Fujimi_3_Haizara-Cho(Rinzo_Shimizu)

2011-09-23

Windowsマシンのメモリを挿し替えてみる

ベルの鳴き声を録音しようとして、まだ長時間のができない。
それにしても、このICレコーダ(Sony PCM M10[G])は、WAVで録音できるのがいい。Linuxならlame[G]からmp3にタグ付きでコンバートするが、Windows用にはソフトが付属していた。Windows用のAudacityでOKなのだがこれもインストールしてみた。
mp3のICレコーダが小さいデジカメとすると、このWAVのICレコーダは一眼レフという感じ。
実際にはモーツァルトの室内楽など機会があったら、許可をもらって生録してオーディオ再生させてみたいものだ。そういうありがたい録音ができたらWAVフォーマットのまま灰皿町で公開してみたい。ダウンロードするにはファイルが大きくなりすぎるかな。
でも、こないだVistaをインストールしたマシンはBlueScreenから自動的な再起動がたまに起きる。
なにか作業をしていると、ファイルが消えてしまうので、こまめにUSBメモリにバックアップして、Windowsマシンはプリント道具、作業道具として働かせている。メモリテスト、HDDの様子を見るソフト(これはHDDの劣化の状態を見るのに役立つかもしれない)を入れて問題ないので、4つのメモリを差し替えたりしてみた(ただ挿す場所を取り替えるだけ)。これでさらにBlueScreenが起きると、マザーボードの劣化が疑われる。実際、オンボードLANの部分は劣化しているのを確認しているし、7年たっているので、本体が劣化してもおかしくない。


posted at 22:10:24 on 2011-09-23 by belle - Category: General

Comments

moliharu wrote:

あとCPUの温度、電源ですね。
なんか私の過去のWindows機のような感じです。
2011-09-23 23:38:21

belle wrote:

CPU温度もBIOSからモニタして問題なく、電源も比較的に新しいです。
ということでまだはっきりわからないですね。
2011-09-24 21:59:53

Add Comments

:

:
: