Fujimi_3_Haizara-Cho(Rinzo_Shimizu)

2017-05-11

新パソコンの調整(Debian Jessie)その2

ntpdateとcrontab
新パソコンでは一定の時刻に時刻サーバ[G]につなげて、時刻を同期させて正確な時刻を常に保持することが最初にやることだと思う。
そのためには、

#apt-get install ntpdate

でntpdateをインストールして、

#ntpdate (ここに時刻サーバのIPアドレス)

を実行して確認して、rootのcrontab[G]で毎日1度ぐらい時刻合わせをする。
長くサーバを稼働しているとcrontabの内容もだんだん決まってくるので、テキストとして保存しておくのがいいと思う。
rsync[G]でのバックアップを前提としたcrontabでは、サーバ側とLANのクライアント側両方のテキストをコピーして保存する。

vimのインストール
vim[G]をインストールしておかないと、crontab -e[G](crontabの編集モード)を実行すると、nano[G]の選択しかできない。
vi[G]にはなれておいたほうがいいし、通常viを使っているので、コマンドライン文書編集はvimで行っている。
普通の文章はgedit[G]を使っているが、システム設定文はコマンドラインで編集するべきであると思う。

#apt-get install vim

コマンドラインからeditorを選ぶには、上のようにインストールしてから、

#update-alternatives --config editor

とすると下のように選択肢が表示されるので、vimを選ぶ。

17_05_11a



posted at 22:38:02 on 2017-05-11 by belle - Category: General

Comments

No comments yet

Add Comments

:

:
: