Dec 13, 2009

部屋

0912098

ドリームキャッチャー。♪カナダからの土産。

UFOキャッチャーでなく。カナダと言えば、なのだそうだけれど、知らなかった。息子さんの留学先を訪ねてきたからと渡された。

枕元か、窓辺に下げておくと、悪夢を払ってくれるとか。

悪夢を払うと何が残るかなぁ。

土日の賑わいをよそにしずかな裏通り。

半年ぶりに訪ねてきた21歳が、とても綺麗になっていて、好きな人とのなりゆきを話す。気づけば2時間たっていた。話しても話し足りない。ほかに話せるひとがいないから。ひとりで悶々としてしまうから、と。

日曜ではあるし…、立ち寄ったという感じの今回は、茶飲み会にしておくことに。

そのかわり「次回、おみやげ買ってきて♪」

一時帰国している留学生。ほんとうに留学が特別ということでもなくなったのですね。

延々と話し続ける。思い出せる限りの出来事をはなす。

知り合ったきっかけと、告白した日の出来事、その後受け取ったいくつかのメールの言葉、それに対してどう感じたか、そしてどう返事して、返信がなかなか来なくて、来た時にはどうだったか、そしてそのひとの友だちが、そうしてその好きな人が… 

どうなるんだろう…。

こんなふうに、好きなひとのことを、ずっと話していたかった、そういう21歳がわたしにもあったような。聞き手の人生なんて関係なかった、かもしれない。

「憶測しないで。」

「素直に。」

そんな言葉しか、返さなかった。

「憶測しないで。」

「素直に。」

口にしながら、わたしはわたしの帰りたい部屋を夢見ているような。
Posted at 18:12 in n/a | WriteBacks (0) | Edit
May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 
     
Search

Categories
Archives
Syndicate this site (XML)

Powered by
blosxom 2.0
and
modified by
blosxom starter kit
新規投稿