ふとん   池井昌樹
            (1953〜)

  
   新婚当初
   妻が寝入ると
   つないだ手をこっそりほどき
   ぼくはじぶんのふとんでねむった
   じぶんのふとんを抱いてねむった
   妻の手よりもその胸よりも
   やわらかくまたむしあつく
   ふとんはとおいだれかににていた
   だれかに抱かれてねむっていると
   くらいほしや
   くらいつきや
   くらいよるのうみがみえた
   くらいいのりのうたがきこえた
   いまでは妻の手をにぎり
   いまではつなぎあった手を
   ほどくことなくねむってしまうと
   くらいほしも
   くらいつきも
   くらいよるのうみもみえない
   やさしくくらいいのりのうたを
   うたってくれたあのひとが
   だれだったのか
   どこへ失せたのか
   抜け殻かまたなきがらめいた
   ふとんはかたえにおしやられ
   あれから十年
   腕のなかから
   かすかに寝息のつたわってくる
   おまえを抱いて眠っていると
   雨後ののはらへでてきたような
   しらない匂いでいっぱいなのだ
   いまみひらかれためのような
   しらない虹の匂いがするのだ
   (やっとおまえに)
   (であえたんだな)
   ひとりぼっちの
   ふたりっきりよ

――『晴夜』1997年・思潮社刊 より――

この池井昌樹の作品を読んだときに思い出したのが、この岡井隆の短歌だった。雨の降る野原の静けさと湿り、そしてやさしい温もりのようなもの。

   抱くとき髪に湿りののこりいて美しかりし野の雨を言う    岡井隆 

同詩集のなかには、池井昌樹の妻と子供に向けて書かれた詩が集められています。とても幸福な作品群です。しかしこの「幸福」と引き換えに失ってしまった、あるいは遠く見えにくくなってしまったものを、もう一度捜し求めている詩人池井昌樹も同時にいるようです。この詩集のなかに「ほしあかりのように」という作品があります。一部紹介いたします。

(前略)/もう道標さえうばわれた遐いあそこは/(かえれない)/ぼくのかえりをまだ待ちながら/ぼくの胸中ふかく/けれどもほしあかりのように/なにひとつ損なうことなく

この「ほしあかり」はおそらく「母性」ではないのか?そしてこれは……      

   やさしくくらいいのりのうたを
   うたってくれたあのひとが
   だれだったのか
   どこへ失せたのか

この「いのりのうた」をうたってくれたひと。「母親」という狭義のものではなく、もっと茫漠としたものの仮の名づけ方として「母性」と書いておくしかないか?あるいは人間の「原郷」のようなものか?その「原郷」はやがて詩人の目には「おまえ」のなかから湧きあがってくるものとして見えてくるようになる。野の雨のにおいも、虹のにおいもすべては抱きしめた「おまえ」のなかからたちのぼってくる。幸福な結びですね。

   (やっとおまえに)
   (であえたんだな)
   ひとりぼっちの
   ふたりっきりよ


前ページ     次ページ


『愛の詩』を読む 目次に戻るHaizara net(top page)Shimirin's HomePageUrokocitySiteMap