Fujimi_3_Haizara-Cho(Rinzo_Shimizu)

2009-08-27

冶具につなぐテスターの電流ヒューズが切れていた

どうも冶具の電流測定のとき0になるので、テスターを開けてみたら200mAのヒューズが切れていた。
このテスターに使われているヒューズには200mAの線と250Vの線が入っているようだ。その片方が切れていた。
それでも電圧や抵抗は測れる。テスターについてよく知らなかったが電圧を測るときはテスター内部の抵抗はほぼ無限というのが使われ、電流ではほぼゼロということらしい。
電池でいろいろ測っていたときに、電圧を測るときにうっかり電流のレンジにしたことがあった。これで短絡した状態になって溶断したようだ。
冶具の100Ωの抵抗の両端を電圧レンジで測って、一昨日の写真のように0.408Vということはオームの法則で4.08mAということでIdssは測れることになる(?)。この状態でたくさんの2SK30Aを測定してみたがばらつきがかなりある。前に自分で作った単純なものでもよかったのかもしれない。
とりあえずテスターのヒューズを取り替えてサイトの説明どおりに試してみようと思う(注:トランジスタには2SC1815のGRランクを使っていますが、下の写真では向きが間違えています。修正前の写真)。

09_08_27a

上の写真は冶具の中身。

朝方、孫と散歩に行ったらガーベラがきれいに咲いていた。

09_08_27b


posted at 23:01:47 on 2009-08-27 by belle - Category: General

Comments

No comments yet

Add Comments

:

:
: