コーンウォール8: ペンザンス

ペンザンスに宿泊したのにペンザンス自体はあまり観光しなかった。それでも少しだけこんな写真。

ペンザンス駅。
エジプシャン・ハウス。1835年建設の建物で、最初の所有者は鉱物学者ジョン・ラビン。修復後、1973年に元の姿に。現在一階はお店、二階は自炊の宿泊所。
前述のニューリン・アートギャラリーが運営するもうひとつのギャラリー、ジ・エクスチェンジ。同じテーマの写真展が開催されていたが、作品は全く別。

コーンウォール7: NewlynとMousehole

Newlyn(ニューリン)もMousehole(マウスホール)もペンザンスから近距離の小さな街。ニューリンにはアートギャラリーもある。6月23日撮影。

ニューリンに流れる小川。
ニューリン・アート・ギャラリー。浜辺で休暇を過ごす人たちを写した写真の展覧会があった。
マウスホールの街。
マウスホールの海岸。泳いでいる人もいた。

コーンウォール6: St Michael’s Mount(セント・マイケルズ・マウント)

Marazion(マラジオン)という街から干潮時に土手道を伝っていける。6月23日撮影。

満潮時はこの道は水の中。
今回は建物には入らず、外から撮影。二十年以上前に訪れたときは中に入ってみたが、あまり記憶にない。

コーンウォール4: Praa SandsとPorthleven

海水浴できるPraa Sands(プラア砂浜)と小さな港町Porthleven(ポースリーベン)。6月22日撮影。

Praa Sands。この写真では人気がないが、別の場所では泳いでいる人がけっこういた。
Porthleven。ボートが停泊している。

コーンウォール3: Geevor Tin Mine

セント・ジャストからバスで15分ほどのところにある、Geevor Tin Mine(ギーヴァ錫採掘場)。6月21日撮影。1990年に閉じ、現在は記念館のようになっている。普段はガイド付きツアーがあるようなのだが、なぜかこの日は無くてがっかり。文字の解説も各所に表示されているのだが、ガイドさんがいると要点を説明してくれくれるので、そのほうがわかりやすかったと思う。youtubeのこのビデオのほうが、写真より中の様子が詳しくみられる。

アーティストが錫で作った鉱夫の像。

コーンウォール2: セント・ジャスト

コーンウォールの街、セント・ジャスト(St Just)にて。6月21日撮影。

Cape Cornwall(コーンウォール岬)。この地域はかつて錫の採掘場だった。丘の上の小さな煙突も採掘場の跡。
別の角度から。
Foxglove(ジギタリス)。
これもfoxgloveの一種かな?

動画実験(城ケ崎海岸)

動画を試してみようと思う。伊豆の城ケ崎海岸にて、2017年12月15日撮影。WindowsにインストールされているMovie Makerというソフトを使って、640×480ピクセルに縮小してみた。うろこシティのスペースにアップロード。

帰国中にふと思い立って行ってみた場所。ウォーキングコースになっていたが、冬の平日だったのでほとんど人がいなかった。ほんとうは端から端まで歩いてみたかったのだが、ひとりで歩くのは危険を感じたので、次回夫か友だちと行こうと思い、途中で戻ってきた。その後まだ実現していない。