Fujimi_3_Haizara-Cho(Rinzo_Shimizu)

2008-01-31

カオスの永眠

今日午後7時ごろ、カオスが永眠した。
14歳と1カ月の命だった。人間なら80過ぎというぐらいらしい。
昨年9月ごろ右前脚が骨肉腫らしいということで、悪性かどうかなど検査していたが、今年になって肺に転移していることがわかった。
脚は大きな腫瘍ができ、一昨日まではそれでも玄関近くを散歩したが、今日は立てない状態になり、お昼ごろ吐血した。明け方にも少し吐血し、午後3度ほど吐血して、最後の吐血のとき亡くなった。
ぼくは仕事で外に出ていたが、家族が看取ってくれた。

カオス、ありがとう。
いまこれを書いているマシンの識別名前はchaosという。
22:18:58 - belle - 8 comments

2008-01-30

スピーカー

スピーカーを既製の中古品で間に合わせたので、手持ちのスピーカー(機械単体)をどうするか考えた。
長岡鉄男[G]という人のスピーカーがインターネットでよく出てくる。
スワン型という白鳥みたいな形のが有名らしい。ただし、ぼくはスピーカーの口径の標準とか音の特性とか知らずにいい音が出ればいいと思って買っただけである。
45年ほど前、ステレオシステムというのが世に出てそれまでの電蓄が廃れていったころ、真空管のデンとしたステレオを使える時期があった。これが今思うともっともいい音だった。ただ、LPレコードを載せるところがあるだけだった。
現在の部屋では大きなスピーカーなどは、邪魔になってしようがない。パソコンには机上に小さなスピーカーと机の下に低音のでるサブウーファーがあって、音楽を聴くのに不満を感じることもない。だいたいが、ボリュームを大きくして低音を響かせると近所迷惑ではないかと思って抑制する。スワン型スピーカーもとても出る幕はないが、それにしても素晴らしい音の出ていた45年前のステレオが懐かしい。
なんとか、この音に近づくものを高価なものを買うのでなく自作するとなると、長岡鉄男の設計したスピーカーになるように感じた(実際に聴いたことがあるわけではないが)。
RSDA202[G]と中古のスピーカーでは相当いい音が出る(ような気がする^^)。ただし、記憶にあるステレオの響きは低音がまだよく出ていたように思う。
暇ができたら、木工仕事(といっても東急ハンズなどで切り出しはやってくれる)でいい音の出るものを作ってみたい誘惑にかられるがその前に置き場所の確保である。あるいはできるだけ小さいタイプでいい音の出るものを求めるという感じになるかもしれない。
23:48:03 - belle - 2 comments

2008-01-29

RSDA202はいい音を出す(と思う)!

昨日買ってきたRSDA202を使ってみようと、中古スピーカーを買ってきて分解して箱だけ取り、用意したスピーカーを取り付けようと思った。買ってきたのはSS-V525AVというソニーの製品。2000円だった。
このスピーカーは鳴るというので(ほかに10ぐらいのスピーカーが2000円で売っていた)、鳴らしてみると、とてもいい音が出る! 音の解像度がいい。結局分解して新しくしないでこのまま使うことにした。
オーディオ機器についてはよく知らないのだが、これだけいい音が出れば十分だ。

08_01_29a
22:06:28 - belle - No comments

2008-01-28

RSDA202というアンプ

レコードプレーヤーやFMチューナーはあるのに、アンプとスピーカーが壊れていてゴミに出してしまったので、ほとんどまともに音楽を聴いていなかった。パソコンではたまに聞くが、机の前ではどうも落ち着かない。
このRSDA202[G]という小型のデジタルアンプは、とてもいい音が出るといううわさだったので、帰りに買った。組み立てキットもあったが差が1000円以内なので完成品にした。ACアダプターとパソコンからの入力ケーブルが込みで1万円ちょっと。こんなに小さいのに、相当いい音がでるらしい。
スピーカーのほうは3wayの部品を買ってきて(5千円ちょっと)自作するつもりであるが、木工の注文も面倒なのでリサイクルショップなどで壊れたスピーカーを買ってきて、箱だけ取りグラスウールなどを張るというやり方はどうかと考えている。

08_01_28a
23:54:00 - belle - No comments

2008-01-27

冬の航跡

今日は快晴で、みんなで二子玉川に行く。
アンパンマンの本は、やはり孫が気に入ったように思う。
午前と午後に飛行機の写真を撮った。

08_01_27a

駅舎の上に水平に雲がかかっている。

08_01_27b



宮沢賢治の朗読を追加した。
塩水撰・浸種、痘瘡、早春独白、休息、測候所
である。
23:48:32 - belle - No comments

2008-01-26

日差しだけは強くなりつつある

寒いが日差しは強くなりつつあるように感じる。なぜか、この時季、くる夏のことを想像してしまう。
テレビのリモコンの接触が悪くなったようで、そろそろ取り換えるかな、ということで帰りに秋葉原に寄ろうと思ったら微妙な時刻なのでやめた。
core2 duoを使ったDebian GNU/Linuxマシンを久しぶりに起動しようかと思っていたら、テレビを見るうちにちょっと眠ってしまって日付が変わるころになっている(^^;;)。
ほかにもやることがいくつかあるので、これからしばらく起きている。



灰皿町はある意味で単純な構造をもったサイトで(^^;)、住所からその家のトップページ-blogなど(BBSなどあればそこへのリンク)、という行き方か、あるいは特定の家へのブックマークからリンクをたどって見るというのがサイト探索の仕方だろうか。ここをあまり整然としすぎてまとまりを出しすぎてもまずいような思いもあるが、ナビゲーションのCSSはいろいろとあるようだ。
たとえば、Listamatic: Eric Meyer's tabbed navbarなど。このサイトはHOMEから懇切丁寧にCSS記述の仕方を解説している。
わかりやすいナビゲーションを作りたいときには、役に立つサイトのようだ。
23:51:00 - belle - 2 comments

2008-01-25

朝の月、中也朗読の4回目

朝、北西方向に月があって、きれいに見えていた。

08_01_25a

今はほぼ東のほうに輝いている。



中原中也朗読の4回目を録音した。

凄じき黄昏、逝く夏の歌、悲しき朝、夏の日の歌、夕照、港市の秋

である。中原中也全詩篇朗読のページの目次に追加している。Podcastingはアップロードしたときに自動的に配信ファイルに追加される。
22:29:10 - belle - No comments

2008-01-24

南の空

帰りに地下鉄が止まり、渋谷からバスで帰った。
北風が吹いて寒い一日。
去年11月に買った胴体が透明なライターの口の部分のところが壊れた。
使うのに支障はないが、渋谷で降りたついでに1年保証というので修理に出した。1カ月ぐらいかかるというので、ほとんど同じデザインのものをもう一つ買ってきた。

08_01_24a



Debian GNU/Linux 4.0(etch)がリリースされて、早くも8カ月近く経つ。
リリースは近くはwoody-sarge(old stable)-etch(stable)-lenny(testing)という順序だが次期stableのlennyは今年の末にもリリースされるらしい。woodyからsargeまでは3年ぐらいあったようなので、リリース速度は速くなっている。
testingがstableに変わると、現在のstableはold stableとなってstableリリースの時点から1年サポートされることになる。リリースの流れのうち、デスクトップで使っていたユーザが戸惑うのはたぶんsargeからetchへのupgradeだ。X windowシステムのxfree86からxorgへの転換、デバイスの認識がudevになったこと。
etchからlennyへはおそらくもっと簡単にupgradeできると思う。
etchを使うのは約2年ということになるが、灰皿町のサーバはたぶんもっと速くupgradeしてしまうだろう。
23:55:00 - belle - No comments

2008-01-23

東京は雪

朝、起きたら降っていて、10時過ぎにはぼたん雪。
デジカメの電池を充電して12時ごろには小降りになった。

08_01_23a



CSSとJavaScriptを使って、灰皿町用のHTML支援ファイルを作ろうかなどと考えていたが、ひとつひとつ便利なものに置き換えていくのがいいのかもしれない。
PoemWikiも項目別にした説明としてはやりやすい。
いろいろとアップグレードしたり、データベースにしてアクセスを速めたりしたいものがあるのだが、性格的に細かいところから大きいところへ、というやり方がいいようだ。
21:51:45 - belle - No comments

2008-01-22

孫と散歩! JSAN

今日も寒い一日。
孫を抱っこひもで守って散歩。途中ですやすや眠ってしまった。
乳母車と同じで、気持ちよくなるとのこと。
喫茶店に入ると起きて、砂糖の袋など手に取っている。カメラを肩に下げているが、あまりシャッターを切らなかった。
本屋さんで絵本を、立ち読みで見せる。アンパンマンに興味があるようだ、たまたま手に取った絵本だが。
パソコン関係の本は、大きな書店でないとおもしろそうなのはない。



JSANという、JavaScriptライブラリがあることを知った。
Web2.0の技術者などはよく使えるだろうと思われるようなものが置いてある。「"CPAN".replace(/CP/, "JS")」と書いてある。これはPerlでいえばCPANライブラリのような便利なオープンソースのライブラリを目指しているということだ。クライアントサイドJavaScriptはセキュリティ上、それほど怖くないうえにおもしろいことがいろいろできる。CSSと組み合わせたり、DHTMLと組み合わせたりする。
23:55:00 - belle - 4 comments

2008-01-21

昨日の公園

今日は昨日のすき焼きの残りに、ごはんを入れて温めてお昼ごはんにした。
おいしい! すき焼きの残りはおいしい。カレーを煮て翌日食べるのもおいしいが。
雪の予報が出ていたが、雨もあまり降らなかった。夜9時ごろすこしぽつぽつきた程度。
昨日の公園のコンクリートの水槽と、小さな温室を外から撮った写真。

08_01_21a

08_01_21b
23:33:58 - belle - No comments

2008-01-20

冬の温室、中也朗読の3回目

冬の温室

まだ池には氷が張っていて
だれもいない
小さな温室を覗くと
ときどき気温を上げるための
機械の音がかすかにしている
すこし曇ったガラス越しに見ると
青いしずく形の花が
こもるように垂れている
温室は冬の庭の温かい小さな手のひら

08_01_20a



今日は孫としばらく遊んでから、公園の温室を見る。だれもいなかった。
上の写真はブーゲンビレア。
中原中也の朗読の3回目。

黄昏、深夜の思ひ、冬の雨の夜、帰郷

本を見ていたら、lameにはローパスフィルタとハイパスフィルタがついていて、エンコーダが重要な音を重視するとのことでやってみた。ハイパスはこの録音では意味がないようだ。
下の10は10kHz、0.08は0.08kHz。

lame --lowpass 10 --highpass 0.08 --tt "yagi_003" --ta "Rinzo_shimizu" --tl "works_of_Chuya_Nakahara" yagi003.wav yagi003.mp3
Warning: highpass filter disabled. highpass frequency too small
LAME version 3.96.1 (http://lame.sourceforge.net/)
CPU features: MMX (ASM used), SSE, SSE2
Using polyphase lowpass filter, transition band: 10136 Hz - 10669 Hz
Encoding yagi003.wav to yagi003.mp3
Encoding as 44.1 kHz 64 kbps single-ch MPEG-1 Layer III (11x) qval=3
Frame | CPU time/estim | REAL time/estim | play/CPU | ETA
10055/10057 (100%)| 0:07/ 0:07| 0:07/ 0:07| 34.515x| 0:00
average: 64.0 kbps

Writing LAME Tag...done
ReplayGain: -1.7dB
22:20:24 - belle - No comments

2008-01-19

週1回の宮沢賢治朗読

宮沢賢治全作品朗読」のページに新しい朗読ファイルを入れた。

丘陵地を過ぎる、人首〔ひとかべ〕町、晴天恣意

である。
dircasterはaudioなどのディレクトリにアップロードすると、自動的にPodcasting配信ファイルを作ってくれる。mp3ファイルができたら、置くだけでいいので、これがいちばん簡単な配信の方法のようだ。ただしサーバでPHPを使えなければならない。
録音はやり始めるとだんだんおもしろくなる。『注文の多い料理店』は3枚組の音楽CDにしてみようかなと思っている。音楽CDの場合は前にも書いたようにwavファイルをそのまま使う。

中原中也のほうも週1度ぐらいの更新にしようと思う。
23:18:52 - belle - No comments

2008-01-18

ヘリコプターの後ろ姿

このごろ空飛ぶものをよく撮っているので、UFOのニュースなどが気になるが、未確認飛行物体はそうそう現れるものではない。
webcamで1分に1度など撮っているとき、昼間に流星のようなものが写ったことがあった。自然現象を長く監視していると、変わったものが写る可能性はあるが。

08_01_18a
23:51:00 - belle - No comments

2008-01-17

光の饗宴

今日はかなり寒い日だったが、午後はだいぶ日が照っていた。
午前、長い時間、南東の空にヤコブの梯子が見えた。

08_01_17a

08_01_17b

08_01_17c
22:11:52 - belle - 2 comments

2008-01-16

日が昇り始める

先週の土曜に燃えるゴミを出せなかった。まだ眠っていたためだ。
収集車は8時15分ごろ来るのだ。
そこで今日はちゃんと起きて、溜まっていたゴミを出した。それが早すぎて、また日の出から少しの時刻。日の出の時刻はどんどん早くなっている。

08_01_16a
22:56:27 - belle - No comments

2008-01-15

各種デバッガ

JavaScriptの本を読みはじめて、オンラインでデバッガがある記述があった。
JSLint, The JavaScript Verifier
また、FirefoxではFireBugを追加できる。ぼくは現在FirefoxのDebian版Iceweaselを使っているが、これ用もあるようだ。
FireBug に JavaScript デバッガが付いて便利すぎる件について - IT戦記
こないだPerlのデバッグはどうやっている? と聞かれたことがあったが、通常コマンドラインから(WindowsならMSDOSプロンプトから)、
perl -d target.cgi
とすればある程度デバッグできるらしい。ぼくの場合はあまりプログラムを書いているわけではないが、通常のコマンドラインで間違えていれば、間違いの近くを指摘される。したがってデバッガは使っていない。たぶんLinuxだとGUIのツールがありそう。
もっと初めから学ぶなら、下(英語)など参考になりそうだ。
perldebtut - Perl debugging tutorial
ここの記述で「#!/usr/bin/perl」とあるが、MacOSXの場合はFreeBSDでコンソールが使えるので、
which perl
とすると、
/usr/bin/perl
あるいは、
/usr/local/bin/perl
などと出ると思う。
使っているCGIなどで初めに「#!/usr/local/bin/perl」と記述されていて、しかも「which」で「/usr/bin/perl」が出て、直すのが面倒だったら、
ln -s /usr/bin/perl /usr/local/bin/perl
とシンボリックリンクを張ればOK(rootで)。
テストするファイルに実行属性を付けるのはコマンドラインで試すのなら、
chmod 700 target.cgi
で「./target.cgi」(ブラウザでCGIを試すのなら755)だが、
たぶん、この1行目に、「#!/usr/local/bin/perl -d」とすればデバッグされるのではないか(^^;;)。



今日は寒かったが、午後日が照ってきて温度が上がった。また日の出の時刻に起きてしまった。

08_01_15a
22:23:17 - belle - 2 comments

2008-01-14

空を飛ぶもの、中原中也の朗読の続き

今日はとても寒い。
ここ10年ぐらいズボン下(ももひき、タイツのようなもの)を穿かないで冬を過ごしたが、さすがに今日からしばらく穿きそうだ。
始めたばかりなので今日も中也の作品朗読を続けた。次の5篇である。

春の夜、朝の歌、臨終、都会の夏の夜、秋の一日

午後新宿方向で飛行船がずっと静止していた。

08_01_14a

下の写真は昨日撮った格好いいヘリコプターの写真。

08_01_14b
20:47:18 - belle - No comments

2008-01-13

中原中也全詩篇朗読も始める

中原中也全詩篇朗読も始めた。
ほかの灰皿町ラジオのコンテンツと同じように、dircaster[G]でPodcastingも可能にした。ある程度の区切りでflash xspf_playerによるストリーミング再生も可能にするつもりである。

中原中也全詩篇朗読

キジバトがまたつがいで現れた。写真に撮ってもらいたがっているように、近づいてくる。

08_01_13a
22:07:01 - belle - No comments

2008-01-12

宮沢賢治全作品朗読の再開

『春と修羅第二集』の「序」のところで止まっていたが、朗読を再開した。
次の3篇である。

空明と傷痍、〔湧水(みづ)を呑まうとして〕、五輪峠

しばらくやっていなかったのでコマンドラインを忘れてしまったが、まずAudacityで録音して「wav」ファイルに保存。そして、

shimirin@debian:~$ lame --tt "shura2_002" --ta "Rinzo_shimizu" --tl "works_of_Kenji_Miyazawa" shura2_002.wav shura2_002.mp3

のようにする。これから週1度ぐらいは新しい朗読を入れようと思う。
なぜか、Audacityのプロジェクトから直接mp3にエクスポートする選択肢が「ファイル」から出てきた。でもタグがよくわからないし、CD-ROMにも焼けるのでwavファイルにしておいた。
なお、「宮沢賢治全作品朗読」のページのバナーをiTuneを立ち上げてドラッグ&ドロップすると、Podcastingに登録される。

なんとなく中原中也全詩朗読も始めたくなったので、あとでやってみることにする。
21:54:23 - belle - No comments

2008-01-11

神泉

今日は帰りに、息子の会社の方から「GF-7950-GT-Dual-DVI-HDTV-DDR3-512MB[G]」というのをいただけるというので神泉に行った。
Dual DVIというのは2つのDVIモニタに接続して、広く眺めることができるということだが今はそれほど必要がないので単独モニタで使うと思う。

08_01_11a

豆大福を買っていこうと思ったが、店の前に並んでいたので、渋谷で塩豆などの豆菓子を買っていく。
息子のデスク。まさにデュアルモニタだ。Macからの接続なので、このグラフィックカードではないだろうが。

08_01_11b



フリーのCGIスクリプトから出力されたHTMLファイルを加工して、プレーンなテキストファイルにしようとして、Perlの正規表現で除去しようとしていたら、どうもまだゴミが出る(blosxom blogに取り込むため。blosxom blogへのエントリの追加はテキストファイルを所定のディレクトリに置くだけでよい)。このスクリプトの生成ファイル特有の空行などは、このファイル用固有のスクリプトにするしかない。しかし、完璧にHTMLタグを除去できないかと思っていたらインターネットで「HTML::Scrubber[G]」というお掃除モジュールがあることがわかった。このCPANモジュールは、今回のような単純な作業以外に有用なものだろうが、これはよさそげ。

23:57:00 - belle - No comments

2008-01-10

日録を「灰皿町サーバ日誌」として綴じる

もう30年近く前に、紙撚の束を買った。まだだいぶあるので、ずっと使えるだろう。
パソコンを前にしてのメモのうち、比較的項目別の日付のないものと、日付をつけているのと別に綴じた。

08_01_10a

灰皿町もいろいろと発展させたり、改造したりしたいところがある。
掲示板ももう少し速い反応にしたいなと思ったり、手書きのページにCSSやJavaScriptを利用してかっこいいものにしたいなと思ったりする。
あと、近代詩の朗読のページも、どうもこの部屋で録音しないと音がうまくない。電話のICレコーダーで録音してみるのはどうかとかスカイプで録音するのはどうか、とか考えたが、とりあえずはPodcastingなどの配信形式に持続的にやったほうがよさそうだと思っている。静かな喫茶店などの閉鎖された空間でICレコーダーで録れば、外出先で友達の声の朗読などもほんとうは配信できる。
こういうものは手順を踏んで何回もやっているうちに、体験的にうまくいくやり方が確立するのだが、まだ外出先のは機会が少なすぎる。
サーバのノートはLinuxデスクトップのノートでもある。併用しているので。
サーバのほうは手の内の問題があるのでなかなか詳しく書けないところがあるが、昨今Linuxをやる人も徐々に増えているような気がしないでもないので、デスクトップのほうは項目別にまとめれば役に立つものができるかもしれないと思う。
いずれそういう技術的なものに特化したページも作ってみたい。
23:50:00 - belle - No comments

2008-01-09

豆大福ふたたび。昨日の鳥がまた来る

店の前で並んでいなかったので、6個買う。このうち1つは食べた。
台風の目のように並んでいないことがある。

08_01_09b

昨日の鳥がまた午前に来ていた。つがいのようで、2羽で飛び立っていく。
寒いとスズメなどもふくれたようになることがある(フクラスズメってこのこと?)が、このあいだのムクドリとも同じで羽をふくらませるようにしているのがわかる。

08_01_09a
23:14:44 - belle - No comments

2008-01-08

また別の鳥

午前、窓から見て近くの電線などにとまる鳥を撮るようになって、続けて別の鳥がおあつらえ向きに来る。
この鳥の名前はわからない。わりに尻尾の羽が長い。
もう明日は別の鳥は来ないとは思うが……。

08_01_08a
23:19:20 - belle - No comments

2008-01-07

今日の雲の流れとキジバト

今日は曇の日。
雨の予報もあったが、夕、小雨が降った程度だった。
午前の雲の流れ。

08_01_07b

キジバトが電線に来たので、撮る。けっこう東京でもバードウオッチングはできる。
ぼくの部屋の前につがいのメジロが来たことがあって、あれはきれいだった。
シジュウカラも来るが、これは木を次々に移動するので近くでは見えない。

08_01_07a
20:01:25 - belle - 3 comments

2008-01-06

昼間のムクドリ

昨日は本を1冊読んだ。
今年はなんとなく精選した文学・思想書をじっくりゆっくり読むかな、と思う。
これに対しコンピュータ本はパソコンを前にして読んだほうがいい。コンピュータではインターネットの情報がより実践的で、本は基礎的・知識的なので、交錯させて読む、あるいはポイントを読む、というふうになる。
昼間、パソコンに向かっていたら窓から見えるテレビアンテナにムクドリがとまっていた。昼間見ると意外に精悍な顔をしている。

08_01_06b

08_01_06a
19:52:05 - belle - No comments

2008-01-05

ムクドリ

相変わらず、夕暮れになるとムクドリがこの部屋の前の電線に集まる。
暗く撮れるのだが、The Gimpのツールで、多少鳥の姿が見えるように加工してみた。
また1羽を取り出して別写真にしてみた。

08_01_05a

08_01_05b
20:49:27 - belle - 4 comments

2008-01-04

日の出

今日も6時ごろ起きた。
下の写真は、昨日の日の出。
左上にぽつんと見えるのは飛行機。

08_01_04a
23:59:00 - belle - No comments

2008-01-03

ヤコブの梯子

今日は6時ごろ起きた。
息子がred5[G]というオープンソースのflash streaming serverを入れたら、というので調べたら簡単にインストールできるようだ。映像のライブ中継が楽になる。
ただインストールは簡単なようだが、よく仕組みを知っていないとまずい。
blosxom blogのほうでDebian GNU/Linux sargeにJavaをインストールする方法を書いたが、etchだと「apt-get」でできる。red5はJavaのインストールもしなければならない。やはり、灰皿町のサーバにいきなりインストールするのはためらうので、そのうちデスクトップでLAN内サーバを作ってみてもいいなと思う。それでうまくいったら本サーバというところだが、ぼくはflashの開発はできないので、折を見て。でもこういうものがあるのには興味を持った。
Java Server Pageを動かせるTomcatの本も買っておいた。

昨日見えたヤコブの梯子。

08_01_03a

望遠にしてみる。

08_01_03c
21:54:50 - belle - No comments

2008-01-02

田園都市線の向こうの富士山

三が日は、いつも空気が澄んでいる。
今日は91歳の義理の伯母のところで新年会。
帰りは一人で上野毛から電車に乗り、二子玉川で降りて本の買い物。
ほとんど日が暮れてしまったので、いつもの散歩コースを途中で切り上げた。
多摩川の橋の向こうに富士山のシルエットが見える。上に上がったらその前の山々も見えた。

08_01_02a
21:02:27 - belle - 2 comments

2008-01-01

新しい年

08_01_01a

今年もよろしくお願いします。
00:01:00 - belle - 3 comments