Fujimi_3_Haizara-Cho(Rinzo_Shimizu)

2009-11-06

パワーアンプ3種類をかわるがわる聴く

fujiwaraさんの「お気楽でないアンプ」「LM3886 BTLアンプ」エレキットのキットで「真空管KT66を使っているアンプ」をCDプレーヤー内蔵のDACではなく、作ったDACからつないで、4日ぐらいずつ聴いている。
DACのよさがそのまま出る感じで、どれを使ってもぼくの耳では優秀なパワーアンプに聴こえる。
真空管アンプだけはDACを使わない音だとちょっと曖昧な音があるように思う。これも、ぺるけさんの真空管アンプなどを作れば違うかもしれない。
むしろDACのアナログ部のラインプリアンプの優秀さがそのまま出ているのかもしれない。
一方で、居間のパワーアンプはfujiwaraさんの基板のプリアンプをつなげているが、低音の出方がずっとよくなる。内に秘めた力を引き出しているのだろう。サブウーファを年末に作ろうと思っていたが、ぺるけさんのプリアンプも含めていいプリアンプを使えば小さなスピーカーでも満足な低音が出ることがわかったので、次は全段差動プッシュプル真空管アンプを作ってみようかというところ。

posted at 23:59:00 on 2009-11-06 by belle - Category: General

Comments

No comments yet

Add Comments

:

:
: