Suigara-yama_99(Shinsuke_Kirita)

2011-11-11

ひつまぶし



野田秀樹のエッセイ集「ひつまぶし」。
この本のタイトルは「ひまつぶし」にかけたものだが、
「ひつまぶし」という言葉の意味がよくわからずいたところ、
ディスカウントショップで駅弁の食玩としてあったのをみつけた。




wikでみると、「ひつまぶし」は、名古屋近辺の郷土料理で、
小振りなおひつに入れたご飯のうえに、
鰻の蒲焼きを細かく刻んだものをのせて供するものという。
普通に食べたり、薬味をのせて食べたり、お茶漬けにして食べる、
という3種類の食べ方を楽しむものらしい。
食玩は、浜松の駅弁「ひつまぶし」。食べてみたいなあ。


posted at 14:42:54 on 2011-11-11 by kirita - Category: General

Comments

No comments yet

Add Comments

:

:
: