Minami-hatoba_1(Shirouyasu_Suzuki)

2005-11-10

かわなかのぶひろさんをタクシーで早稲田通りまで送る

 9日の朝、トイレで読んだ「脳と心の地形図」には、アスペルガー症候群の人達の他人の表情を読み取ること出来ないことが書かれていた。いろいろな表情を表した写真を見て、顔全体ではその感情を何とか判断できるが、微妙な表情は目で判断しなければならないが、それが上手く出来ないということことだ。トイレが詰まっていて流れにくくなっていたので掃除する。ストレッチ体操、シャワー。日録ノート。アマリリスの花をアップで撮ってBlosxomBlogに入れる。パルケに行ってパンと牛乳と角きんつばと一口羊羹とかき揚げなどを買って来る。みそ汁を作って、昨日買ったおむすびの残り2個で昼食。それから、多摩美生涯学習の詩の講座の受講者の詩を読んでノート。この間に、薩摩芋を蒸かしていて、焦がすが、皮が焦げたぐらいで、丁度焼き芋になる。眠くなって、ベッドでテレビを付けて仮眠。5時前に家を出て多摩美へ。6時前に上野毛のさくら庵で親子丼、蕎麦屋のかっちゃんの話しだと、CDーRの中にはディスクが化学変化して読み取れなくなるのがあるということだった。MDはそういうことを聞かないということだ。研究室へ。吉岡実「僧侶」のコピーを柴田さんに頼む。9時から詩の講座。「僧侶」を読んで、イメージを絵を描くように言葉を構成していった作品と解説する。それから、4人の受講者の人の詩を読んで話す。8時半に終わって、9時半からAV4の視聴覚教室に行って、3年の八巻君と岩井君が主催した「短編作品上映会」に行き、武蔵美の学生の作品など見てから、ナセヤに行く。1年生の授業で「実験映画」の話をしに来たかわなかのぶひろさんを授業担当の萩原さんが接待した席に同席する。加納さん、木村さんも同席。いろいろ話しで歓談。12時近く、タクシーで萩原さんを三茶で降ろし、重いフィルムの缶を持ったかわなかさんを自宅近くの早稲田通りまで送ってから帰宅。林檎、焼き芋状の薩摩芋、一口羊羹、牛乳。夕刊。「灰皿町blog日記」を書かずに寝る。

posted at 12:16:26 on 2005-11-10 by shirouyasu - Category: General

Comments

No comments yet

Add Comments

:

:
: