Fujimi_3_Haizara-Cho(Rinzo_Shimizu)

2005-02-06

瀧口修造展

今日は俳句会に行く予定だったが午後所用ができてしまって、行けなくなった。
でも午後3時ごろからそのかわり世田谷美術館で瀧口修造展を見てきた。日曜なのに、こないだの「ヨルダン展」に比べると客足は10分の1にも満たない感じで、ちらほら。
イギリスのなにかの調査でマルセル・デュシャンという人は20世紀の美術にいちばん影響を与えた人だというアンケートの結果が出たという記憶がある。加納光於はなにか箱に、いろんなおもしろいものを取り付けたり、切ったりしてデュシャンの箱(^^)と似ている。あれはもろに影響を受けたんでしょうね。よく知らないが。両方とも作品があった。
変な言い方だが、きれいに掃除してなにもないような部屋にデュシャンのオブジェがあったら、集中力がそちらに行くので、すごくおもしろいのかもしれない。瀧口の家の見取図を見ると、中庭にオリーブの木がぼんと一本生えている。ぼくだったら薮椿がいいな、中庭に。でも西洋美術オタクならばオリーブにしたくなるのもわかる。

砧公園近くのスーパーマーケット

下の写真を押すとmpeg4ビデオの再生が始まります。9Mbyteちょっとです。
choco

posted at 20:30:55 on 2005-02-06 by belle - Category: General

Comments

shirouyasu wrote:

瀧口修造さんを「西洋美術オタク」と言ったところがわたしには新鮮でした。そういえば、日本の近代文学は「西洋文学オタク」たちの文学という一面がありますね。わたしもその影響で、若いことは「西洋文化オタク」でしたね。完璧なオタクになれなかったのですが。
2005-02-07 00:10:35

kirita wrote:

写真はバレンタインのチョコの山でしょうか。動画にはなかった(^^;。店内撮影、誰も気が付いていないみたいなのが面白い。こういう風景は、ちょっとスリルがありますね。
2005-02-07 15:48:16

(*--*)peco! wrote:

藪椿派に一票。
2005-02-08 00:54:30

鱗造 wrote:

ぼくもいろんな西洋文学に凝りました。
枝葉末節まで調べはじめるとオタクって名付けられるのか、学者になるか、ということでしょうか。

バレンタインのチョコも少し写しました。
妻が買物をしている待ち時間です。

木を一本植えるとしたら、何ですかね。
南側の狭いところなら、後で考えると日当たりを遮るのはよくないですね。ある程度あるなら照葉樹です。
2005-02-08 19:39:13

Add Comments

:

:
: