Fujimi_3_Haizara-Cho(Rinzo_Shimizu)

2009-08-07

DAC1794-3.5-A基板にICをハンダづけする

式根島では桐田さんは人形やフィギュアの話、ぼくは最近の電子工作の話と盛り上がった。
人形を配置して写真を撮ったりする趣味の人はけっこう多いとのこと。秋葉原のラジオ会館にも人形やフィギュアの店がたくさん入っている。けっこう高価なものでも人気がありよく売れているようだという。
初めて聞く話でおもしろかった。
ぼくのほうも初心者でかじり始めた電子工作について話した。
式根島のアルバムは今日は作らなかった。1枚のサイズが大きいが、このごろのサーバのHDD事情やインターネット帯域の事情からいってかまわずに大きいのもサムネイルとともに公開してしまっていいかもしれない。
今日もなんとなく眠い。夕刻から激しい雨が降った。
DAC1794-3.5-Aは部品が集まっていないが、まずICを付けておく必要があるので、PCM1794A[G]を2つとCS8416[G]を付けてチップコンデンサもハンダづけしておいた。この基板を完成するには、この難度の高いハンダ付けから始める。そしてここがいちばん重要なハンダづけだ。

09_08_07a

上はPCM1794A。1cmほどのSSOP[G]なのでピンの間隔はとても狭い。前に書いたように、べったりハンダを流してから吸い取り線を当てて一気に余分なハンダを吸い取る。今度のDACは1つのICを片チャンネルずつ使う。アナログ基板も2枚使う。

09_08_07b

これはCS8416[G]。これは2cmほどなのでPCM1794Aよりだいぶ簡単だ。


posted at 21:49:03 on 2009-08-07 by belle - Category: General

Comments

No comments yet

Add Comments

:

:
: