Fujimi_3_Haizara-Cho(Rinzo_Shimizu)

2008-10-04

パソコンの部品のそろえ方

パソコン自作の経験値 その6

7. パソコンの部品のそろえ方 その1

Intel DX48BT2[G](ハイエンド級)の仕様書から、部品の買い方を書いてみる。
これは、「このマザーボードを買いたいけど合うメモリなどをそろえたい」あるいは、「このCPUを使うけどいちばん速くなるメモリやマザーボードは何か」と店の人に聞くのが早い。
ちょっと、仕様書から買うべき部品を見てみる。

09_10_04a

仕様書はもう少し続くが、まずケースはほとんどATXのものかマイクロATXのものしか店に置いてないので、後は好みで選ぶ。
LGA775のソケットタイプなので、Core 2 DuoかQuad Coreなど最新のものが使える。Core 2 Duoの速いものが値段もこなれているので、現在ぼくならば、Core 2 Duoにする。64ビット版のOSをインストール可能である。メモリも多く積める。速さとしてはQuad Coreが速い。数年して、CPUを取り換えることもできる。
メモリはPC3-12800というのが、1600MHzらしい。kakaku.comで見ると、「TW3X2G1600C9DHX[G]」というので1G×2枚で最安値が、13,199円となっている。
OSが64ビット版ならば(LinuxにもWindowsにもある)、メモリは8GでもOK(?)なので、2G×2枚を積める。ちなみにぼくのLinuxの64ビット版は6Gを積んでいる。
なんとなくメモリはもっと安くなると思う。


posted at 23:55:00 on 2008-10-04 by belle - Category: General

Comments

No comments yet

Add Comments

:

:
: