Fujimi_3_Haizara-Cho(Rinzo_Shimizu)

2008-10-16

宮沢賢治『春と修羅 第二集』の朗読(17回目)の録音

宮沢賢治『春と修羅 第二集』の朗読(17回目)の録音をした。8月の初旬以来と間が開いてしまったのに気づかなかった。

春、〔地蔵堂の五本の巨杉(すぎ)が〕、〔風が吹き風が吹き〕、清明どきの駅長、遠足統率

である。
夏にCD化してみた『注文の多い料理店』は、wav[G]から生録音の無圧縮データをそのままCDにしたので、このごろ秋葉原のCDショップで売っている「直接カット版」(^^;;)ということになる。ただモノラルなので、いずれステレオも試みたい。
ICレコーダーのmp3録音もよく録れるが、最初から圧縮された状態である。これをPodcastingに載せるのは簡単そうだが(編集するだけ)、タグを入れるときのコマンドラインを調べる必要がある。
童話や散文の朗読はけっこう時間がかかるので、賢治の朗読は最後に行くまで相当かかりそうである。
立原道造は始めることにした。萩原朔太郎は、複数人での朗読になる可能性がある。


posted at 22:49:23 on 2008-10-16 by belle - Category: General

Comments

No comments yet

Add Comments

:

:
: