2004年(平成16年)春
掲示板より



極端に今日は寒い一日です。この前公開した、山の見える窓の外を、雪が、風花か、横殴りに飛んでいきます。冷気の憂いのなか鳥達は飛びあがっては強い風に押し流されています。

枯れる山吹雪いた雪に凍りつく鳥は飛び立ち押し惑いおり

如月の赤き霞にたそがれる嶺より出でて黒き鳥飛ぶ



秋のごと泣き入る虫の春の宵、無慈悲な冬をよく耐えてあり

これが現下の社会状況であることは、論を待たないところです。

神様が守護し給うは罪びとか無垢の兵、人不条理に死ぬ

散り染める桜の花は悲しげに野に萌える草、血のごとく見え




冬の終わりは、毎年いつも、目覚めるように、気がつくとそこに来ています。

この陽より春の蒼(アオ)また生え出でて目を翳(カザ)すかに地を隠し来る

さんさんと降る陽の春は良き宵を迎えて淡き花の日の来る



アジサイは幾色重ねて交じり合い多弁な花が群れ咲くと言う


(posted 06 11 2004H16)



前ページ     次ページ


歌作品「風の、琴の葉たち」 目次Haizara net(top page)Shimirin's HomePageUrokocitySiteMap