Fujimi_3_Haizara-Cho(Rinzo_Shimizu)

2011-09-30

マルチタッチ?

手持ちのAndroid端末での不満は、2つの指で画面を拡大できないことだ。
マルチタッチの機能というらしい。
文章を読んでいて、部分的に拡大するというのが簡単にできることは、かなり必要な機能。
これを書いているような大きなモニタだと、マウスで自在に拡大縮小できるが、これがタッチパッドでできるとさらにいい。
でも10インチぐらいの画面には表示の限界がある。
タブレット端末は、まだ工夫されて発展するような気がするのだろう。
23:17:02 - belle - No comments

2011-09-29

無線LANでつなげたAndroid端末

この中国製の端末は入手した翌日にちょっと分解しようとして、1つジャックがとれてしまったのだ。
それでゲーム機にしてあったのだが、無線LANがつながっていろいろできるようになった。
下はYouTube観賞の専用アプリで「しゃべる猫・しおちゃん」を見ているところ。

11_09_29a

そのうちiPad2を買うかどうか迷っている。いろんな意味でいいらしい。
22:19:46 - belle - No comments

2011-09-28

無線LANでつなげたLinuxネットブック

Debian squeezeをインストールしたネットブックを今で見ている様子。
無線LANは必要ないと思っていたが、昨日も書いたようにiPadやAndroid系のタブレットを使うときには必要のようだ。
ルータのジャックに無線LANアクセスポイントを差し込むだけで、後は電波を受ける端末を設定することで無線でインターネットを参照できる。
有線LANが使えて、許可が出るところなら、このアクセスポイントを持ち歩いても便利かと思った。

11_09_28a
23:44:35 - belle - No comments

2011-09-27

無線LANとネットブック、タブレットPC

このごろ地下鉄に乗るとiPhoneやAndroidのスマホ、iPadなどのタブレットPCを見ている人が多い。
有線LANに一つ無線LANのアクセスポイントを作って、階下でもネットブックを見られるようにした。もともとは長いLANケーブルを這わせていた。タブレットPCは今急激に発展している分野なのだろうが、Android端末もネットブックもうまくつながった。

11_09_27a

タブレットPCはたいてい有線LANのジャックがついていない。無線LANが前提だ。
ウチのはサーバをやっているので、有線でないとなんとなく嫌。でも今回つなげてみて、必要なときにインターネットでupdateするためには便利なのかもしれないと思った。
22:30:16 - belle - 2 comments

2011-09-26

録音のチャンスを狙っているが…

今日は小雨模様だった。昼ごはんはそろそろ冷たい蕎麦などより温かいうどんなどが食べたくなってくる。
このまま暑さは戻らないだろうか。
リニアPCMレコーダーを使うチャンスを狙っているが、とりあえずこのblogのPodcastingの1回2MBの範囲で録音してみようと思う。短い詩の朗読なら十分なファイルの大きさだ。
ほかにもWAVで保存できるICレコーダはあるのだろうが、これだとパソコンに入れたときにAudacityなどで加工が楽である。WindowsのソフトもバンドルされたCDも入っていたので、Windowsマシンだと複雑なことができるかもしれない。Windows版Audacityはすぐに入れられる。
22:18:54 - belle - No comments

2011-09-25

コオロギの声

今日はよく晴れて、気持ちのいい気候だった。
Windowsを入れたマシンは、メモリの位置を交換して以後BlueScreenは起こらない。
大量の仕事をさせたが(ほうっておいて^^;;)問題ないようだ。
午前、近所の畑に行ってコオロギの声を録音してみた。



かぼちゃの雄花も声のするあたりにはだいぶ咲いている。
21:57:12 - belle - 4 comments

2011-09-24

ノルウェーの景色

息子たちが北欧に行ってきて、写真のバックアップをした。
今ごろは観光シーズンオフで、静かに過ごしたらしい。上の写真は動画からのキャプチャ。

11_09_24b

11_09_24a
22:38:46 - belle - No comments

2011-09-23

Windowsマシンのメモリを挿し替えてみる

ベルの鳴き声を録音しようとして、まだ長時間のができない。
それにしても、このICレコーダ(Sony PCM M10[G])は、WAVで録音できるのがいい。Linuxならlame[G]からmp3にタグ付きでコンバートするが、Windows用にはソフトが付属していた。Windows用のAudacityでOKなのだがこれもインストールしてみた。
mp3のICレコーダが小さいデジカメとすると、このWAVのICレコーダは一眼レフという感じ。
実際にはモーツァルトの室内楽など機会があったら、許可をもらって生録してオーディオ再生させてみたいものだ。そういうありがたい録音ができたらWAVフォーマットのまま灰皿町で公開してみたい。ダウンロードするにはファイルが大きくなりすぎるかな。
でも、こないだVistaをインストールしたマシンはBlueScreenから自動的な再起動がたまに起きる。
なにか作業をしていると、ファイルが消えてしまうので、こまめにUSBメモリにバックアップして、Windowsマシンはプリント道具、作業道具として働かせている。メモリテスト、HDDの様子を見るソフト(これはHDDの劣化の状態を見るのに役立つかもしれない)を入れて問題ないので、4つのメモリを差し替えたりしてみた(ただ挿す場所を取り替えるだけ)。これでさらにBlueScreenが起きると、マザーボードの劣化が疑われる。実際、オンボードLANの部分は劣化しているのを確認しているし、7年たっているので、本体が劣化してもおかしくない。
22:10:24 - belle - 2 comments

2011-09-22

台風一過だったが……

午前、気持ちよく晴れた。
布団なども干したが、午後になると雨が降ってきた。
朝の写真。

11_09_22b

ベルはときどき数分鳴きつづけることがある。それを狙ってリニアPCMレコーダで録音しようとしているのだが、数秒のしか録れていない。
22:10:01 - belle - No comments

2011-09-21

台風15号

ちょうど通過時に帰る時刻があたり、軒並み電車が止まっていた。
食事をして時間をつぶし10分ぐらいしてから動きだしたが、いつも使う私鉄が止まっていた。バスに切り替えたがそこで渋滞にあった。
午後1時ごろの嵐の音。



帰宅時なので渋谷駅に人があふれていた。

11_09_21a

音声を編集するモニタにはやはり簡易アンプではなくて、オーディオアンプをつけたほうがいいように思う。
22:53:01 - belle - No comments

2011-09-20

無水アルコール

電子工作でアルミ板の表面を脱脂するときに使うので、前から欲しかったのだがたまたま薬局にあった。
よくわからないが消毒用アルコールは水の成分があるのだろうか。
電子機器の掃除にはなんとなく無水アルコールのほうが掃除には向いている感じがする。

11_09_20a
21:30:10 - belle - 2 comments

2011-09-19

保存する記憶媒体

写真などはSDカードの値段がだいぶ下がったので、これはこのまま(撮って記録されたまま)保存していくのが楽だと思う。
USBメモリはいろいろ用途があるが、ハードディスク内で分類したサウンド、動画などカテゴリに分けて保存するのに向いている値段になってきた。
昨日のリニアPCMレコーダーはWAVファイルで保存するので、MP3の10倍ぐらいの大きさがあるが、16GのUSBメモリならかなり長時間のWAVを入れられるだろう。パソコンのAudacityで録音するものもWAVで別のメモリに入れておくと屋内、屋外とわかりやすいかもしれない。

11_09_19a

今日は夜、急に涼しくなった。
22:14:59 - belle - No comments

2011-09-18

スマホみたいなリニアPCMレコーダー

パソコンにマイクをつなげればOKなのだが、外で録音するときには今までどうしてもmp3のフォーマットだけが使えるものしかなかった。
Sony PCM M10[G]というのが電子工作のサイトで紹介されていたので、買ってみた。圧縮されていないフォーマットで録音できるということである。ライブなんかでそのまま録音すればかなりいい音で録音できると思う。
外観は、下のようにスマホみたいである。

11_09_18a

テストで、外に出て虫の音を録ったので久しぶりにPodcastingに入れてみる。


22:22:19 - belle - No comments

2011-09-17

昨日のアルバムに粒々が写っていた

ホストにアップロードしてから気づいたのだが、ファイル名で「045」のものの空の映像にゴミのように粒子が写っているのに気づいた。
撮像素子はかなり拡大して点検したがゴミはないので、これはたぶん鳥だろう。
鳥の群れが偶然写った。
その部分を拡大してみたもの。

11_09_17b

11_09_17a

元の写真。中央付近に砂粒のようなものが見える。
21:02:29 - belle - No comments

2011-09-16

朝焼けから日の出までのアルバム

撮像素子のフィルタのゴミは完全に取れたようなので、朝、起き抜けにちょうど日の出だったので数枚撮ってアルバムにした。
カメラの取扱説明書はあまり読んでいなかったが、熟読しておくとなにか役に立つことが出てくるかもしれない。

2011年9月16日・朝焼け、日の出まで

11_09_16a
21:29:53 - belle - No comments

2011-09-15

撮像素子の汚れだった

カメラのボディの撮像素子というかその前のフィルタをブロワーで吹いたら、元の場所に汚れがなくなった。
あ、これでOKと思ったが、よく見るとほかのところにある。
いちいちフォトレタッチするのは面倒なので、もう少しボディのほうの掃除をしてみようかな。
しかし、撮像素子にそのままブロワーが触れたら「一巻の終わり」という。
でも、このカメラはかなりハードに活躍してきたのだ。なんとかしたい。
普通の景色を写す分には気にならない程度だが。
写真はブローした後のもの。

11_09_15a

下は古いレンズで撮ったもの。レンズによって雰囲気が変わる。ただし、ピントを合わせるのは機械に任せたい感じ。

11_09_15b



カメラのメニューを見たら「クリーニングミラーアップ」というのがあった。
これをして、ブローしたら、すっかりゴミがなくなったようだ!
明日、青空を写してみよう。
21:07:27 - belle - 2 comments

2011-09-14

交換レンズ

一眼レフカメラはいろいろな場面でレンズ交換して楽しめるのがいいところらしい。
でもぼくの場合、マクロレンズとか欲しいのはあるが、いつも55-200mmのレンズを使っている。
これだと旅に行ったり、何かの会に行ったときにちょうどいい望遠レンズになる。
一昨日、アルバムを作ったらまた左上のほうに小さな汚れが写るのに気づいた。
これはカビだろうか? 分解してみたいがさすがに精密すぎる。NIKONのサービスセンターに聞いたら、今の予想だと10000円ぐらいかかりそうだ。いずれこのレンズは修理に出すが、さあどうしようというところ。
下の写真は35-70の銀塩写真のレンズをデジカメに付けて撮ったもの。ちゃんと録れるがオートフォーカスがきかない。近視なのでピントが合いにくく、外出時の眼鏡をかけて撮る。
レンズはかえって明るいのだろうか。
幸い、問題は本体ではなく交換レンズにあったので、レンズを替えれば汚れは写らない。

11_09_14a

右のブロワーでさんざん掃除したが、あまり本体の鏡などを眼鏡ふきなどでこすったらいけないようである。でももうこすってしまったので、仕方ない。
21:50:54 - belle - No comments

2011-09-13

食卓の観葉植物にいたテントウムシ

前に金色の筋のある葉の観葉植物の写真をこのblogに出したが、今日、ふと見るとテントウムシがとまっていた。
フタホシテントウだろうか。

11_09_13a
20:46:59 - belle - No comments

2011-09-12

9月初めの雲の変化

昨日、SDカードの記録が満杯になりかけていたのと、ちょうどいい雲が出ていたのもあって雲の写真のアルバムを作った。

2011年9月11日・雲の変化(ImageIndex)

今夜は月もいいようだが、雲は過去の記録を見てみるとこの時期、変化がきれい。

11_09_11a
21:16:06 - belle - No comments

2011-09-11

もんじゃ焼き

今日は蒸し暑いが、いい雲が出ていたのでだいぶ写真を撮った。そのうちアルバムにしてみよう。
お好み焼き屋さんで、いろいろ食べた。
もんじゃ焼きというのはあまり食べたことがないが、だんだん食べつけてきておいしいものだなと思うようになった。

11_09_11a

Windows Vistaマシンは突然再起動することがあり、7年も、それも数年はハードに使っていたので傷んでいるのかもしれない。
でもデータはいつもバックアップしているのでパソコンはいつ壊れてもいい感じ。
22:47:00 - belle - No comments

2011-09-10

Windowsマシンのボタン電池が消耗していた

電源を入れると自動的に再起動してしまうことがあったので、ボタン電池のCR2032をテスターで測ってみたら0.1Vぐらいしかなかった。
一度取り出すと、CMOSクリアになってBIOSが初期状態に戻ってしまったので、時刻とBootプライオリティを設定しなおした。
このマザーボードIntel BOXD875PBZLK[G]は2004年に買ってだいぶ使ったので、そろそろ壊れてきたのかもしれない。まあ来年春までもてばいいとは思う。
このマザーボードはけっこうな値段がした。
写真は、テスターと、買ってきた電池の写真。

11_09_10a

11_09_10b
21:54:24 - belle - No comments

2011-09-09

Windowsマシンにインストールしたソフト

まだ少し蒸し暑いがツクツクホウシが鳴いて、そろそろ夏の終わりを告げている。
結局、Windows Vistaのマシンには、

AVG Antivirus FREE edition[G]
メールを使わないがいちおう。
秀丸[G]
かなり昔に4000円払ってある。
ffftp[G]
The Gimp[G]
プリンタとスキャナにバンドルされていたAcrobat Reader9など。
ゲームのゼビウス[G]
ハガキソフトの試用版。ぼくの場合はこの試用版でずっと大丈夫なようだ。
flvなどを作るフリーソフトとフリーのワープロソフトを入れた。
OpenOffice.org[G]は入れるかどうか迷うところ。

23:40:16 - belle - No comments

2011-09-08

Windows Vistaのサポート期間

RSSでこのblogはfacebookのノートでも読めるようにしてあるのだが、そこで長尾さんにVistaのサポートは来年4月までだと指摘された。
インストールは昨日のやり方で全部うまくいったが、これにWindows7のupgrade版をインストールするとなると、いざ不具合が出たらすべてのインストールにものすごく時間がかかってしまう。
Windowsで必要なのはPDF作成ソフトとか、写真プリントとかWindowsがデバイスをサポートしている商用アプリケーションプログラムだ。
しかし、たとえ5年もつとしてもupgrade版だとマシンも壊れることもあるかもしれないし、あまり現実的ではない感じがする。
でも、だいたい僕はせいぜいLAN内のネットワークでWindowsは使い、メールもLinuxでやっているので、ほとんどスタンドアロンで大丈夫なのだ。
まあ、機会があってWindows7を買うときもあるかもしれないが、逆にデバイスドライバの関係でいろいろ動かなくなったり面倒なこともありうる。成り行きでWindows OSのマシンは来年春からしばらくスタンドアロンマシンになるかもしれない。

11_09_08a

Linuxはネットブックもきわめて安定して動いている。
21:23:14 - belle - No comments

2011-09-07

Windowsの再インストール

古いインストールディスクなので、Vista service pack1や2がインストールの後にインターネットからファイルを取得し自動的に更新される。
しかし「error800B0100」というエラーが出るので下のように「Windowsの復元」を試みた。

11_09_07a

しかし、今度は画面の解像度が変になってしまった。これは解決できるかもしれないが、また初めからインストールしたほうが早いように感じたので、再インストールしている。
168個ぐらいの更新がインストールされるが、この際、「error800B0100」を避けるのに、下の方法を使っている。


How to resolve Windows Vista Update error 800B0100 – Simple Help


昨日はアプリケーションソフト、秀丸、The GIMP、Acrobat9などを「Windowsの更新」の前にインストールしてしまったがまっさらな状態でWindows Vistaの最新のところまでもっていくことにした。
これでうまくいくかどうか。
22:26:15 - belle - No comments

2011-09-06

Windowsのインストール

最初に入れたマシンではないので、2台では同じシステムを使えないようになっているだろうから、元のマシンからはバックアップファイルを吸い上げる。あとはHDDもなんとなくへたってきているので、分解して、記録面を壊して塩を振って燃えないゴミの日に出すつもり。
だいぶ速くなったが、今日電源を入れるとしばらくすると「99個の更新」をインストールするらしい。
今日はここまで。

11_09_06a
22:30:49 - belle - No comments

2011-09-05

Windows Vistaのインストール

Windowsでちょっと速く作業できないものか、というものがあってSSD[G]でも使うか手持ちのHDDにインストールするか、と考えた。
が、HDDを取り外したりするのが暑くていやになってしまったので、だいぶ前32ビット版Linuxで使っていたものにそのままインストールすることにした。500GBも容量がある。
Windowsにはこれほどの容量はいらないと思っているが、動画など保存することもあるかもしれない。
やっぱりHDDに動画や写真をそのまま保存しておくことは、危なすぎる。むしろUSBメモリなどやLinux機に入れたほうがいいような気がする。
でも、さらに200GのHDDがマウントされケーブルをつないでなかったり、なにがなんだかわからなくなってきたので、このままインストールする。

11_09_05a

目的は速く作業をするためなので、クリーンインストールして、遅かったりしたら、どうしようかというところ。
22:23:35 - belle - No comments

2011-09-04

遠くで台風通過中

このあいだの台風も移動速度が遅かったが、今回の台風も遅い。
大変な雨の被害のようだ。
停滞する台風の雨雲は東京でも断続的に雨を降らせている。

11_09_04a

11_09_04b

電子工作を少し休んでいるが、自作パソコン関係の宝箱(ガラクタ箱?)を見ていると「性能的」に劣化した部品がだいぶあるようだ。
結局、パソコンケース以外は長年使えるものはなくなるような感じ。
でもSSDの価格がだいぶ下がってきたなどの、その時々の自作で興味の対象は少しずつ変わってくる。
20:57:54 - belle - No comments

2011-09-03

蒸し暑いけど風が入る

台風はこちらに直撃はしなかったようだ。
SSDというメディアはHDDに代わっていくものとして発展するのだろうか。
これをHDDのように使っているパソコンも実際にあるが、これだとHDDのモーターの音もしないし、あまり熱を持たないように思う。
問題はbootするときに制約があるかどうかと、耐久性だが、経緯からいけばかえって耐久の信頼性が増していくような感じがする。
今のうちに試しに64GBぐらいのにWindowsを入れてみようかと思ったりした。

11_09_03a

これから階段を下りるベル。
22:48:44 - belle - No comments

2011-09-02

蒸し暑い夜

台風が来ているので、蒸し暑い気流が押し寄せているようだ。
とはいうものの雨は激しく降らないので、なんとなく中途半端。
でも先日はいないときに落雷があるほど降ったのだから、油断できない。雷はなさそうな感じもあるが。
22:31:57 - belle - No comments

2011-09-01

2つのmicroATXケース

片方はWindows Vistaマシンで現役で仕事にも使っているが、このケースはもともと灰皿町の初代サーバのRedHat Linuxを入れてあったものだ。
めぐりめぐってPentium4 2.8CGHzというCPUでfsx型電源で使っている。
この小ケース用の電源のファンが問題で、口径が小さいのでどうしても騒音が大きくなる。調べたがsfxタイプで静かな電源ユニットは見つからない。
それで普通のATX電源も入れられるmicroATXケースのほうがいいということになる。
Windowsの場合は長時間電源入れっぱなしではないので、多少うるさくてもいい。
下のアルミケースも電源ユニットを取り替えたりした(このケースには大きい電源ユニットが入れられる)が、懐かしいPentium MというCPUが入っている。これを動かしているマザーボードの装着メモリの限界は2GBだ。
メモリのことからいっても場所があればATXがサーバに向いていると思う。静かなものに作り上げることができるし。

11_09_01a

11_09_01b
20:32:20 - belle - No comments