Fujimi_3_Haizara-Cho(Rinzo_Shimizu)

2012-01-24

すごい、ジッタクリーナ

fujiwaraさんのところからリリースされたジッタクリーナ[G]を買っておいて、組み立てDACの新しいのをつくろうかなと思った。
ところがDAC1974-3.5Aの基板におあつらえむきに載せることができる(fujiwaraさんの定電圧基板と同じサイズ)。とりあえずこれに使うことにした。
これが0.5mmの隙間のICの足なので、一度は半田不良があったが、音が鳴りだすとすごい感じ。
プラセボもあるのかな。でも300fm(フェムト秒[G])がSi5317[G]の性能として実現できるということだ。もともと市販品ではpcm1974を2つ使うということでもかなりの値段がするだろうが、これをさらに洗練させることに成功したようだ。(12時過ぎ記:基板の電源を配線していなかった! 単に基板を信号が通っていただけでした;_; これは後日別のDACを作ったときに試そうと思う。たぶんうまくいったあかつきには、いろいろな作例から見て、「すごいジッタクリーナ」と書きそうなので、タイトルは「夢」を残す意味でそのままにします。

12_01_24c

DAC1974-3.5AのDAIからDACに向かうBCKの51Ωの抵抗(R20、ダンピング抵抗)をはずして、「in」「out」の線をつなげるだけ。(翌日記:5V電源から配線して、音出しはできましたが、雑音があります。このやり方は間違っているかもしれません。せっかくもともと素晴らしい音の出るDACなのでここは撤退して、ジッタクリーナは新作DACでテストする予定にしました。)
昨日は夜から雪、夜景と今朝の風景。

12_01_24a

12_01_24b

posted at 23:13:37 on 2012-01-24 by belle - Category: General

Comments

No comments yet

Add Comments

:

:
: