Fujimi_3_Haizara-Cho(Rinzo_Shimizu)

2012-01-31

ミニ三脚、DSD

このごろDSD[G]というのが話題になっている。
音が格段によいとのことだ。
上のDSDのGのところを押していただければわかるが、Plyaystation3もDSDを再生できるらしい!(Wikipediaに書いてある)
まだ雲をつかむような話だが、PS3のHDDにパソコンでDSDファイルを入手あるいは作って(?)、USBメモリから移せばいいのかな。LinuxでCDをリッピングしてDSDにするソフトがあるかどうか後で調べよう。
SonyのPCM-M10で録音するので、三脚が欲しいと思って秋葉原をぶらついたら「あきばお〜」に300円ぐらいのミニ三脚があった。
下は装着した写真。このPCMレコーダーにはリモコンがついているので、離れたところから操作できる。
ヘッドホンやイヤホンをつければ、他人が朗読するのをモニタしながら、録音できる。

12_01_31a

12_01_31b

取扱い説明書によると、内蔵メモリは4Gあり、外部メモリ4Gで「LPCM96.00KHz/24bit」で約2時間ずつ録音できる。
これは内蔵メモリは使わないで、4Gが300円ぐらいなのでこれを録音した状態で保存するべきだろう。
音声のほうはうろこシティのほうのWPのPodcastingでテストしてみよう。
次に詩作品の朗読の録音ができればと思う。
22:34:27 - belle - No comments

2012-01-30

冬晴れのきれいな雲

冬晴れで、きれいな雲が出ていた。

12_01_30a

うろこシティも灰皿町と同じく、HDD領域は広い。
住人として、このごろLinuxをよく使われている冨澤守治さん、灰皿町吸殻山地区にお住まいの桐田真輔さんに参加をお願いした。まだ工事中のようだが、そのうちにユーザの紹介ページを作ろうと思う。お二人とも別宅ということになる。
じつはもう一つ外部のサイトで領域が使えそうだが、外部なので自由度は自宅サーバより低い。
でも、ある程度使うかもしれない。
22:42:42 - belle - No comments

2012-01-29

今日までバックアップ週間

なぜか数日サーバのバックアップのシェルスクリプト(rsyncとcronを使った)を改変して、サーバからのバックアップシステムを構築していた。
rsyncで問題になるのはファイルのオーナーだ。オーナーがwww-dataのファイルが生成されると、いったんユーザのファイルにしてからバックアップして、元に戻すというスクリプトをかかなければならない。
でもsshのhostbasedauthenticationとrsyncはやはり便利だ。複数台のパソコンの中をまるで一台のパソコンの中のようにパスワードなしに動き回るようにできる。
今回mysqladmin[G]というのをインストールした。
データベースのバックアップは、前にも数回書いたように、

mysqldump -u(ユーザ名) -p(パスワード) DATABASE > バックアップファイル名

として作る。それをもう一台のパソコンで取得して、展開する。展開するときには不等号を逆向きにすればよい。
最終的にサーバを入れ替えるときは、ほとんど異本ができている。というのもLAN内のほかのマシンから見るとアクセス記録などがデータベースに記録されて、サーバとは別の内容のデータが入るから。そこでいったんデータベースを削除する。

drop database DATABASE;

であるが、さらに、同じ名のデータベースを作り、

create database DATABASE;

手順としてはここに、

mysqldump -u(ユーザ名) -p(パスワード) DATABASE < バックアップファイル名

として展開する。このとき、mysqladminを使えば、前の処理を、

mysqladmin -u(ユーザ名) -p(パスワード) drop DATABASE
mysqladmin -u(ユーザ名) -p(パスワード) create DATABASE

とシェルスクリプトの中に書ける。
dropするときには「本当にドロップする?」と聞かれるが、これをやるときには新しいサーバ上でやるので、エンターキーぐらいの手間はいいだろう。
今日もちょっと寒い。

12_01_29a
23:33:58 - belle - 2 comments

2012-01-28

居間で音楽を楽しむ

といっても片方ではテレビがついているので、ヘッドホンステレオを使う。
テプラで機種を書いて貼らなければいけないが、下の2つはfujiwaraさんのところの基板を使ったもの。DAC、プリアンプ、ヘッドホンステレオとつないである。
上のヘッドホンステレオはぺるけさんの手配線のものである。
さらに上にのっているのはiPad2。

12_01_28a

居間でいろいろと楽しめる。
23:50:00 - belle - No comments

2012-01-27

電信柱のハト

ハトだと思って写したら、なんとなくムクドリふうにも見える。
でもこれはハトだとは思う。
この電信柱の頂上にハトがとまるのは珍しい。

12_01_27a

ジッタクリーナはDAC1794-1.5で5V別電源(テストでスイッチング電源)でやってみた。というのも、本体の電源を流用すると三端子レギュレータが発熱したからである。
さらにジッタクリーナだけで電源を入れてみたら、ICが熱くなる。そこでICを再半田すると、温かくなる程度になった。
これでDACにつないでみると雑音が出るのみ。
なにか根本的に勘違いしているのかもしれない。というのも、ぼくは回路を理解しているわけではないので、論理的にやっているわけではなく、ある意味、勘でやっている。
作例ではICの裏の半田づけをしっかりとやることが重要らしいが、これは70Wの半田ごてで何回かやった。
しかし雑音が出るだけ、まったく音がでないよりいい。
あとは場所による電圧の確認、クリーナICの裏をしつこく再半田ぐらいだろうか。でもこのDAC素子には向いてないということはあるのかなあ。素人なのでわからないが、こういう試行も電子工作の醍醐味だろう。



翌日記:どうもSI5317D-C-GM[G]の半田づけ不良がいちばん疑わしいので、しつこくやりなおしたらICの足を壊してしまった。このICの半田づけを甘くみていた。
さいわい基板のほうはまだ使える感じ。
これは通販で800円ぐらいなので、注文して入手して出直し。
23:59:00 - belle - No comments

2012-01-26

HTML用のPerlスクリプト

長尾さんのOLBCKで大抵のことはできてしまうし、慣れてくれば多量のHTMLファイルを生成できる。
OLBCKはほとんど単なるテキストのファイルを1つずつあるいはまとめたりしてHTMLファイルに出力できる。
外部CSSファイルを使うことも簡単だ。ヘッダの設定に入れれば利用できるし。
ただ、CGIで生成されたBBSのログなどは別の単一ファイルが多い。あるいはデータベースに入れれば、BBSのログはわざわざHTMLに書き出すこともないかもしれない。

微細日記 過去ログ

12_01_26a

この単一ファイルはいろいろバージョンが作れる。
1つのPerlスクリプトでたくさん生成してしまおうということであるが、前後ページへのリンクなどはほかのものにも応用できるし、1度作ってしまえばけっこう便利だ。
下の画像部分はファイル名決定のサブルーチン。ちょっとへんなコードかもしれないが、きれいなHTMLファイルが生成できればよしとする。

12_01_26b

うろこシティ用にPerlDBIとMySQLのBBSを作りたいと思っているが、これはまだちょっとかかるかもしれない。
22:30:31 - belle - No comments

2012-01-25

雪の後の空

今日はちょっと、ジッタクリーナーでまたじたばたしたが、もう1つDACを作ろうかな、と思う。
Linuxマシンのなかでも古いもののHDDからUSBメモリにバックアップした。16Gのメモリが1000円ぐらいだ。
通常はHDDからHDDへとLAN経由でバックアップを行うが、現在までに数台にいろいろ写真など多少散っている。
これを、ひとつにするには面倒なので、必要なところを全部コピーすることにした。
だが、このコピーが終われば多少安心だろう。

12_01_25a

それにしてもBlu-rayというのはダブルレイヤーで50Gぐらい入るらしい。USBメモリに比べれば場所をとるが、容量の大きさが魅力である。
23:59:00 - belle - No comments

2012-01-24

すごい、ジッタクリーナ

fujiwaraさんのところからリリースされたジッタクリーナ[G]を買っておいて、組み立てDACの新しいのをつくろうかなと思った。
ところがDAC1974-3.5Aの基板におあつらえむきに載せることができる(fujiwaraさんの定電圧基板と同じサイズ)。とりあえずこれに使うことにした。
これが0.5mmの隙間のICの足なので、一度は半田不良があったが、音が鳴りだすとすごい感じ。
プラセボもあるのかな。でも300fm(フェムト秒[G])がSi5317[G]の性能として実現できるということだ。もともと市販品ではpcm1974を2つ使うということでもかなりの値段がするだろうが、これをさらに洗練させることに成功したようだ。(12時過ぎ記:基板の電源を配線していなかった! 単に基板を信号が通っていただけでした;_; これは後日別のDACを作ったときに試そうと思う。たぶんうまくいったあかつきには、いろいろな作例から見て、「すごいジッタクリーナ」と書きそうなので、タイトルは「夢」を残す意味でそのままにします。

12_01_24c

DAC1974-3.5AのDAIからDACに向かうBCKの51Ωの抵抗(R20、ダンピング抵抗)をはずして、「in」「out」の線をつなげるだけ。(翌日記:5V電源から配線して、音出しはできましたが、雑音があります。このやり方は間違っているかもしれません。せっかくもともと素晴らしい音の出るDACなのでここは撤退して、ジッタクリーナは新作DACでテストする予定にしました。)
昨日は夜から雪、夜景と今朝の風景。

12_01_24a

12_01_24b
23:13:37 - belle - No comments

2012-01-23

雪の前の雲、RS232Cケーブルでマイコンライター認識

今はしんしんと雪が降っている。
朝の雲。

12_01_23a

Windowsにつなげる「オス-メス」のRS232Cケーブルを300円ぐらいで買ってきた。先週のが無駄になったがしようがない。
これでCOM1として認識された。

12_01_23c

SX18AC[G]というのをセットしたが、書き込むアセンブラでビルドした機械語がない(^^;;)。というかおもちゃがない。
でもこのマイコンはPIC16C54[G]というのと互換性がある。
なんかわからないが表示された。
これはマイコンとつながっているかどうかがわかるのではなく、Windows用のプログラムを起動しただけ。

12_01_23b
23:41:56 - belle - No comments

2012-01-22

顕微鏡デバイスでIC半田づけチェック

お年玉年賀はがきは、切手が6枚あたっていた。2枚ぐらいのときもあるし、今年は多いほうかな。
細かい足のICの半田づけチェックしていて、ついでにその辺にあるものを撮ってみた。
ICは下の段の左から2番めの半田づけがちょっと怪しい。

12_01_22a

こないだの秋月の「お楽しみ袋」に大量に入っていたもののなかから、表面実装タイプのインダクタ。

12_01_22b

グレープフルーツの皮。

12_01_22c

半田づけ確認も、普通の人が虫眼鏡で見てもしかとわからないとなると、こういう顕微鏡デバイスがあると便利だ。
23:54:00 - belle - 2 comments

2012-01-21

PICライターの動作確認。ボッケリーニのギター・クインテット

秋月のPICライターの電源は15V以上で200mAぐらいのものがいいというので、帰りに秋葉原に寄ったが秋月はもう仕舞っていた。
リンクマンというメーカーのACアダプタ15V/0.8Aを買って、動作確認。
片方のLEDが点灯して、もう一つが4回点滅すればOKということで、そのとおりの反応をしたので、あとはパソコンのシリアルポートに接続。
そして、チップマイコンに書き込むことができるのだが、RS232Cのストレートケーブルは片方がオスで片方がメスの必要があった。
これを間違えて買ってきたのでパソコンにつなげられない。

12_01_21a

BrilliantレーベルのBoccherini Guitar Quintets[G]というamazonで注文してあった2枚組のCDが届いた。
外国からの発送なので2週ぐらいかかったが、安くていい。

12_01_21b

Perlクックブック[G]の値段を調べていたら、翻訳だと2冊で9000円ぐらいだが、英語の原本だと翻訳の2冊分で1000ページぐらいで3600円ぐらいなのがわかった(ペーパーバック)。
日本語でもあまり読まないかもしれないので、ここは英語のにしようかと思う。
22:39:30 - belle - No comments

2012-01-20

雪の朝。PICライターをほとんど作る

今朝は雪だった。毎年、1〜2月ぐらいに雪の朝がある。

12_01_20a

昨日の秋月のPICライターは半田づけしてしまった。あとは、15Vの電源を探して、RS232Cのケーブルを探して、動作確認をするだけだが、せっかくだから実用になるICを電子工作で必要になったときに、手初めはバイナリのコピーだろうが、作ってみようかと思う。

12_01_20b
23:05:52 - belle - 2 comments

2012-01-19

秋月電商のお楽しみ袋

ちょっと所用で秋葉原を通ったので、部品を数個買った。
秋月では3端子レギュレータなどを買ったが、入口のところに「お楽しみ袋」というのが売っていた。
なんかおもしろそうなので衝動買い。1人限定1袋。
1000円だった。
帰って開けたら、いきなりAKI−SXプログラマーキット[G]というのが出てきた。
説明書とWindows95用のソフトの入ったCD-Rが入っていた。これがVistaで動けばいいなと思いインストールしたら動いた。
ICに書き込めそうだ! 定価5800円と札があった。

12_01_19a

12_01_19b

ほかにリールのなにかわからないもの3000個!(ND412G-2-T1[G]) ロジックIC100個ぐらい。フィルムコンデンサ200個(同じもの、これはたまに使う値だった)。インダクタらしきもの、たくさん。なぜかレンズたくさん。
たぶんもう売りきれているかもしれない。
22:04:11 - belle - 2 comments

2012-01-18

冬の空

この時季、飛行機雲みたいなのが目立つ。
いかにも氷の粒が集まったような、霞んだ雲などもある。

12_01_18a

BBSを作ろうと構想を練っているが、実際コーディングしながらやらないとあまり意味がないようだ。
PerlDBIを使ってデータベースにアクセスして、そのままの形でデータ量が増えても快適に動くようなのがいい。
聴いているヴィバルディのCDは20枚目にさしかかった。
23:52:58 - belle - No comments

2012-01-17

録音と新しいBBSの計画

うろこシティのほうに、録音した朗読ファイルを入れようと思っていた。
なぜ灰皿町にも領域があるのに、うろこシティなのかというと、特別の理由はない(^^;;)。
ファイルへのインターフェースは同じにしたほうがいいだろう。実際に聴かれるサーバが違うだけである。
あるいは双方のサーバにインターフェースを作ってもいいかもしれない。
下はSonyのPCMレコーダー。これを使えば簡便なのでよさそう。猛烈に使ってもLinuxパソコンは大丈夫だとは思われるが、いちおうこれを使ってみよう。

12_01_17a

うろこシティのほうにも掲示板を復活させようと思って、文字コードUTF-8のものにしようと思い、「iconv」をつかったら以前より進化したようだ!

$iconv -f EUC-JP -t UTF-8 foo.txt

などとやる。以前、変換でときどきひっかかっていたのでちょっと敬遠していたが、うまくいった。
これで掲示板の体裁などを考えてから、CGIファイルを作成することができる。
22:47:49 - belle - No comments

2012-01-16

2つの半田ごて

帰りに秋葉原経由にして、定電圧基板に使う電解コンデンサなどを買ってきた。
ついでにというわけでもないが、階段の明かりについていた電球(口金E17)をLED電球に替えるということで1個1000円ぐらいで買った。近所で普通のクリプトン型電球が250円ぐらいらしく、それもたまに切れるから、すでにこの型の電球はLEDのほうが安いということだろう。LEDは指向性が強いので、多少感じが違う。なんといっても4.5Wなので電力消費が少ない。
帰って定電圧基板を2枚つくった。久しぶりの半田づけだ。
マザーボードの電解コンデンサ取り替えの試みのときに、買った半田ごて2本。マザーボードの電解コンデンサの全面的付け替えには失敗した。

12_01_16a

左のは30WのHOZAN H-250[G]、右のはGoot PX-401[G]で70W。容量が必要なときは右のぐらいのがいいらしい。
通常の基板への半田づけは左ので十分だった。左のはネジ式のフタがついている。右のは300度から480度までの調整ネジがついている。温度をあげて素早くつけるときにはこれがよさそうだが、ほとんど30Wを使うと思う。
22:19:17 - belle - No comments

2012-01-15

プレステ3でCDを聴く

プレステ3は前にサポートで聴いたのと違って、HDMIのほうには信号を送らずに光でオーディオ機器に別につなげられることがわかった。その際ネットワークでCDの内容などダウンロードできるし、プレステ3内のHDD領域にCDをコピーすることができる。コピーしようとして、その必要はないかなと思い途中で中止した。
シムズ3はちょっと飽き気味。ただし暇なときにはいろいろな角度で遊べそうに思う。建築とか、ガーデニングとか。
下はプレステ3でCDを再生しているところ。

12_01_15a

これから出るテレビの新製品は軒並み、インターネットを閲覧できるというようなことをニュースで言っていたように思う。
とすると、自宅サーバもさらにやりやすくなってくるかな。
23:29:43 - belle - No comments

2012-01-14

2階建てバスを見た

誰も乗っていなくて止めてあったが2階建てバスを見た。
東京でも走ってはいるようだが、これは観光バス? ちょっと古めかしくて携帯のカメラで撮ってしまった。

12_01_14a

ここのところ、あるメーカーのフルハイビジョンのビデオカメラの価格変動を見ていたら、急に1万円ぐらい上がった。それで、新製品の発売時期を見ると2月上旬になっている。普通、型落ちしそうになっている製品はディスカウントされるような気もするが、品薄になると定評のあるものは価格が上がるのだろうか。
23:06:54 - belle - No comments

2012-01-13

トランジスタ

まとめて通販で頼むと、数が多いほど安くなる。
5個が最低数で25個になると安くなり、さらに50個になると少し安くなる、という具合である。
この写真の場合、5個ずつ封入してある。
今回通販で買ったのは、今までの使った数からいって、25個ずつのもの。
トランジスタは製造中止になることがある。それで、過去に推奨されて音がいいトランジスタが銘石と呼ばれるようになる。廃番になると価格が上がる。

12_01_13a
23:24:08 - belle - No comments

2012-01-12

珍しく風邪

久しぶりに風邪をひいて、寝ていた。年末も風邪気味だったが、ほぼ連続してひくのは珍しい。
iPadで寝床でこれを書いている。
夜9時過ぎに快復した感じがするが、寝床からの書き込みを試すことにする。
21:32:04 - belle - No comments

2012-01-11

月が昇る

今日は作りかけになっていた定電圧基板のパワートランジスタが届いたので、とりつけた。
あとは電解コンデンサだけだ。秋月の電源に向く容量が多い電解コンデンサはエントリがときどき変わる。
昨日途中まで聴いたグレン・グールドのDVDは途中からカラーでステレオ録音になっていた。
夜は東から月が昇った。

12_01_11a

部屋が加湿器をつけても乾燥している。さらに風が強い。
21:23:13 - belle - 2 comments

2012-01-10

ヘリコプター

数日前にメジロの鳴き声が聴こえたように思ったので、急いでカメラを持ったが声は遠ざかっていった。
今日は午前東のほうからヘリコプターが2機飛んできて南西のほうに向かっていった。

12_01_10a

グレン・グールドのDVDを入手した。1950年代終わりから60年代初めのころのテレビ用(?)の映像である。
バッハのゴールドベルク変奏曲の演奏はなぜかLP時代のものをかすかに覚えていた。それでテレビで異様に低い椅子に座って演奏しているグレン・グールドが映ったのをたまに見たときになんとなくおもしろく感じたので、買ってみた。
寝間着みたいのを着て、途中から窓のほうへ歩きながら声で演奏して、また楽器に戻るという映像もおもしろい。いま、ブランデンブルク協奏曲が流れているが、鮮やかで客観的な弾き方なのだろうか、よくわからないが気持ちのいい弾き方のように聴こえる。
録音は悪いが(モノラル?)録音を好んで、早くから公開演奏はやめたという。これでも堪能できるが、ステレオ録音のものを聴いてみたい感じ。
23:47:51 - belle - 2 comments

2012-01-09

ヴィヴァルディのCD40枚

Vivaldi Edition[G]というBOXセットを買った。
ヴィヴァルディがいいなと思ったのは数年前からだが、2枚めから聴いていない曲があるのでわくわくする。
Amazonで5700円ぐらいだった。

12_01_09a

モーツァルトばかり聴いている時期が続いたが、DVDなどにも手を伸ばしていろいろ聴いてみたくなってきた。
22:06:48 - belle - No comments

2012-01-08

Linux upgradeの予定は

Debian GNU/Linuxの場合、2013年wheezyがリリース予定でsqueezeはその後、1年サポート期間があるのでまだ先だ。いまのところそれまでにサーバを入れ替える感じではない。
去年から1台、Debian系のUbuntuを使っているが、これが11.10(Oneiric Ocelot)[G]というバージョンで、長期サポートバージョン12.04(Precise Pangolin)[G]は2012年4月26日リリースされる予定だという。これは今年upgradeしておけば5年は大丈夫だが、その前にハードウエアの問題は出るかもしれない。しかし、UROKOCITYのほうはこれをサーバにして入れ替えるかもしれない。
今日のベルの写真。

12_01_08a
22:24:35 - belle - No comments

2012-01-07

昼間の月

Amazonの通販を使うときは、輸入盤のCD、DVD、本などの価格変動が激しい。
先週からVivaldi全集の価格の波が1000円ぐらいあって、最低のときにうまく注文した。
なぜかやたら高騰することがほかのCDではあった。
価格コムなどを見て家電などを買うときも同じだが、価格の推移グラフが見られる。
あとはお得意さんになると、ディスカウントのメールがくるところがある。
今日も冬晴れ、昼の月がよく見えた。

12_01_07a
23:54:00 - belle - No comments

2012-01-06

古い蛍光灯スタンド

30年ぐらい使っている蛍光灯スタンドを分解して劣化したプラスチック部分を取った。
この場合、被覆線は自在管(?)のようなのに入っているからいいが、通常はあまりやらないほうがいいと思う。
スイッチは壊れていなくて、そこを押す部分のプラスチックが劣化していた。

12_01_06a

このまま20形蛍光灯がLEDにしても安くなったら、取り付けようと思う。
23:59:00 - belle - No comments

2012-01-05

年賀状住所の更新

年賀状は数年前からWindowsのはがきソフト試用版がcsvファイルにエクスポートできないので、というわけではないが(^^)、戻ってくる枚数が多かった。
引っ越しされたのをマメに書き換えたりすることが必要だ。
そこで今年はわかるものは来年の年賀状のためにデータベースもマメに書き換えようと思う。
csvファイルは便利なデータ集積ファイルである。ぼくの年賀状の数ならば試用版の表データを適当にコピペしてPerlなどで処理できたらやって、年1度インポートしてもいいだろう。
もう30年ぐらい使っている机上の電気スタンドのスイッチ部分が壊れた。20形の蛍光灯が1本ついている。
分解してみると、そのスイッチ部分のプラスチックが劣化しているだけだった。スイッチ自体はまだ使えそう。
この20形の蛍光灯をLEDに替えるとまだ、けっこう高い。
机の上を広く明るく照らすのが好きだったのだが、あと1年ぐらい経てばだいぶ安くなっているだろう。
それまではスイッチ部分を直して普通の蛍光灯で使うというところかな。
23:29:26 - belle - No comments

2012-01-04

秋葉原でLED電球を買う

昨年も2個ぐらいLED電球を買ったが、小さいクリプトン電球型のもの(普通の白熱電球)が切れたので、同じ型のものを価格コムなどで調べたら1000円ぐらいのLED電球が売っていた。口金E-17[G]
さらに調光器にも対応しているという810ルーメンのLED電球が3280円で売っていたので、買ってきた。口金E-26[G]
東芝と三菱のものである。
クリプトン型は白熱電球の場合、1個250円ぐらいで1年もしないうちに切れていたので、LEDのほうが長持ちするので安くなっているように思う。
食卓のところの電球はつけている時が多いので、電気代節約になるだろう。
さらに20形蛍光灯タイプのLEDが欲しかったが、安いところで在庫がなかった。
これから急速に価格が下がってくるだろうか。蛍光灯タイプはグローランプ方式のに対応していて、インバータなどのには対応していない。この辺も改良されて、あらゆるところがLEDになれば電気代節約効果は大きい。
初秋葉原行きは、今年作るものの部品を物色してくる感じだったが目的のものや衝動買いするものはなかった。

23:34:08 - belle - No comments

2012-01-03

朝焼け

だんだん日も長くなってくるが、起きたらちょうど日の出だった。

12_01_03a

通販でCDを頼んだが、まだ3が日なのでのんびり発送されるだろう。
23:20:58 - belle - No comments

2012-01-02

正月の星空

今日は例年どおり、95歳になるおばさんのところで新年会。
冬晴れが続いているが、寒い。
stellarium[G]というLinuxのソフトで夜空の星の位置を見た。今は西のほうの月の左上に木星が輝いている。
正月は星空がきれいに見える。
このstellariumやKstarをインストールしてあるノートパソコンを持ち歩けば、星座板の役目もする。
また望遠鏡デバイスにつなげることもできるようだ。

12_01_02a
23:38:03 - belle - No comments

2012-01-01

謹賀新年

今年もよろしくお願いいたします。
お酒はあまり飲まないし、このごろは最初のビール1杯から後はノンアルコール飲料に自然になってきた。
先日からPHPで作られたblogシステムを見ていたら、Perlの本が懐かしくてときどき覗くようになった。
今年は懸案の詩作品の朗読を進めていきたいが、こもりがちなので、この性向と折り合いをつけなければならない。
やはり外部録音のほうが手軽だ。
さらに映像だが、FLVというフォーマットでフルハイビジョンの解像度で作ってみたい感じ。
それと音声の品質がよくわかるオーディオ装置をパソコンにつなげること。これは場所がないので、なかなか難しいかな。
23:42:00 - belle - No comments