Mar 26, 2010

妹から届いた花のケーキ

幻想を去るということ、しなくていい。

幻想に寄るということ、しなくていい。

しなくていいということが、心地よい時もある。

ものごとは思いどおりにはいかない。

けれど、心地よい時も持てる。

それは格好悪くもじぶんもがんばっているから、

と、エラソに書くとカミサマのおちょくりがこわい。

すぐに涙ぐむのは更年期のせいかもしれないけれど、

年をとると涙もろくなるのだとひとから言われたけれど、

もともとひとりの時にはよく泣いていた子だったなと

はるか思いだして、今度は笑ったり。

こうして誰に向けて書いているかと問われれば

毎日つけていた日記を誰に読まれるつもりだったかと問われれば

へんだよね、

苦しくなると書いていた、

カミサマ、抱いて。

と。

今日ふっと思い出したなぁ。

カミサマ、

おなかが出てきちゃったですよ。
Posted at 18:00 in n/a | WriteBacks (0) | Edit

Mar 14, 2010

削除すること

開花

ネットのゲームやアプリを
一部を残して昨夜削除した。

そのままに放っておいてもよいものだけれど、
あるとついつないでしまうから。
つないで3、4時間というときも珍しくなく。
もうだめだと感じた。
息抜きのはずが、
そうでなくなっていた。

誘ってもらったもの、
またわたしからお誘いしたものもあって、
それぞれにかなり愉しんでいたので
ひとこと断ってからにすればよかったのだろうけれど、
ひとつひとつやりとりをすることがきつくなっている自分に
しばらく前から気付いている。

それが昨夜マックスに達したようで。

それなりの労力とお金の蓄積を振り返ることもしなかった。

メールのやりとりなどもきついのは、
体が弱っているのだろうか。

ツイッターもとりあえず削除した。

いただいた多くの詩集も積んだまま。
毎日目にするその山が胸を苦しくする。

昨日届いた詩集を、それは20年前にはじめて詩を読んだことで好きになった
ひとのものだったので、包みを開いてお風呂で読んだ。
くたくたで死にたいようなこのまま死にたくないような
夜だった。わたしはなぐさめがほしかった。
わたしは読んだ。
わたしがそのひとの詩を好きになった理由がわかった。
いいよね、この思考回路。まだいきていると思った。
そうして最後まで読み終えて、
だけど、
わたしとは関係がないものだ
と、最終的には感じてしまった。

ネットからも、詩集からも、
かかわっていそうで、ほんとうはなにもかかわりのないひとたちの
動きやつぶやきがたえずつたわってくる。

こうしたわたしの言葉もまたおなじ

垂れ流しの洩気。

いきているから仕方のない自我の洩気。

つかれた。

わたしと、あなたは
関係ないね。

極端に走るのがむかしから治りきっていない悪い癖なので、
セーブして
ぺんてかやミクシィや一部アプリをのこしているけれど
このままだと、
あぶないなぁ。

作品依頼をしているというのに
突然削除は最低、避けたいものだ。

その覚書、楔としての新規投稿?

どうにかしたいな。

だれもいないさみしさよりも
つながっていそうでなんらつながっていないひとと
ひととの嘘が

なんだろ、
さいきん、こたえてしまう。年でしょか。

さみしさも覚えずに身近ななかでだましあい、
身を守るひとたちに、
訳知り顔で忠告を与えて時を積むことへの罰でしょか。
Posted at 20:13 in n/a | WriteBacks (2) | Edit
July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
           
         
Search

Categories
Archives
Syndicate this site (XML)

Powered by
blosxom 2.0
and
modified by
blosxom starter kit
新規投稿