Nov 19, 2008

晩秋-枯れ葉たち-

DVC2008112107
「とき」はいやでも過ぎて行く
秋の嘆きは、どこまでも深く

枯れ葉の負う責めは、どの秋にも不当である
自ら、灼け付き、燃え尽きて行く

この悲しみは、怒りをともなうものか?
それは、「不当なり」と

さかしらに枯れる行為を疑い、告発するものの
不正義は、いつの世も安全なところに身を置き
罪なきものは、枯れ葉にして
押し黙り、大樹より振り解(ホド)かれる

それであるならば、天こそ罪を負え!

秋の空は、空は、晴れてはならないのだ
風もまた、一枚の枯れ葉を護るためならば
吹いてはならないのだ
DVC2008112108
Posted at 00:50 in n/a | WriteBacks (0) | Edit
November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     
   
Search

Categories
Archives
Syndicate this site (XML)

Powered by
blosxom 2.0
and
modified by
blosxom starter kit
新規投稿