Fujimi_3_Haizara-Cho(Rinzo_Shimizu)

2013-03-04

Arduinoのシールド

Arduinoの秋月電子基板は、普通に作ると上にシールドを載せると基板に取り付けた部品の高さがあるので、うまくいかない。
製品版のArduino Unoなどを買っていればたぶん干渉しないし、シールド単体で売っているようだ。
その方向へは戻らないで、なんとかシールドを作れないだろうかと考えていて、基板同士をコネクタで結ぶのはどうかと思った。
とりあえず、LCDの手持ちの2種類を好みで着けられるものを作り、その真ん中にミニブレッドボードを両面テープで貼り付けてみようかと思う。うまくいけば。

13_03_04a

なんかかえって純正版より高くつくかも(^^;;)。
具体的には本体からLCDシールド基板の4つのジャックにつなぐケーブルを作る。
さらに2種類のLCDにつなぐケーブルを作る。両側にメス-メスのプラグを着ける。
ユニバーサル基板に以上の6つをつなげるジャックを着ける。
ハンダで配線して、2つのLCDコンパチにする。
こうしてLCDはいつでも外せるようにしておけば、2つのLCDはArduinoのみの用途でなくほかにも使えるという考えだが。
(ちょっと基板を見てから記す:やはりケーブルを上からもってくるとブレッドボードでの実験がしにくくなる。このやり方はダメかな)
Arduinoというのはこの場合、使わないほうがいい言葉らしい。Akidukinoかな。


posted at 22:39:37 on 2013-03-04 by belle - Category: General

Comments

No comments yet

Add Comments

:

:
: