Minami-hatoba_1(Shirouyasu_Suzuki)

2010-03-18

股関節手術の予後は順調のようだが、入院中の検査で前立腺癌が見つかった。

 昨日3月17日に退院後初めての股関節の診察があった。午前中に麻理と慶應義塾大学病院の整形外科に行って、藤田医師の診察を受けた。採血とレントゲンの診断で、異常はなく順調に回復しているとのことで、後は自分で筋力を回復させるだけだと言われた。
 診察の順番を待つ時間が3時間ぐらいあったので、麻理の提案で車イスを押して貰って、病院の外に出て医学部の校舎のあたりまで30分ほど散歩した。北里記念医学図書館の古いコンクリートの建物が印象的だった。およそ半年の間まだ外を歩いたことがないので、不安を感じながら、冷たい風に曝されてちょっと寒かったが、嬉しかった。
 一昨日は、慶應義塾大学病院泌尿器科に行って、長田医師から入院中に行った前立腺針生検査の結果の説明を聞いた。かなり大きな前立腺癌が見つかって、更に転移の検査を進め、それから治療するということになった。
 股関節手術の入院中に前立腺針生検査を行うことになったのは、手術後に尿管を抜いた後、血尿が出て、なかなか止まらなかったので、泌尿器科で診察して貰ったら、前立腺が大きくなっていて、PSAの値が正常の4以下を遙かに超えた360もあるので、癌だということになった。そこで前立腺針生検査を行ったというわけ。針生検査はお尻の穴に機械を入れて前立腺の10カ所の組織を取る。これはけっこう痛かった。その夜、出血でおしっこがしたいのに出なくなり、泌尿器科の医師に来て貰って、膀胱内の尿の有無を調べて、尿カテーテルで800mlと500mlの2回抜いて貰った。おしっこがしたいのに出ないというのがあんなに苦しいものだと初めて知った。入院中だったので、直ぐに処置して貰えたので助かった。
 股関節の手術で入院したら、前立腺癌が見つかったというこで、一石二鳥と運がよかったと言えるのかも知れない。

posted at 15:11:38 on 2010-03-18 by shirouyasu - Category: General

Comments

羊 wrote:

びっくりしました。これからの治療も大変なことと思いますが、ときどきここでお声を聞かせてくださるとうれしいです。
2010-03-20 13:25:21

羊 wrote:

お大事になさってくださいね。
2010-03-20 13:26:33

shirouyasu wrote:

羊 さん
お気遣いありがとうございます。
こんな風に重なって来るとは思いませんでした。体験としては珍しいことと受け止めています。
まだBlogを書き続ける力が出ません。その内に再開したいですね。
2010-03-20 14:26:19

辻和人 wrote:

発見できて良かったと思います。
今は良い治療法がいろいろあると聞いています。
どうぞお大事になさって下さい
2010-03-20 23:18:55

Aki wrote:

一石二鳥と運がよかったとお思いになる志郎康さんの精神力には驚きました。ご回復をお祈り致します。
2010-03-20 23:21:38

shirouyasu wrote:

辻和人さん
お気遣いありがとうございます。
発見できて本当によかったです。股関節の手術後の尿に出血したとき、尿管の抜き方が悪かったのかなと思ったのでしたが、癌で尿道が狭まったいたのですね。出血がなくなってきたとき、泌尿器科に行かなかったら、癌は発見されなかったわけです。

Akiさん
お気遣いありがとうございます。
前立腺癌も、わたしの段階ですと治ることはなく、進行を遅らせるだけのようです。あと5年も生きれば、今年75歳になりますから、それで寿命を全うするということになるのだと思いますが、こればかりは当人には判りません。
2010-03-21 22:27:56

belle wrote:

発見できてよかったですね。
無理なさらずにお大事にしてください。
ご回復をお祈りいたします。
2010-03-23 00:17:29

shirouyasu wrote:

belleさん
お気遣いありがとうございます。
全く違う生活が始まったという感じですね。
2010-03-23 15:24:08

葉山嶺 wrote:

志郎康さん

どうぞお大事になさってください。
暖かい春の心から元気が湧きますように。
2010-03-27 00:45:01

shirouyasu wrote:

葉山嶺さん
お気遣いありがとうございます。
部屋の中を巡る日差しの変化に季節の変化を感じています。外気に触れる機会がほとんどないのが残念です。
2010-03-27 13:44:45

村松かよ子 wrote:

見つかってよかったですね。回復力は自然の力と共にアップすると信じています!

先生、池袋のクラスで、一緒だった男性詩人「しばてつ」さん、私と同じに音楽活動を続けていらして、ライヴも多いんですよ。外気に触れられる機会がありましたら、ライヴ、ご一緒しましょう!

たまたま、職場の上司もジャズミュージシャンで しばてつ さんの仲間なのが
最近わかりました!

なんだか、すごい つながりだな〜と
ドキッとすると同時に、暖かい気持ちになりました。

最近は、仲間に、ミャンマー人の「ビルマの竪琴師」も加わり、詩的な空間を見つけました!

お大事になさってください。
2010-03-30 17:17:33

KO.KO,DAYS wrote:

志郎康さん。
くれぐれもお大事になさってくださいませ。私も30代のときに、尿道にポリープができているのと、膀胱に癌の元になるような怪しい組織があるのがわかり、手術をしました。やっぱり膀胱に内視鏡を入れる時に発覚し、自分でもびっくりしました。
痛みも何もなく、採尿したらコーラ色の尿(血尿)で、びっくりしてしまいました。
あれからもう20年近く経過しているので、まず、ひと安心ということろですが、
人間は、生きるというのが健康の秘訣なのかもしれませんね。

トイレは何かと軽視してしまいますが
とっても大事なことですね。

今年は暑かったり寒かったりでお天気がはっきりしませんが、無理をなさりませぬよう、ゆっくり養生してくださいね。

ご快癒を心より応援しています。
2010-04-24 00:29:43

Add Comments

:

:
: