Fujimi_3_Haizara-Cho(Rinzo_Shimizu)

2010-05-31

気温が低い

昨日よりは多少上がったが、今日も気温が低い。
PentiumMのマシンがなんとなく調子が悪い。ずっと電源を入れっぱなしだったのだが、HDDの問題だろうか。HDDはそろそろ換え時を迎える(7年ぐらい)時期だ。
ちょうど新作の64ビット版Debianをインストールしたマシンを使わねば、と思っていたところなので電源を切って近々メンテナンスすることにした。



電子工作の部品図鑑 8  スパークキラー

10_05_31a
23:58:00 - belle - No comments

2010-05-30

ちょっと寒い

ひんやりとした日で、また長袖に戻した。
昨日ちょっと遅くまで起きていたので、電子工作をやろうかなと思っていたが昼寝してしまった。



電子工作の部品図鑑 7  つまみ
可変抵抗の軸にイモネジで固定するようになっている。
一度イモネジがばかになったことがあるが、そういうときにインターネットで検索すると同じような体験をした人が解決法を書いているので助かる。
イモネジは秋葉原の西川ネジ店(名前不正確)で売っている。

10_05_30a
23:58:00 - belle - No comments

2010-05-29

このNucleus blogの表示が遅い

どうも、表示が遅いのが直らない。
でもコマンドラインでやると、エラーを吐かない。
いまのところMySQLの問題かもしれないというところである。ローカルの同じ状態のマシンでNucleusをバージョンアップしてみたが、これも応答が遅かった。
23:59:00 - belle - 4 comments

2010-05-28

パセリみたいな多肉植物の花

昨日の夜から、このnucleus blogの表示にとても時間がかかるようになっている。
原因は調査中。
茎が太くて多肉質なパセリに似た葉を持つ植物の花が咲いて、種ができている。

10_05_28a



電子工作の部品図鑑 6  可変抵抗
アルプスのミニデテントという写真のものがインターネットでも評判がいいので、電子工作をやり始めたころからよく使う。写真は50KΩのもの。

10_05_28b
23:59:00 - belle - No comments

2010-05-27

5月の空、花軸

今日は午後、狐の嫁入りのような雨が降り、夕刻には晴れた。
5月の空、と球根から伸び出した花軸(この植物は鉢の表面にあふれる球根を楽しむもののようで、花は地味)。

10_05_27b

10_05_27a



電子工作の部品図鑑 5  スペーサー
金属製のとフェノール樹脂製のものがあるが、これはフェノール樹脂製のもの。基板を浮かせてケースの金属に接触しないようにする。
金属のものを2〜3階建てにして作ることもある。

10_05_27c
22:29:14 - belle - No comments

2010-05-26

ベランダで雨に濡れるインパチェンス

今日は夕方からしとしと雨だった。
雨に濡れる近所の花がしっとりとしてきれいだったが、カメラはなかなか雨の中では持ち歩かない。
ベランダで濡れるインパチェンスを撮った。

10_05_26a

電子工作の部品図鑑 4  トグルスイッチ
いろいろな色のものがあるが、これは秋月電商で買ったもの。
上にすると下の側につながる。上下でオン・オフの単純スイッチなら、電気を切断する線を下側につける。

10_05_26b
22:54:24 - belle - No comments

2010-05-25

蘭の花が咲く

雨を抜けてベランダの蘭がまもなく満開になる。
いいかげんに鉢を置いて、外の土こぼれの部分で咲いたりして咲いている。

10_05_25a



電子工作の部品図鑑 3  RCAジャック
ずっとジャックとプラグがどちらがメスでどちらがオスが覚えなかったが、最近覚えた。
ひとつ150円ぐらいで(いろいろ種類があるが、ぼくはいつもこれを使う)、赤が右、白が左、映像端子は黄色を使うようだ。

10_05_25b
22:52:07 - belle - No comments

2010-05-24

Linux Distribution Chart

Linux Journal 6月号は、LinuxのDistributionsの10ページぐらいの特集を組んでいる。
「Why hasn't the Linux world just standardized on a single distribution?」ということである。ここにあるLinux Distribution Chartによると、読者人気度はUbuntuが31パーセントで圧倒的である。
UbuntuはDebianをベースにしていて、Debianが9パーセントなので、ほかのDebian/Ubuntu系を合わせると半分以上である。
灰皿町を始めたころはRedHatが中心だったが、このChartではRedHat系は12パーセントぐらい。
サーバをやっているとメジャーアップグレードはDebianではリリースノートをよく読めば失敗することはないと思うので、やはり安心感がある。
この安心感がDebianの流儀を表しているように思う。

10_05_24a



電子工作の部品図鑑 2  ヒューズホルダ付きインレット
こないだハンドニブラという薄いアルミ板なら四角い穴を開けられる道具を買ったので、今度のUSB-DACはこれを使うことにした。
ヒューズホルダが付いているので、ヒューズホルダ用の丸い穴を開ける必要がない。

10_05_24b
23:23:06 - belle - No comments

2010-05-23

雨のなかの蘭のつぼみ

今日は雨が降り続いた。
雨のなかでも蘭は次々につぼみを開こうとしている。

10_05_23a



電子工作の部品図鑑 1  電解コンデンサ
部品図鑑とはいっても、たんに自分の部品箱(菓子の空き箱など)に入れてあるものを写真に撮ってみる。
電解コンデンサにもいろいろな形状があるが、一般的な形の東信工業のもの。
これは3300μF、35V耐圧のもの。85°品、105°品、150°品などあり数字が大きいほど長持ちするはず。これは85°品。

10_05_23b
23:01:10 - belle - No comments

2010-05-22

蘭の花が咲く

今日は夜になっても暑い。
蘭の鉢はベランダにいいかげんにおいてあり、根をこぼれた土に伸ばしているので、あちこちにつぼみがある。
そのうち、南向きのところに3〜4輪、咲いていた。

10_05_22a

帰りに秋葉原で電解コンデンサ2つとヒューズ付きインレット、無誘導巻線抵抗(タクマン、5パーセント級、33オーム)を買ってきた。定電圧基板の部品その他である。
tsukumoで冷やかしで液晶モニタを見ていたが、ヒュンダイの26インチのものが2万円ちょっとで売っている。
ずいぶん安くなったものだ。それにテレビチューナーにつなげられる端子もついている。
23:13:43 - belle - No comments

2010-05-21

蘭のつぼみ

朝、雨が上がった。それから暑くなり30度以上になった。
ベランダで冬を越している蘭のつぼみが大きくなってきた。雨に濡れている。

10_05_21a
23:59:00 - belle - No comments

2010-05-20

ネットブックにUSB-DAC

USB-DACとプリメインアンプを統合したものを作ろうと思っていたが、USB-DACは単体で作るほうが持ち運びにもよさそうなのでその方向でいくことにする。
ネットブックに音声情報を入れて、イヤホンで聴くことはできるが、これにUSB-DACをつなげばいろいろなアンプにつなげられる。とくにネットブックなどならパソコンのファンの音などしないから具合がよさそうだと思う。

10_05_20a

統合すると仮にCDプレーヤーをデスクトップパソコンのある部屋に置くと、パソコンからの入力とCDプレーヤーからの入力で切り替えスイッチを作らなくてはならないし、移動はあまりできない。
電源部分を1組よけいに作らなくてはならないが。
写真はネットブックと、まだ基板状態のUSB-DAC。
22:52:04 - belle - No comments

2010-05-19

定電圧基板

今日は午後からなんとなく快い雨が降っている。
いろいろやることはあるのだが、暇を見つけて定電圧基板を完成させた。

10_05_19a

もう1つできかけたが、電解コンデンサを間違えて買っていていずれ買い足しに行かなければならない。
23:52:07 - belle - No comments

2010-05-18

嗅ぎたばこの時代

時代の趨勢が嗅ぎたばこ[G]にいっているようだ。
今日、テスト的にJTで出しているものを買ってみた。
なんとなく普通のたばこを減らして、これにするかもしれない。

10_05_18a

味はメンソールのたばこのようで、今日一日ときどきくわえていたが、まだメンソールのにおいは消えない。
23:35:26 - belle - No comments

2010-05-17

ディスクリートオペアンプ評価基板ラインプリアンプ

ディスクリートでオペアンプ同等基板を付け替えてラインアンプにして、どんな音が出るか? というのを試すものの部品とケースがそろったのでまとめて写真に写してみた。
定電圧基板はまだ部品をハンダづけしていない。またディスクリートオペアンプは2、3種類ハンダづけしていないので、完成はまだ先のことである。
すべてfujiwaraさんの基板を使った。かなり余裕があるので配線しやすいだろう。

10_05_17a

すでにラインプリアンプは「決定版」といえる(ぼくにとって)ものができているが、どんなものか作ってみる。

22:51:06 - belle - No comments

2010-05-16

真空管アンプを直す

配線をもう一度確認したが問題はないので、右チャンネルがおかしいのでハンダを溶かしなおして一部ハンダを加えた。
発振しているのではなく単なるハンダづけ不良だったようだ。
ぺるけさんの全段差動アンプ(3段)は基板を使わない。空中配線とラグ板だ。
ラグ板だけのヘッドホンアンプやラインプリアンプを作ったが、空中配線ではよくハンダづけ不良で問題が起こった。一度ハンダをやり直して成功して、また問題が出たことはない。

10_05_16a

真空管アンプは普通トランスが上面に出ているので、逆さにして確認しにくい。
ガラス管なので気を使うし、かなり重い。
半導体アンプなら、スイッチを入れて半導体が発熱しているかどうか触り、異常発熱していたらスイッチを切るのが定石である(乾電池3つぐらいの回路でも間違えていると火傷するぐらい発熱することがある。急激に温度が上がるので半導体の向きが間違えているときにはすぐわかる)。またテスターで電圧など測るのもやりにくい。
真空管アンプはそれだけ事前のチェックが重要のようだ。
22:17:16 - belle - No comments

2010-05-15

アンプケースを2つ買う

帰りに秋葉原に寄ってアンプのケースを2つ買ってきた。

10_05_15a

タカチのMB-8(W190、H85、D300mm)とMB-9(W210、H90、D350mm)、さらに補強用にアルミ板NP40(400、300mm)を210、190mmで切ってもらった。
ラジオデパートの地下1Fの奥沢で、切り代も入れて5750円ぐらいだったかな。
切った補強アルミ板はMB-8の底板にぴったりのとMB-9に50mm足りないものである。
これに四隅に穴を開けてネジで留めて、底板の補強とする。
板厚1.2mmと薄いが、薄いので加工しやすい。厚いものを買うと、インレットなどの四角い穴を開けるのに時間がかかる。
23:07:24 - belle - No comments

2010-05-14

変わった雲海

今日は上空に寒気が張り出しているせいの曇り空とのことだった。
朝方少し寒かった。
午前の東のほうの雲は、その状態を表しているようだ。上の雲は寒気のせいの雲。
明日はその寒気も去りいい天気とのこと。

10_05_14
21:42:46 - belle - No comments

2010-05-13

猫の爪研ぎ箱を修理する

ベルの爪研ぎ用の箱が割れたので、スピーカー製作時に使うハタ金を利用して修理した。

10_05_13a

ベルはこれが所定の場所にないと、どうも落ち着かないらしい。
修理して設置するとさっそく使っていた。
23:59:00 - belle - No comments

2010-05-12

若緑

今日は猫の目のように天気が変動した。
小雨が天気雨のようになって雨になるのか晴れるのかという感じだった。
近所を歩きながら、若緑の葉が目につく。

10_05_12a
23:51:00 - belle - No comments

2010-05-11

小雨の一日

ずっと小雨の一日だった。気温も少し下がったようだ。
珍しく夜ちょっと用事があって、あまりパソコンの前に来られなかった。
23:59:00 - belle - No comments

2010-05-10

トロイダルトランスが届く

真空管アンプが調子が悪いので直さなくては、と思っているところに、DAC+プリメインアンプ、回路を変えて遊ぶプリアンプのトランスが届いた。
普通のEIトランスと違って漏れ磁束が少ないとか、性能がいいそうだ。
全部基板を使わない空中配線の真空管アンプを除いて、今までに作ったものに問題はない。それどころか音がいいので、市販の高価なアンプはとても買う気にならない。
とはいうものの、アンプの原理を自分でよく理解できているかというとそうではない。
電子工作のための概略のことはだんだん俯瞰的にはわかってくるが、個々の定数を科学的に割り出して抵抗やコンデンサの値を求めて設計し、オシロスコープで検証するというようなことはできない。
ただいい音を求めて、インターネットの諸賢が頒布している基板や、公開されている回路図を基に部品を買い工作をしているだけだ。
この部品集めについては求める範囲においては楽しんでいるうちに、どこに行けば安いとか、探しているものがどこにあるか、などということは秋葉原歩きでわかってきた。ぼくにとってはクラシック音楽を聴くことに伴う、電子工作のための秋葉原歩きが楽しみのひとつだ。
もちろんハンダづけなどの手作業もとても楽しい。
秋葉原で直接買えないトロイダルトランスや半導体は通販に頼ることになる。ゆくゆくはオシロスコープを入手したりしてみたい。
録音はまだもっぱらパソコンのサウンド機能を使ってAudacityでやるくらい。

10_05_10a
22:02:17 - belle - No comments

2010-05-09

初夏の陽気

すっかり半袖の気温。
妻の母の一周忌法要に行ってきた。
酒を飲んで帰ってきて、また居間で寝てしまった。
23:59:00 - belle - No comments

2010-05-08

黄バラが咲く

花木は、年によってよく咲いたり咲かなかったりするが、今年はバラがたくさんつぼみをつけている。つるバラ(?)は一昨年思い切って剪定したので去年はだめだったが今年はこれもいいようだ。
写真はまだ若い株の黄バラの花。

10_05_08a

メインアンプはときどき聴くのを替えてみるが、久しぶりに電源を入れた真空管アンプがなぜか発振している感じ。配線を見直してみたが問題はない。なぜだろう。
なんとなく応急処置ではだめそうなので、配線のハンダのやり直し、定数の見直しをしたほうがよさそうだ。
23:31:44 - belle - No comments

2010-05-07

テレビを見ながらだいぶ寝てしまう

ちょっとハンダづけしようと思っているうちに寝てしまった。
さっきは、孫とゼンマイ仕掛けおもちゃの真似をして遊んだ。
先日の新宿御苑の木の写真。やはりこの公園では、本当は大きな木が遠くから全体を撮れるのでそのほうがいいのが撮れるようだ。

10_05_07a
23:58:00 - belle - No comments

2010-05-06

Captcha

このblogでもpluginを入れて使っているが、灰皿町の4つの画像掲示板にCaptchaを入れてみた。
Debian GNU/Linuxではperlのmoduleでは「Authen::Captcha[G]」と「GD::SecurityImage[G]」が使える(CPANからではなく正式Packageからインストールできる)。
それぞれ、

#apt-get install libauthen-captcha-perl
#apt-get install libgd-securityimage-perl

でOKである。これを出来合いの掲示板スクリプトの改造に使うときには、少しのPerlの知識が要る(CGIの知識も)。

Authen::Captcha - search.cpan.org

GD::SecurityImage - search.cpan.org

「Authen::Captcha」はblosxomでもすでに使っているので、こちらにしてみた。
後で「GD::SecurityImage」もいいなと思ったが作ってしまったので、当分これでいくつもり。
上が「Authen::Captcha」の生成した画像、下が「GD::SecurityImage」のサンプルである。

10_05_06a

10_05_06b

後で、「GD::SecurityImage::AC」という「Authen::Captcha」で使っていたスクリプトをそのまま「GD::SecurityImage」に置き換えるmoduleがあることを知った。これはCPANから直接インストールする必要があるうえに、あまり推奨されないと書いてあった。
次の機会には「GD::SecurityImage」を試してみようと思う。
22:14:57 - belle - No comments

2010-05-05

秋葉原で電源基板の部品を買う

今日は半袖でも暑いくらいだった。突然Tシャツの季節。
御苑の写真の続きで、これは何の花だったかな。幼いころから見慣れている。

10_05_05a

ちびちび進んでいるUSBDAC+プリメインアンプと、基板を一部換装して遊べるプリアンプの電源部の部品を買ってきた。あとはトランスとケース。

10_05_05b
21:52:32 - belle - No comments

2010-05-04

亀とチャンチン

新宿御苑の池にはたくさん亀がいる。

10_05_04a

チャンチンという木はどんな木かと思っていたが、御苑にあった。

10_05_04b
23:57:00 - belle - 2 comments

2010-05-03

リンク付きメモ帳・Tomboy

GNOMEのアプリケーションのアクセサリにTomboyというのがあって起動してみた。
これは下のように言葉がいろいろなメモにリンクできる。
つまり1つのメモを書き、それに関連するメモをすぐに出すことができる。これはなにかと便利なメモ帳だ。検索もできる。外に持ち出したネットブックのメモとデスクトップのメモを統合することはどうするのか調べていないが、たぶんできるのではないかと思う。
インターネットでなにかコピペしておこうとして、それにほかのメモからリンクを張るようなことにも利用できる。
下は試しに作ったメモ2つとリンク。

10_05_03a



今日は汗をかくぐらい暖かい日だった。みんなで新宿御苑に行く。
木陰で弁当を食べた。池で泳ぐ亀などの写真も撮ったのだが、とりあえず藤の写真。

10_05_03b
23:08:07 - belle - 2 comments

2010-05-02

四つ葉のクローバー

先週の散歩のときに採った四つ葉のクローバーを押し葉にしてみた。
生えている地面をよく見れば、普通すぐに見つかるような気がする。このときも2つ見つけたが、試しに1つだけ手帳に挟んで持ち帰った。

10_05_02a
23:46:05 - belle - No comments

2010-05-01

だらだらと1日過ごす

テレビを見ていたらかなり眠ってしまった。
今日はクラシック音楽のDVDを見たりして、なんとなくだらだらと過ごした。
ネットブックで居間でいろいろできるので、食卓に置いてある。
23:57:00 - belle - No comments