小さな娘が思ったこと   茨木のり子
              (1927〜2006)

小さな娘が思ったこと
ひとの奥さんの肩はなぜあんなに匂うのだろう
木犀みたいに
くちなしみたいに
ひとの奥さんの肩にかかる
あの淡い靄のようなものは
なんだろう?
小さな娘は自分もそれを欲しいと思った
どんなきれいな娘にもない
とても素敵な或るなにか・・・・・・

小さな娘がおとなになって
妻になって母になって
ある日不意に気づいてしまう
ひとの奥さんの肩にふりつもる
あのやさしいものは
日々
ひとを愛してゆくための
  ただの疲労であったと

――「見えない配達夫・1958年刊」より――

 詩人・茨木のり子さんの訃報は、昨日(2006年2月20日付け)の朝日新聞紙上で初めて知りました。朝日新聞社がその訃報がわかったのは19日、79歳であったとのこと。詩人の訃報は大方すぐには公表されない。この作品は茨木のり子の作品全体を見渡した時には、おおかた代表作とはならないものだが、わたし個人にとっては、出会った時から忘れられない作品である。「木犀」の「もく」は「沈黙」の「もく」、「くちなし」の「なし」もまた「口なし」へ繋がると思うのはわたしだけだろうか?
 凛とした社会批判精神、あるいは詩人たちへの励ましは、跡を歩く者として幾度も道しるべとなってくださった詩人である。わたくしたちはこうしてまた魅力的な先達詩人をうしなったのだ。作品は生き続けるであろうと思いますが。。。


前ページ     次ページ


『愛の詩』を読む 目次に戻るHaizara net(top page)Shimirin's HomePageUrokocitySiteMap