Fujimi_3_Haizara-Cho(Rinzo_Shimizu)

2015-08-08

式根島の栽培植物

小道に沿って立つ家々には東京でも見かける栽培植物が鉢植えで置いてあったり、周囲の植物と交じりあったりして生えている。
ホテイアオイ[G]の花も東京でもあるが、宿にきれいなのがあった。

15_08_08a

ハイビスカス[G]も温暖化したこのごろ、近所でも見かけるがさすがに大きく咲いているように思う。

15_08_08b

これだけ暑いとさすがにあまり信じていない温暖化というものがあるように思ってくる。
今は間氷期で、いずれ氷河期がきて、氷に被われる地球になるのかもしれないが、吉村仁[G]さんの『素数ゼミ[G]』というのを桐田さんも話しておられたが、13年と17年に一度繁殖年を迎えるセミの話を書いた著者が今日ラジオに出ていた。
簡単にいいすぎるが、素数年なら、繁殖がかぶらないので、そのように進化してきたとのことである。
セミは氷河期に過酷な自然淘汰が行われた。素数とは1とその数でしか割り切れない数だが、環境に適応していくというより、環境が生物を選んでいくという言い方が新鮮だった。素数というとリーマン予想[G]など解決されていない数学の難問があるが、素数が選んでいくセミの繁殖時期というのはおもしろい。



posted at 22:18:29 on 2015-08-08 by belle - Category: General

Comments

No comments yet

Add Comments

:

:
: