Fujimi_3_Haizara-Cho(Rinzo_Shimizu)

2018-11-04

縦組みで書く

なにか文章を書くときにLibreOffice Writer[G]で、ちょうどいい雛型はそれぞれの用途で違うと思う。
僕が決めたのは下のようである。目的は清書、推敲、PDFファイル出力してプリントだが、直接、書き込むこともある。
WindowsにもLibreOfficeは無料でインストールできるが、LibreOffice CalcはExcelのファイルを読めるのが便利だった。
まず、フォントは「IPA明朝」、字の大きさは「12」にする。

18_11_04a

「書式」→「ページ」→「ページ」へ行き「右から左へ(縦書き)」を選ぶ。

18_11_04b

「書式」→「段組み」を選び、段数「2」、段の間隔「0.50cm」にする。

18_11_04c

「書式」→「段落」→「インデントと行間隔」から、「1.5行」を選ぶ。これは行間が1.5行分ということではなく、行の始まりの右から間の終わりまで行送りの長さ。行間は0.5行になる。

18_11_04d

僕の場合はWindowsにLibreOffice Writerをインストールしていないので、プリントする場合はPDFにしてWindowsマシンに送る。

23:58:00 - belle - No comments