Fujimi_3_Haizara-Cho(Rinzo_Shimizu)

2012-11-30

作りはじめちゃおう

だいたいUSBジャックはユニバーサル基板では、位置が決まっているようなものだし、PCM2704はほぼ真ん中に置けばいいだろう。
ということでハンダづけを始めてしまった。
ラッピングワイヤと細い錫メッキ線、ピンセットに細いニッパー。
これはDACのICユニットにして、バッファは別基板にしよう。

12_11_30a



そういえば、shimirin.netを自宅に持ってきたときに、外部のサーバでかなり領域を使えるようだ。忘れていた感じ。
ここにも灰皿町から離れた小島などを作るとおもしろいかもしれない。
ただ外部サーバなのでデータベースは使えない。
でも、いろいろ置けそう。
23:26:32 - belle - No comments

2012-11-29

PCM2704の変換基板とUSBコネクタ

PCM2704[G]SSOP28[G]のタイプなので、秋月で70円の変換基板も一緒に買った。
変換基板に番号をふってあるので、とりあえずはユニバーサル基板につけてもわかりやすくなっている。
このタイプのICのハンダづけはさんざんやってきたので、すぐできると思う。ハンダづけのやり方はインターネットで検索すると出てくる。
下の写真は変換基板にICを載せたところ。

12_11_29a

まずは入力の線だが、USBのメスタイプのコネクタの4つの接点が何か知らないと、ハンダづけできない。

12_11_29b_shu

今回は平ラグではなく、ユニバーサル基板の延長でFET差動USB DAC[G]を作ってしまうかもしれない。
初めに配置など設計するのだろうが、変則的だがだいたい決めて勢いでハンダづけするかも。そのかわり、あとでしつこい確認が要求されるだろう。
22:33:24 - belle - No comments

2012-11-28

PCM2704とFN1242

PCM2704[G]はUSB-DAC用のICだが、秋月電子に売っていることがわかった(たしか400円)。
新潟精密のFN1242[G]は800円で前から売られている(これはUSB-DACではない)。
PCM2704を使って(最高48kHz)バランス出力のUSB-DACを作る工作がぺるけさんのところで公開されているのだが、このICを買って手配線で自分で作るのもいいかなと思った。
PCM2704を使った電子工作ではfujiwaraさんの基板のUSB-DACがある。これはアナログ、同軸、光出力ができるので、パソコンのそばにオーディオ装置があればすぐ出力ができる優れものだ。電源は5Vのバスパワーだし。

12_11_28a

ぺるけさんの工作ではタムラのマッチングトランスが使われている。しかし、これは入手困難で、ノグチトランスなどでは来年入荷されるようなので、FET差動USB DAC[G]を使って、みようかなと思った。
下の写真はfikiwaraさんのUSB-DACの全貌。

12_11_28b



WordPressのblogのpluginにflipping bookがあるのに気づいた。今のところアルバムをflipping bookにできるようだ。
そのうち入れてみよう。

23:46:32 - belle - No comments

2012-11-27

次のヘッドホンアンプには電子ボリュームを組み込むことにした

電子ボリュームは前に作ってあったのを忘れていたが、これをヘッドホンのラインプリも兼ねて組み込むことにした。
LEDで0〜80までの数字が表示されるようになる。

12_11_27a



iPad miniはさっそくかばんに入れて持っていった。電車の中で見ていても、軽いので立ったまま読める。
WifiのIDも発行してもらった。JRの駅などでもインターネットにつなげられるようだが、wepkey入力など接続に手間がかかる。
昨日に引き続き、大きさ比較。iPad2とiPad mini。

12_11_27b

23:35:09 - belle - No comments

2012-11-26

iPad miniが来た

Kindle Fire HDもそろそろ発売されるようで、タブレットパソコンが出揃ってきた。
iPad 2が使い勝手がいいので、寝床と電車内用のiPad miniも入手した。刻印する無料サービスがあったので、刻印してもらった。

12_11_26a

下のflvファイルは、とりあえず見ているところ。



画面は電子書籍を読むときにちょうどいいようだ。電子書籍の場合、横幅が多少広くないと読みにくい。
22:54:31 - belle - No comments

2012-11-25

冬の秋葉原、歩行者天国

iPad miniは出荷されて、明日届く予定のようだ。楽しみ。
カイくんのマークのある店(マクドナルドなど?)だとWifiが無料でつながるようなので(めったに入らないが)、楽しみだ。
コンビニなんかもつながるのだろうか? あまり外ではインターネットは使わないとは思うが。
数日前のお寺さんの猫。はんぶん野良という風情。

12_11_25a

このごろFAXはメールで画像ないしPDFなどを添付すればいいので、ほとんど使っていなくて、広告などをたまに受信しているだけだった。
壊れぎみだったのが、どうもすでに壊れていたのかな? 20年ぐらい使ったかな。
固定電話自体がだいぶ使われなくなってきたが、感熱紙のFAXの機械も減ってきたようだ。コスパとしては(インクリボンなど高い)これがいちばんいいのだが、紙もA4判などのコピー用紙を使用するものが多い。
問題はあまり使わないので、メモリをパソコンに回してパソコンのプリンタで必要なものはプリントできれば、と思った。
数年前に画面が7インチのタッチパネルで、時計などが表示されていたりフォトフレームが表示できたり、なによりもプリントすべきものだけメモリカードを介してプリントできるというのがSharpから発売されていた。
プリンタは必要なので、この方式が実現できるのがいちばんだ。
もしFAXいらない、ということであればインターネットで調べると、コンビニで受け取りも送信もできるようだ。やったことがないが。コンビニで受信・プリントできれば、自宅にはFAXはいらないことになる。
ただ、いまだにFAXはメールを使わない人などが使われているし、使われていくような感じもする。



今日は次のヘッドホンアンプの細かい部品を買ってきた。ヒートシンクを忘れたが、秋葉原歩きは気晴らしも兼ねるので、ちょくちょく出かけることになる。

12_11_25b

12_11_25c

23:04:40 - belle - No comments

2012-11-24

群れるムクドリ

先週あたりに撮ったムクドリのビデオ。
ムクドリは群れていて、すごい数のときも見かけるがこの季節だけのようだ。
flvファイル。



「FET差動バランス型ヘッドホンアンプ」は、絶好調で、毎日数枚ずつCDを聴いている。
ヘッドホンを使うのは寝ながらが多い。
iPadを左手で持って見ながら聴くが、寝ながらiPadを見るのもすっかり慣れた。600g程度なら、手で浮かせて見られる。
iPad miniが来たら300g台なのでさらに楽になるだろう。

23:49:17 - belle - No comments

2012-11-23

次のヘッドホンアンプの部品

部品箱から100円ショップで買った引出しに、必要なものをまた入れている。
2W1Ωの抵抗器とかヒートシンクとかないが、だいぶ揃っている。余分に買っていたり、品薄になりそうなものを確保していたりしているうちに、溜まってくる。
昨日の写真のトランジスタはじきに売られなくなるだろうと確保しておいたものだが、現在でも売られている。

12_11_23a



地下鉄でスマホで、TwitterやFacebookを見ている人がとても多い。あるいはゲームかメールか。
ウェブサイトのあの細かい字を小さな画面で読んでいる。
家でもパソコンでインターネットにつなげたりしているのかな、と思っていたが、今朝のなにかのインタビューでスマホで全部すませる人もいるらしい。
固定電話を持たないと2500円浮き、インターネット回線を引かないと数千円浮き、という具合にすれば携帯端末にお金を当てられるわけだ。
少し大きめの画面のにすれば、ビデオも見られる? 狭い画面でビデオを見るのは僕は疲れそうだが、そうでもない人も多いのかもしれない。
もし、電話を折りたたみができるようにして、画面の大きさを用途に応じて調整することができるようになれば、総合的な通信・メディア端末になることができるのだろうか。
ぼくとしては画面は大きく進化して、パソコン本体は小さく進化すれば部屋の空間のことからいえば、いい方向という感じだが。
しかし、インターネットのWifiの端末としてiPadは居間で、ネットブックよりもさかんに見るようになった。タッチパネルはどんどん使われるようになっていくだろう。
23:37:39 - belle - No comments

2012-11-22

来月はまた別のヘッドホンアンプを作りたくなった

今日は昨日できたばかりのヘッドホンアンプで、夜だいぶいろいろ聴いた。
この「FET差動バランス型ヘッドホンアンプ[G]」は、日常的に使うアンプになると思う。
これ以上のものはなかなか作れないように思う。
だが、電子工作の趣味は「次々にいろいろ作る」というのと、人によっては理論と実践で深めていくというのがあるのかもしれない。
ぼくの場合は「次々に作ってみる」という段階のようで、下のトランジスタを使ってfujiwaraさん、R.さん設計の「リニューアルHPA/電流帰還ヘッドホンアンプ基板[G]」を作ろうと思いはじめた。というのも、秋月電子でダーリントントランジスタを売っていて、しばらくして扱わなくなることがあるので早めに買っておいたもので、ちょうどfujiwaraさんもこれを使ってみた記事がサイトにあるので定数も確認できる。これも本格的なヘッドホンアンプだ。

12_11_22a

バランス入力のUSB-DACを作る方向にもなってきたが、これはちょっと保留。
22:50:57 - belle - No comments

2012-11-21

「FET差動バランス型ヘッドホンアンプ」ができた!

設計者のぺるけさんも「このヘッドホンアンプの製作は少々手強いです」と書いておられるように、細かい作業が必要なのだが、できあがった。
これは素晴らしいヘッドホンアンプだと思う。まだ数枚CDをそれもアンバランス入力のバランス出力で聴いただけだが、音に立体感がある。

12_11_21a

写真のヘッドホンプラグは5pinキャノンに改造してある。
この市販のヘッドホンの改造は敷居が高いかな、と思ったが、サイトを熟読し、丁寧に扱ってうまくできた。作業としては4カ所のハンダづけ。
プラグ側も5カ所のハンダづけ。
5pinキャノン-TRSフォーンプラグの変換アダプタも作ったので、このヘッドホンは今までどおりどのアンプでも使える。
このアンプ作りの感想。

○2枚重ねの平ラグで細かいのでたぶんハンダづけ不足しやすいので、鳴らない場合は配線の間違いなど確認したらハンダづけをチェックしたほうがいいように思った。
○スイッチ付きTRSフォーンジャックとRCAジャックとの併用では、配線がクイズのようだが頭の体操になる。
○5pinの出力配線や、入力プラグ配線は、ぺるけさんの指定どおりに使えばわりに簡単。

12_11_21b

市販品にバランス型アンプがあるかインターネットで引いてみたが、いまのところ見つからない。
このヘッドホンアンプは、音の定位感(立体感というのかな?)が抜群だと思う。
21:57:03 - belle - No comments

2012-11-20

ヘッドホンの5pinキャノンからTRSプラグへの変換アダプタの部品

ヘッドホンのTRSフォーンプラグを平衡出力の5pinキャノンプラグへ変換するアダプタを作っておけば、平衡出力でない普通のヘッドホンステレオに使える。
これを作っておくことにした。

12_11_20a

5pin側にあるcold2本とGround1本をまとめて、Sleeveにつけてしまう。たぶんこれでいいだろう(^^;)。写真には5pinキャノン(メス)と4芯シールド線は映っていない。TRSフォーンプラグを開けたところ。
10cmぐらいのものを、本体ができてから作る。
手前のものはプロがハンダづけした、SonyのヘッドホンのTRSフォーンプラグ。構造はちょっと違うようだ。
23:53:00 - belle - No comments

2012-11-19

東の空の雲、思わぬものが176.4kHzで再生された

今日はたまに日が射す程度で、どんよりした曇りだった。
東の空には地平に雲が重なっている。

12_11_19b



上原ひろみのCDでディスクユニオンで200円だかで買った「another mind」のジャケットを見ていたら、「DSD」のマークがあった!
使っているソニーのCDプレーヤーはSACDが再生できる。これはハイブリッドなのかな、と思ったら「ハイブリッドではない」と表示が出て、44.1kHzのCD標準では再生できた。
それでプレイステーション3で再生してみたら、なんと176.4kHzで再生された。SPDIFの光接続である。
DACはDSDが受けられるfujiwaraさんの設計のDAC9018S[G]だ。とりあえずはSPDIFでこの周波数の再生ができる。

12_11_19a

今日は配線を少ししようかな、と思っていたがちょっと遅く帰ってきた。2芯シールド線があるとよさそうなので、明日買ってこようかなと思っていたが、今調べてみたら手持ちがあった!
ヘッドホンも5pinキャノンで接続するようにするが、アダプタを作って通常のTRSフォーンジャックでも聴けるようにしている方が多かったので、このヘッドホンもまだ新しいし、両方聴けるようにアダプタも作ることにする。
23:32:36 - belle - 2 comments

2012-11-18

「FET差動バランス型ヘッドホンアンプ」はあとは配線するのみ

「FET差動バランス型ヘッドホンアンプ」の平ラグユニットや、4連可変抵抗、出力の5ピンジャックと入力のスイッチ付きTRSフォーンジャック2つなどをケースにとりつけてあとは配線というところまで作った。
とはいっても出力にはヘッドホンを改造しないといけないので、とりあえずは電源を入れて各部の電圧を測っておくまではちかぢかやっておこう。

11_11_18a

ケースはタカチのMBシリーズのものの、過去に作ったものの流用なので楽だった。
この写真を撮ったとき、ベルがいたのでついでに撮る。

12_11_18b

20:55:42 - belle - No comments

2012-11-17

Transcendの外付けハードディスク

1Tのハードディスクで十分だと思っていたが、この先、動画などでかなり使いそうなので、またUSB3.0対応の外付けハードディスクを買っておいた。
前の東芝のものより少し大きい。

12_11_17a

まだなにも入っていない。バックアップとしてはこの2つに同時にコピーしておけばいちばん安全だが、移動にも使える。

12_11_17b

後で、ちょっとLinuxにつなげてみよう。


23:52:24 - belle - No comments

2012-11-16

「FET差動バランス型ヘッドホンアンプ」の入力

TRSフォーンジャック絶縁型スイッチ付きのものは、写真のようなものである。
これはミニワッター全段差動アンプでフォーンジャックで使用したものと同じ。
いっぱい端子が出ていて、よくわからなくなる。

12_11_16a

これにプラグを挿し込むと、バランス型にスイッチが入り、挿し込まなければ、RCAジャックで普通の入力でアンバランス型になる。
出力はバランスなので、通常のヘッドフォンは使えない。バランス型に改造する必要がある。
とりあえずは入力でバランス型のものがない(^^;;)が、パソコンからバランス型の入力を受け付けるDACを作るつもりなので、それができるまでは普通にRCAからの入力をこのヘッドフォンアンプを使って音声出力したものを聴くことになる。
入力の配線は下のようになっているので、バランス入力用のプラグを挿さないときには導通している部分を使うわけかな。ちなみに僕の買ったものなので、普通この配置なのだろうが、はっきりどうなっているのかわからないので作るときにはテスターで確認する必要がある。

12_11_16b

23:11:25 - belle - No comments

2012-11-15

「FET差動バランス型ヘッドホンアンプ」の平ラグユニットができる

できたといっても、何回か再チェックする必要がある。
とくに2枚ずつの平ラグを左右チャンネルに使っているので、よく見ないといけない感じだ。

12_11_15a

今度は平衡型ヘッドホンアンプで、音が楽しみ。インターネットではクラシックCDの少しの音でも著作の関係で、音を紹介できないのが残念だが、かなりの品質のアンプがぺるけさんの設計でできるのは確かだろう。今でもよく聴いているヘッドホンアンプもかなり音がいいが、ぺるけさんはこの平衡型ヘッドホンアンプが今まででいちばん音がいいのではないかといっておられる。
下は改造するヘッドホンSony MDR-CD900ST[G]。改造といっても、左側を開けて4芯線に取り替えてプラグを替える。
バランス入力ジャックは、TRS絶縁型フォーンジャック(スイッチ付き、TRSプラグを挿したときRCA端子入力とバランス-アンバランスを切り替えられるようにする)を左右チャンネル使うが秋葉原の三栄電波[G]で買ってきた。

12_11_15b

年末の工作といっても、今月にはできてしまいそうだなあ。もう一つヘッドホンアンプを作ろうかな。
22:25:39 - belle - No comments

2012-11-14

「FET差動バランス型ヘッドホンアンプ」のハンダづけが少し進む

電子工作は配線は、分解したパソコンの電源から取っていたのを中心に使い、細い線を追加していた。
ぐちゃぐちゃになって袋に溜まってきたので、それを捨ててしまったので、電線も多少買うことにした。
写真のはAWG28[G]というタイプで、かなり細い耐熱塩化ビニル線だ。100mもあるがあんがい使うものだ。

12_11_14a

左の平ラグには抵抗などを取り付けはじめた。買ってきた電線も使っている。
よく見ると部分的にラグに細かい穴を開けているのは、ちょっと変則的かな(^^;;)。
facebookの「いいね!」は、ここで押すとfacebookに入っている場合、アイコンが表示され、facebook内部で押すと表示されないようだ。
23:51:00 - belle - No comments

2012-11-13

「FET差動バランス型ヘッドホンアンプ」の部品がほぼ揃う

iPad MINI[G]はapple storeで買うと、16Gのものが28,800円、SoftBankのWiFiスポット(スタバなどカイくんのマークを掲げた店)が2年間無料で使え、名前などの刻印ができるようだ。
インターネットで買えてコンビニ支払いができる。
今日は「FET差動バランス型ヘッドホンアンプ」の残りの部品をだいたい揃えて買ってきた。写真でいちばん高いのは4連Aカーブのアルプスの可変抵抗。三栄電波[G]というところで売っている。ガード下のラジオセンターの中。
ちなみに、ラジオセンター、ラジオ会館、ラジオデパートとあって、「ラジオなんとか」の「なんとか無線」はどこですか? と駅近くの人に聞いてはいけない(^^)。「なんとか無線」はたくさんある。
下の写真は、部品類。

12_11_13a

iPadも映っている。ハンダごてを使っているときには近くに置かないほうがいい感じ。

23:55:31 - belle - No comments

2012-11-12

時雨の鳩(ビデオのホワイトアウトの練習)

立冬が過ぎて、歳時記だと「時雨」がすぐ気象編なので出てくる(手持ちの歳時記の場合)。
時雨はわびしくていいものだと思う。
昨日、鳩をビデオで少し撮ったもので、最後を白くフェイドアウト(ホワイトアウトっていうのかな?)する編集の練習をした。
flv動画。



facebookはときどき見ているが、ログインしないで、ここのblogを入れることができないか? と思って、それにはやはりこのページに「いいね!」マークをつけて自分で押しておけばfacebookに自動表示されるのが便利! と思い、再度やることにした。
21:50:38 - belle - No comments

2012-11-11

ベルのビデオ

ベルがいたので、ちょっと撮る。
短いのでflvファイルの画質を上げてみた。
コマンドラインのlameでもできるが、Kdenliveでもエンコードできる。



Kdenliveの使い方については「ノンリニアビデオ編集ソフト kdenliveのインストールと使い方」がわかりやすかったので、ときどき参照させていただいている。
21:10:42 - belle - No comments

2012-11-10

「FET差動バランス型ヘッドホンアンプ」の部品を少し追加

今日も秋葉原経由で帰り、ぺるけさんの「FET差動バランス型ヘッドホンアンプ」の部品を少し追加。
2.2Ωなどの小さい値の金属皮膜抵抗が100本買いの手持ちにはないため、バラで買った。あとは指定の高さのスペーサ。
箱は100円ショップの引出し型のもので、本棚に置くかなと思い買ったものだが、とりあえずこのアンプの部品入れに使っている。

12_11_10a

ぺるけさんは電子工作部品の買い物のできにくい地方の方々のために、部品の頒布までされている。
今回は市販のヘッドホンをバランス型に改造しなくてはならない。
パソコンのUSB-DACからバランスの入力を受けるところまでやれば、入力から出力までバランス型のものができあがる。
とりあえずは自動スイッチ切り替えでアンバランス型の入力をCDプレーヤーから受けて聴いてみよう。
ハンダごて遊びができるところまで部品が集まってきた。
23:03:50 - belle - No comments

2012-11-09

「卵の親じゃ〜」の音声箱

今日は午前にわりにきれいな雲が出ていたが、カメラかビデオかで迷う。
物体の動きや光に反応して音が出る、秋月のキットを整備した。
flvのみ。



これはよく考えれば使い道がある(^^)。
帰りの地下鉄で7インチのタブレットを見ている人が2人いた。
10インチもたまにいる。そして、スマホを見ている人がいちばん多い。次が文庫本。
新聞見ている人が少なくなったような感じ。
22:56:35 - belle - 2 comments

2012-11-08

そろそろ年末の電子工作の用意

たいてい、枝葉末節の部品から集めだすのだが、ぺるけ[G]さんのFET差動バランス型ヘッドホンアンプ[G]を作るのと、fujiwaraさんのところの基板も何か作ろうと思う。
Electrart[G]さんの基板(これはほとんど完成品)でインターネットからDSDなどの音源をダウンロードして聴く、あるいはfujiwaraさんの基板ですでにDSDを動かせるのがあるので、これとつなげて聴く、などどちらかというとデスクトップオーディオの方向だ。
とりあえず入手した15x2の平ラグ(1つ320円)x4=1,280円と電解コンデンサ。抵抗とトランジスタ、整流ダイオードは手持ちがあると思うので、これで工作に取りかかれる。

12_11_08a



救出された項目/recover data というところで、齋藤あきこさんが作られたコンピレーション・アルバムに、なぜか若いアーティストに交じってぼくの自宅サーバのお話が入っています。soundcloud[G]もおもしろいサイトですね。
22:04:44 - belle - No comments

2012-11-07

朝霧

ちょっと早く起きて、テレビでニュースを見ていたら、東京は霧がかかっているという。
外を見ると珍しく、朝霧。だんだん晴れてきたが、もっと早い時刻はもっと白かったかもしれない。
まずflvファイル。



次にmp4とoggの自動切替え。



今日は旧Windowsマシンの年賀状関係のファイルと、iTunesの引越しのためのファイルを新しいマシンに移動しようと思ったが、結局やらなかった。やりはじめればすぐできるけど。
21:40:23 - belle - No comments

2012-11-06

外付けハードディスクは使いやすい

USB3.0規格の外付けハードディスクは、いろいろ使える!
すでに60G以上使ったようだ。これを当初はほかのパソコンに移したうえで、さらに移動しやすくするようにUSBメモリに小分けにしていた。
しかし、もう1台ぐらいあれば、外付けHDDを拠点にして、そこからUSBメモリにしていってもいいかなと思った。いずれにしろ2カ所にファイル保存は必要で、Windowsのシステムは128GのSSDに入っているので、SSDには保存しないほうがいい。

12_11_06a

iPadのファイルを同期する場所はたしかなにかキーを押せば選べるので、外付けHDDにすることもできるように思う。
IPadはmicroSDカードなどを入れるところがないので、ファイルの移動はUSBケーブルになる。
23:18:31 - belle - No comments

2012-11-05

ドストエフスキー・セット

「罪と罰」「カラマーゾフの兄弟」は中学3年のときに読んだ。
下の写真のほかに短篇の「白夜」や「白痴」があるが、まだ見つからない。
「賭博者」は文庫を買いそびれているので、未読。
河出の世界文学全集版のものは2段組みで字も小さい。8ポイント活字かな。
これを全部、寝床で読んだので、iPadなど軽いものだ。

12_11_05a
21:32:29 - belle - No comments

2012-11-04

月の見える夜景

家電量販店にiPad miniの在庫があるかどうか、つい電話してしまった。
在庫はなくて予約しないと手に入らないようだ。なんとなく電子書籍閲覧端末としては、あれくらいの大きさと重さがいいな、と感じたので手に入れたくなってきたが、まだ曖昧。
7.9インチでほとんど8インチなのでiPad2の十数パーセント画面が狭いのかな。7インチのより10パーセント以上大きい。
これで300グラムなら、外出用にはかさばらなくていい。
今日は東に月が出ている。
flvファイル。


23:28:52 - belle - No comments

2012-11-03

秋葉原の夜景

仕事の帰りは秋葉原経由にした。
iPad miniは秋葉原ではほぼ品切れになっていた。
あるところで32Gのものが売っていたが39000円ぐらい?なので、16Gのもので29000円ぐらいのなら、ちょっと買いたくなったかもしれない。
重さがiPad2の半分ぐらいであるところが魅力だろう。画面は一回り小さいが、電子書籍を読むには軽くていいと思った。
下は秋葉原の夜景。

12_11_03a

Windows8のDSP版なども出ていた。液晶画面をタッチパッドにすれば、おもしろいかもしれない。
Nexus7にはUbuntuがインストールできるようである。

Nexus7-Ubuntu Wiki

これもおもしろそう!
23:45:27 - belle - No comments

2012-11-02

東京ラーメンショービデオ

ここ数日、夜は肌寒いがちょうどいい温度の気持ちいい日々が続く。
昨日は東京ラーメンショー[G]に行ったので、そのときのビデオ。



今日はmp4とoggの自動切替えで、flvはアップロードしていない。
並んで、おいしくて定評のあるラーメンを食べるのはいいが、器がやはり陶器のほうがいいかなあ。
熊本のラーメンを食べたのだが、おいしかった。
(翌日記)flvを追加した。add onの関係で表示できない動画のコンテナがある。やはりflvも入れておいたほうがよさそう。


23:57:00 - belle - 5 comments

2012-11-01

ニワトリの声が鳴るマイコンキット

今日は夕方から駒沢公園でやっていた東京ラーメンショー 2012[G]というのに家人と行った。
数分ビデオを撮ったが、それをmp4などに作ろうと思っているが、夜は秋葉原の千石電商で買ってきたキットのビデオを写してみた。
たんにニワトリの鳴き声がスイッチを押すと、3回聞こえる。前に人が通ると鳴るようになっていて、しかも鳴る音が録音できるのを2つ作ったので、メンテしておこうと思うがそれに比べれば他愛のないマイコンキットである。

12_11_01a

ビデオファイルはflvだけにする。



やはりスイッチがなにかのきっかけで鳴るようにしないとおもしろくない。
クイズの正解のときに押して、鳴らすぐらいかな。
22:07:47 - belle - No comments