Fujimi_3_Haizara-Cho(Rinzo_Shimizu)

2011-10-18

マザーボードの劣化って、よくわからない

やはり勘が当たった感じで今のところWindowsマシンはブルースクリーンにならない。
こうしてみると、マザーボードの劣化がどれくらいで進むのかまたわからなくなってくる。
このあいだ電解コンデンサを取り換えようとして壊したASUSのマザーボードは、2つぐらい明らかに電解コンデンサがちょっと膨らんでいた。古いWindowsマシンのIntelのボードは電解コンデンサは外観は変化なし、昨日書いたように機能が古くなったことによる劣化が進んでいるだけ。
壊れるまで使わないともったいないが、壊れるまではまだ時間があるようだ。
やはり、電源ユニット、ファン類、HDDというモーターを使っている部分は順々に取り換えていって、このマザーボードがどこまで持つか使ってみよう。それもけっこうWindowsのアプリケーションはハードに使っている。


posted at 23:09:14 on 2011-10-18 by belle - Category: General

Comments

No comments yet

Add Comments

:

:
: