Jan 02, 2008

キタミ通信 No.8 2008.元旦

あけましておめでとうございます。

2003年3月27日以来中断していた通信を再開します。約4年半振りです。
(まったく、あの時、アメリカのイラク攻撃は無茶だった。)

18歳で新潟の山深い寒村を(腹巻に札束を縫い込み)出立以来50年、このたび灰皿町の鱗造町長(蝶々)のご好意で、ようやく町人(蝶人の私、花の蜜だけでタバコは吸いませんが)になりました。
幹太さんのシロアリ塚から這い出して(追い出されて)年の瀬の寒空、泣いていたらうしろから優しい声、なんとお父さんではないですか。

幹太さんの作品を拝見するにつけ、氏は今はもう名前通り太い幹になり大きな樹冠を開いたのだ!と思いました。

もう蟻塚で眠っているのはやめ、私も本日2008年元旦から、灰皿町人として写真と短文を載せて行こうと思います。
  どうぞ、よろしくお願いいたします。

写真  コマ絵 「来迎の図」展(日本画廊 2007.10.29〜11.10 )より

08_01_02a

08_01_02b

08_01_02c
Posted at 07:54 in n/a | WriteBacks (0) | Edit
October 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   
   
Search

Categories
Archives
Syndicate this site (XML)

Powered by
blosxom 2.0
and
modified by
blosxom starter kit
新規投稿