漬けにしようということでインターネットで検索する。すぐに適切な作り方が出てくるので便利。
23:49:51 - belle - No comments

2007-10-08

ホトトギスの花

今日は雨がときどき降ったが、秋らしい雲や空気だった。
ホトトギスの花は今ごろよく咲いている。どこかの山道で斜面にホトトギスの花が咲いていたのを思い出す。
映像の記憶で、あまり意味のないシーンがぱっとよみがえることがある。
小道の風景などだ。
写真は先日撮ったホトトギス。

07_10_08a



サーバからデスクトップへのバックアップの定時設定はだいたい終わった。
どの瞬間でもマシンを切り換えられるようにしておくのが理想だが、細かいところに問題があってそれをひとつずつ解決していく。これでちょっと気が楽になった。
22:39:08 - belle - No comments

2007-10-07

昨日拾ったドングリ

幼いころはよくドングリで独楽を作ったりして遊んだ。
たしか食べられる種類のがあって、山道をのぼりながら食べた記憶もある。それがどの種類の木のかは忘れてしまった。

07_10_07a



一昨日のPerlmagickを使ったスクリプトを、ツールらしくしてみた。
$ARGV[0]はコマンドラインの最初の引数、$ARGV[1]は2番めの引数で、最初の引数にシャープ化したい画像ファイル名を入れて、2番めに新しくできるファイル名を入れる。
たとえば、
shimirin@debian:~$sharpen.pl photo.jpg photo_new.jpg
とする。

コード

#!/usr/bin/perl

use Image::Magick;

$image=Image::Magick->new();
$file=$ARGV[0];
$new_file=$ARGV[1];
$image->Read( "$file" );

$image2=$image->Clone();
$image2->Sharpen(
radius=>1, sigma=>100
);
$image2->Write( filename=>"$new_file" );

undef $image;
undef $image2;

21:59:51 - belle - No comments

2007-10-06

秋の花々

灰皿町SNSでも話題になっていたが、コスモスの花。
今日はいい天気で、公園を散歩。孫も乳母車の上で気持ちよさそうだった。
10枚ぐらい花の写真を撮った。

06_10_06a
22:19:21 - belle - 4 comments

2007-10-05

模様替えも可能かな

サーバを替えたので、ドキュメントルートからちょっと整理している。
ここにCMSを置いて、クリッカブルマップは生かして、模様替えすることも可能かなとこのあいだ考えた。むしろ町の各家の模様替えの手助けをして、住人が複雑な管理を可能にすることもできるかな、とも考える。でもそうすると、全体の管理の問題が出てくるかもしれない。
単純なHTMLとblogがバックアップなど管理しやすい、というか忘れにくい(^^)。



perlmagickによる画像のシャープ化

昨日リンクしたリファレンスのサイトから、コードをコピーしただけだが、上がシャープ化前、下がシャープ化後。

07_10_05a_1

07_10_05a_2

コード
#!/usr/bin/perl

use Image::Magick;

$image=Image::Magick->new();
$image->Read( "07_10_05a_1.jpg" );

$image2=$image->Clone();
$image2->Sharpen(
radius=>1, sigma=>100
);
$image2->Write( filename=>"jpg:07_10_05a_2.jpg" );

undef $image;
undef $image2;

これを適当な名前で保存して、700のような実行可能パーミッションにする。STDINから2つのファイル名の入力を促せばツールらしくなる。
シャープにしたほうがよさそうだ。
23:57:00 - belle - No comments

2007-10-04

Perlmagick

先月はサーバのDebian GNU/Linuxのsargeからetchへのupgradeで、サーバ管理方面のことを暇なときにやっていた。いろいろとやってきたことをなぞったり、新しい発見をしたりする。

落ち着いてくると、さて今度はデスクトップで何をして遊ぼうかという感じになるが、前にも書いたPerlmagickでおもしろいことができないかなと思っている。
Perlmagickの解説サイトはたくさんある。たとえば、
dowasure.net - [PerlMagick リファレンスガイド]
というサイトもわかりやすそうだ。ImageMagickは灰皿町のサイトでもいろいろと使っているが、デスクトップでPerlと連携して便利なツールができないかな、というところである。
色のコーディネートが苦手なのだが、文字を画像にして一定の処理をするスクリプトができないか。
テキストの位置を完全に管理するには、フォントメトリクス情報が必要になる、と「リファレンス」には書いてある。日本語でもうまく情報を取得できるのだろうか。
($x_ppem, $y_ppem, $ascender, $descender, $width, $height, $max_advance) =
$image->QueryFontMetrics(parameters);
というスクリプトで次のような情報が得られる。parametersはAnnotateメソッドのパラメーター。
文字の幅
文字の高さ
アセンダ
ディセンダ
テキストの幅
テキストの高さ
最大の水平方向の前進値
23:47:11 - belle - No comments

2007-10-03

デジカメでうまく撮る

このごろ、孫の写真などいわゆる「複合機」(プリント、スキャナ、カラーコピー機能が1台に付いている)で数枚ずつプリントする。シール用紙など買ってくれば、シールもプリントできるようだ。
たまたま古い写真撮影の本が手に入ったので、見ていると、人物はレフ板(銀と金の両面のある反射板)を撮る人に持ってもらうとうまく撮れるらしい。写真のプロでは当り前のことだろうが、いくつか、この本で参考になることがあった。
風景は黄金分割(?)。なんとなくわかる。あとは、水平線。これはぼくもデジカメで一発で撮っていると、水平線や地平線が斜めになることがよくあった。写真処理ソフトで修正できるが、トリミングせずにいきたい感じもあって、先日の神津島の旅では水平線を意識した。
フラッシュを焚くときに、ティッシュをかぶせるとうまくいくことがあるらしい。たしかにフラッシュを焚くと、いかにも明るい光を当てたようで不自然さが出ることがある。
つたないにせよ、上手にせよ、その人の好きな視線が写真には出るようでおもしろい。
22:03:42 - belle - 2 comments

2007-10-02

高(田)三郎

宮沢賢治の「風の又三郎」の主人公は高田三郎である。
公園3番地のぺこさんが植物「高三郎」を送ってくださった。下の写真であるが、戦前からあったタカサブロウではなくアメリカタカサブロウである。帰化植物となっている。
ぺこさんは、公園3番地で灰皿町でも誇るべき素晴らしい植物写真のデータベースを掲示板で作っておられる(ぺこさんのページから「タカサブロウ」で検索するといくつかの写真も出てくる)。
ぺこさんは、この高三郎と高田三郎の連想関係が「風の又三郎」に盛りこまれている、という「発見」をした。ぺこさんは、ぼくと同じく宮沢賢治の熱狂的ファンらしい。漢字で書けば高三郎、「風の又三郎」の主人公は高田三郎。また、下のテキストからブラウザで「編集」から「このページを検索」を押し、「木ペン」で検索してみてほしい。
宮沢賢治 風の又三郎
高三郎は切口が黒くなって字を書くことが可能なのである。

07_10_02a

インターネットでも「高三郎」で検索するとたくさん写真が出てくるが、自分の家のベランダにあると又三郎がぺこさんを介して届けてくれたような不思議な感じがするのである。
宮沢賢治の作品の朗読もしばらく怠けているが、だんだん再開したいと思う。

宮沢賢治全作品朗読
21:22:36 - belle - No comments

2007-10-01

灰皿町SNSの開始

試験期間中としてきた「灰皿町SNS」は、ちょうどOSのupgradeに伴うMySQLのupgradeで招待のしなおしになったが、安定しているようである。
知り合いの知り合いというつながりで、広がっていくと思う。また、灰皿町で新しい交流があったりしてその方向でも参加される方が増えていくだろう。
使っているソフト「OpenPNE[G]」以外にも外国製のSNSシステムはある。
なかには日記部分だけ外部にも見えるようにできるものもあるが、これから先この方面でも驚くような発達があるかもしれないと思う。
23:54:00 - belle - No comments