Fujimi_3_Haizara-Cho(Rinzo_Shimizu)

2007-12-10

年賀状の宛名プリント

年賀状の宛名プリントの試用版ソフト(Windows)がCSVファイルを、インポートできるのにエクスポートできないのがわかって、どうしようと考えていた。
やはり、CSVファイルなどのテキストファイルはそのままエディタで手打ちして更新するのがいちばん永続性がありそうに思えてきた。
試用版はインポートできれば、プリント用に使えるので試用版がバージョンアップしたら、新しいのにインポートすればいい、ということが思い浮かんだ。
たとえば昨年の住所録を年賀状ソフトから修正したとする。XPだったので、Vistaにしたら使えなくなったとする。正規版ならエクスポートできるようだが、XPでbootしてソフトを立ち上げ、CSVにエクスポートしてから、今度はVista用のソフトを入手する必要がある。
初めからCSVファイルをデータの更新の中心に置く、という考えが結局はいちばん効率的。
ただWindows版のプリントソフトは、頻繁に使うのであればとてもよくできているものが多そうではある。だけれども、1年に1度の年賀状のためであれば試用版をいろいろ調べて使うべきだろう、と個人的には思う。
いずれにしろデスクトップであるLinuxでCSV修正をまめにやるのがいちばんよさそうだ。


posted at 23:56:00 on 2007-12-10 by belle - Category: General

Comments

No comments yet

Add Comments

:

:
: