Minami-hatoba_1(Shirouyasu_Suzuki)

2005-11-22

卒業生の平竹晋也君と高橋亮太君が研究室に尋ねてくる。

 21日の朝、トイレで読んだ「脳と心の地形図」には、記憶が収納される場所が書かれていた。長期記憶は海馬に、自転車の乗り方などの手順記憶は小脳と被殻に、身体に染みこんだ習慣は尾状核に、恐怖記憶は扁桃体に、エピソード記憶は、海馬が記号化して皮質に保存される。意味記憶は皮質が記録した事実として、側頭葉の皮質で記号化されれる。記憶の取り出しは前頭葉の仕事だということ。三日ぶりでストレッチ体操、シャワー。ひと月咲いているメキシカン・セージの花をBlosxomBlogに入れて出掛ける。地下鉄で二子玉乗り換えで上野毛下車、さくら庵でざる蕎麦を食べて多摩美へ。2時過ぎから、素材変換室で2年の坂本千斗さんの、亡くなった吉田弥生さんが出演している昨年の夏撮った8ミリフィルムを見る。それから研究室でその8ミリフィルムを使って作品を作り直すことについて5時前まで話す。その後講堂を覗いて4年の岸さんたちが稽古しているの見て、上野毛駅近くのパン屋でメンチドックを買い、幸楽飯店で肉野菜炒めとご飯を食べる。多摩美の戻ると、校庭で卒業生の平竹晋也君と高橋亮太君に会い、尋ねてきた彼らと研究室で8時過ぎまで同級生たちの消息を話す。そこに同学年だった卒業生の見木久ヲ君が来て、鳩サブレーのお土産をくれる。海老塚さんも来て、メンチドックを食べて、時折、話に加わる。3年の大高絵里さんが来て作品のことを話す。平竹君と高橋君が帰った後、ちょっと加納さんと話して、10時頃、清水大輔君たちが稽古している演劇スタジオを覗き、また岸さんたちが稽古している講堂を覗いてから下校。地下鉄で帰宅。林檎、鳩サブレー、煎餅、牛乳。夕刊を見る。マンションの耐震設計偽造事件。仕事場に下りて、メールを見て、「灰皿町blog日記」を書く。

posted at 00:53:57 on 2005-11-22 by shirouyasu - Category: General

Comments

No comments yet

Add Comments

:

:
: